ワールドトリガー第227・228話ネタバレ!最新話は、共闘と燃える気持ち

2022年11月4日発売のジャンプSQ.12月号に連載している「ワールドトリガー」第227話・228話のネタバレをまとめてみました。

 

最新話では、諏訪隊は古寺隊と手を組む事に。そんな諏訪隊に一つの電話が入ってくる事に。一方、水上はみんなに戦闘シミュの事を話す事にしました。それぞれ動き出しどう行くのか。

 

 

ここから先はネタバレを含みますので気をつけてください。

ワールドトリガー、第227話・228話のネタバレ!

 

「ワールドトリガー」を今すぐ漫画で読みたい!

しかも無料で漫画を読めるのが

☆『U-NEXT』☆

 

U-NEXTなら無料お試し期間中にもらえるポイントを使って「ワールドトリガー」最新刊やジャンプSQ最新号が読めてしまうのです!

またU-NEXTにはアニメ版”ワールドトリガー”もあり、お試し期間中も見放題で楽しめますよ☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

 

これまでのあらすじや最新話も☆⇒⇒《ワールドトリガー》ネタバレ一覧

 

 

▼最新話ネタバレを随時更新しているのでぜひチェックしてください!▼

 

 

『ワールドトリガー』ネタバレ一覧
180話 181話 182/183話 184/185話 186/187話
188/189話 190話 191話 192/193話 194/195話
196話 197話 198/199話 200/201話 202話
203話 204話 205話 206話 207話
208話 209/210話 211話 212話/213話 214話/215話
216/217話 218/219話 220話 221/222話 223話
224話 225話 226話 227・228話←NEW

 

 

前回のあらすじはこちら↓↓

ワールドトリガー第226話ネタバレ!最新話は、忘れたとは言わさない

ワールドトリガー第227・228話のネタバレ!

古寺隊と諏訪隊

修は古寺にお疲れ様と挨拶をします。古寺は修に聞きたいことは何かと聞きます。修は少し話がややこしなります。最初の戦闘がどうだったか教えて欲しいです、と言いました。

 

古寺は最初の戦闘?と疑問に思い、複雑そうなためスピーカーで聴かせていいかと聞きます。修はいいよと答え、自分もそうすると言いました。

 

諏訪は元の部隊は連絡を取ったらダメだから、香取と三浦は話すなと言いました。

最初の戦闘

古寺は、試合の中で最初にユニットが当たったターン。そのことで言いのかと聞くと修は合ってると言いました。

 

古寺は何故その戦闘について知りたいのか聞きました。修は最初の戦闘でほとんど勝敗が決まっていたんじゃないかと思うと言います。

 

昨日出た特別課題の内容は3つ巴でランク戦をする理由を考えろでした。その時に考えた一つの案が、一部隊対一部隊だと人数が多い方が有利だからでした。

 

最初の戦闘で例えば2人負けた場合、次のターンは2人少なく始まる。そうなってくると、陣形で有利を取ってないとしんどいのではないかと考えました。

 

古寺はそれを聞いて、人数が不利でも乱戦なら勝機が三つ巴にはある。けどこの戦闘シミュは最初の人数不利がそのまま勝敗に影響するのかと言いました。

 

三浦はそれを聞いていて、ユニットの能力とかに目がいってしまって単純な要素を見落としていたなと思います。そしてふと木虎の方を見るとめちゃくちゃ悔しそうな顔をしていました。そんな木虎を見て、自分で戦況を動かすことができる強い人ほど、こういうことは意識してないかもしれないなと思いました。

 

奥寺は修の言っていることが合ってると言いました。自分所のスコアを見ながら、1人2人の差で引き分けまで行けたことはあったけど、3人以上の差があった時は逆転した記憶はないと言いました。修はそれを聞いて安心しました。

 

古寺は話をまとめ、一試合6ターンで考えるよりも、最初の一撃に力を入れた方がいいんだね。納得できる意見だし、成績もそれを裏付けてると思うと言いました。修はそれを聞いて、お礼を言い少し自信がつきましたと言いました。

 

古寺は得してるのはこちらだなと思い、他にはないかと聞きます。できる範囲で答えると言いました。

データ担当

宇井はでは訊いとこうかなといいました。宇井と六田はお互い挨拶を済まします。

 

宇井は、対戦相手の能力データはあちこちが虫食いになっている。これは戦闘内容に関係なくランダムに開示されてる気がする。だからそっちのと、こっちのを合わせたらいいんじゃないかなと思って。と言い、宇井は写真を撮り六田に送りました。

 

六田は送られてきた画像を見て、自分のと違うのを見て驚きます。宇井は、全部隊は大変だけど二宮隊と水上隊のは共有した方がいいかなと思うと言いました。六田はそれを聞いて、こっちも送るねと言いました。

万能スキル

奥寺は関係ない話だけど、香取の万能適性は何かと聞きます。香取は雑魚スキルと答えます。それを補足する様に宇井が、答えました。

 

万能適性は、適性のスキルを2つ選び、同時に持つことができます。しかし選択肢は3つしかありませんでした。

 

・スコーピオン適性、トリガーの中にスコーピオンがあると行動力が増加する。
・拳銃適性、トリガーの中に銃手用(拳銃)があると、行動力が上がり威力が上がる。
・ワイヤー機動適性、自分がワイヤーを張られた所にいる時、攻撃・回避率・防御力が上がる。

 

奥寺はそれを聞いて、他の人より1つ多くスキルがあるだけでも強そうだと言います。香取はどれも適性が微妙なんだよと答えていました。

弱点克服

隠岐は古寺隊はトリオン少なめの人が多い気がするけど、どうして勝ってるのかを聞きました。古寺はそれを聞いて質問の意図、修の弱点を補うためだと思います。すると、通信で木虎から教えていいと言われます。その方が水上隊や二宮隊の黒星を増やせるかもしれないからと言いました。

 

古寺はそれを聞いて、質問に答える事にしました。
参照するパラメータが違うからか、射撃トリガーよりも刃トリガーの方が、トリオンが少なくても威力が出ます。例えば修ならシールドよりレイガストの方が防御力は上がるはず。

 

それを聞いて修はひらめき、宇井は通信で香取に一個問題解決したねと言うと、香取はやってみないと分からないと答えました。

 

諏訪は参考になった。お互いがんばろうと言い、他所の勝ち星を減らしてよと言いました。それに対して古寺は、そっちと当たった時は勝たせてもらうからと言い、お互い電話を切りました。

歌川隊と諏訪隊

電話を切り終え、諏訪は修にネタは揃ったかと聞くとまだ一つ残っていてと言われました。するとそこへ1通の電話がかかってきました。諏訪が出ると相手は歌川でした。

 

歌川は諏訪にお疲れ様と挨拶をし、戦闘シミュで共闘をしないかと言いました。諏訪は何故うちとするのかと聞きました。

 

歌川が諏訪隊には2連勝しているし、組んでも大丈夫かと思ってと言うと、シバくぞと諏訪が返します。歌川は冗談だと言いら遊真の提案だと言いました。

 

漆間は仲間の心配してたのはそっちじゃないかと言うと、遊真は心配はしてないよ。ただ勝算が上がるからと答えました。

 

諏訪は電話を切り、宇井に歌川にもデータを送るように指示を出しました。

諏訪隊の特権

諏訪は修に最後のネタを聞かせてくれと言いました。修は深呼吸をし、話し始めました。
諏訪隊が他と違うところ。それは隊長が3人いるということ。香取はそれを聞いて隊長は諏訪だろ?と疑問を持ちます。宇井はそれを聞いて、香取隊・諏訪隊・玉狛第二の隊長と言いことかと聞きます。修はそうだと言います。

 

僕の考えでは最初の戦闘が1番重要。最初の戦闘でダメージを勝ち取るかは、先程の話の通り、連携がどう決まるかにやる。

 

けど、その一つの答えは水上が出していて、1人で連携を組むことです。

隊長の底力

香取はそれは無理だという話になったでしょ。毎日ユニットが増えてるからできないと言いました。修は、1人だと無理だ。けど隊長3人で手分けすればできると返しました。

 

諏訪はそれを聞いて、答えました。諏訪隊の中に3つの部隊を作るということかと。隠岐は驚き、香取も何か思った様子。

 

修は、そうだと言います。そして、攻撃手・射手・銃手・狙撃手。それぞれに役割があり動きや考え方が違う。しかし隊長は全体を見て指揮をとるのが役目。だからいろんなポジションを混ぜた連携が作れるはず。

 

だから水上ほどではなくても、他の部隊よりは複雑な連携が3つ作れると言いました。香取は、自分の隊も諏訪隊も狙撃手いないんだけどと言うと、修は隠岐にそこはお願いしますと言いました。

 

隠岐は仕事があってよかったと笑っていました。諏訪は、やる事が決まったしどうなるかは明日にならないと分からない。けど、この方法でやってみるしかないし、とりあえず今日はしっかり準備して明日暴れるぞと言いました。

 

そして、朝。遂に水上がみんなを呼び出し…。

第228話

告白タイム

水上はみんなにパソコンの画面を見せ、この戦闘シミュを昨日と一昨日でこっそりしてました。けどユニットが増えすぎて1人ではできないため、みんなでしようと思うと言いました。

 

今はそういう事かと呆れ、樫尾はルールの確認をしようと言い、荒船はダウンロードからだなと言い動き出しました。

 

照屋はそれについていけず、何故そんなにすぐ受け入れるのかと言います。樫尾は王子がそういう事がたまにあるからと答え、荒船は昨日からコソコソしてたのは知ってたから驚かないと言いました。

 

水上は照屋に納得いかないのかと聞くと、照屋は説明してと言いました。

水上の自論

真木はモニター室でその光景を観ていて照屋にマイナスをつけました。三上はそれを見て真木は照屋側だったと思ってたと言います。真木は気持ちはね。けど今は新しい仕事がやってきて時間が惜しい。なのに動きを止めてるから良くない。追及したければ夕食後にじっくりすればいいと言いました。

 

水上は照屋に説明を始めました。この部隊の強みは頭の良さ。共通課題・分担課題に集中する事によって課題の進む速さで他に差をつける。これを基本方針にしていた。

 

だから初日の戦闘シミュは存在を伏せ、今の事に頭を使ってもらった。そして2日目で詳しいルールが出た時に、1人の方が有利だと思ったから。しかもその方がみんなの課題が進むからいいと思ったからと言いました。

話し合いというリスク

佐鳥は理屈は通って聞こえるなと驚き、嵐山は実際にいい結果が出てるからだろうなと言いました。佐鳥はけど照屋が納得しなさそうだと言うと、嵐山は柿崎隊と違いすぎて戸惑うだろうなと言いました。

 

風間は一位を独走しているのに、戦術に文句が出るのかと言うと、寺島は理屈ではなく気持ちの問題だと思うと言います。風間は部隊の意思決定から自分が省かれたのが嫌なだけだと言いました。

 

照屋はそれを聞いて、立派な理由があるのならば何故最初に説明してくれなかったのか。なんで黙って進めたのかと怒ります。水上はそれわや聞いて、話し合いにしたくなかったと。1人ですると言ったら照屋は納得しないでしょ?そう言われて、照屋はそれは、と目を逸らしました。

 

本当に1人でできるのか。評価が全部水上に集まって不公平ではないか。やらない理由は沢山ある。だから多分八割の確率でみんなでしよという結論が出てたと思う。けど、他と同じ事をしたってここの部隊の強みを殺すだけ。話し合いに時間を使って、成績を落とすのは避けたかったと言いました。

 

真木はそれを観ていて、時間を使って妥協点を探るのが話し合い。だから水上はどっちにしろ揉めるならやってみる方を選んだのかもと言いました。

責任

今は水上のとった行動は理解できた。もしかして遠征を目指していたのかと聞くと、水上は目指してないよと答えました。今はなら何故そこまで高得点に拘る。この部隊なら普通にしていてもいい成績が取れたと思うといいました。

 

水上は、成績以外に渡せるものが無いからと言いました。最初から決まっていた今はともかく他の3人は自分で選んで部隊に入れた。だから選んだ側の責任として、なんでもいいから得をして帰ってもらわないといけないから。この試験の成績はしばらくは今後の評価に繋がると言っていた。だから取れるところはハイスコアを狙う。それが自分の中の絶対条件なんだ。

 

時枝と綾辻はそれを観て、確かにボーナス付くし、遠征を目指していない人はそれが全てだなと言いました。

 

照屋は、結局今そのしわ寄せが来ている。こんなにややこしそうな課題で、他の部隊は2日もしている。配点もすごく高い。そんなのにいきなり言われて、高得点出せるわけがないでしょと怒鳴る勢いでいいました。

 

すると水上はしれっと、なんで。できる面子を選んだつもりやでと言われ、みんなあっけに取られました。

照屋の結論

水上は釈明はこれで終わり。他に何かあるかと言いました。観ていた冬島は水上は結局自論を押し通したなと言い、当真は説明しろという要求にはちゃんと応えてると思うと言いました。

 

みんなの、部隊とA級の視線が照屋に向きます。

 

照屋は少し照れながら、頼むって言ってとお願いします。水上はそれを聞いて、そんなん…。と言いかけたところで、照屋が言葉を被しました。

 

めんどくさいのは自分でもわかってる。頼まれてなくても、全力でします。けど、頼むって言われた方が燃えるからと言いました。

 

荒船・樫尾・今は微笑み、A級の人は照屋にプラス得点が殺到。風間はそう来たかとニヤリと笑い、寺嶋は強いなと感心していました。

 

水上は咳払いを、では戦闘シミュの対策を立てよか。ややこしいと思うけど、頼むでみんな。そう言うと、他の3人はすっきりした顔で了解といいました。

 

一方、諏訪隊では修が何やら思いついた事があるみたいで…。

最新刊コミックを無料で読む!お得に読む方法!!

okoru

漫画を読みたいけど、金欠なんだよ!少しでもお得に読みたいなぁ

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなかコミックまるまる1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『U-NEXT無料お試し登録と貰えるポイントで、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

【U-NEXT】をおすすめする理由が

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600pt(600円分)が貰え、好きな漫画を読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 無料期間内に解約しても料金は発生しない

 

とU-NEXTの初回登録では600ptをすぐに貰え、これだけお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

ぜひ無料トライアル期間が開催されている間にお試しください☆

 

 

ただ無料登録期間が過ぎると、月額料金制のサービスになります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(翌月繰り越し可能)
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 映画や漫画をDLしてスマホやタブレットで持ち運びができる
  • 最新作品が続々配信されるのでレンタルショップに行く必要がなし(アダルト作品もあり〼)

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

うちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

登録後すぐに600ptをもらえ、31日間無料で見放題ビデオや80誌以上の雑誌が読み放題で使えます♪

 

また期間中であれば違約金もかからず解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

登録方法&解約方法は↑で解説しております。

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

 

okoru

もうU-NEXTのお試ししちゃったよ(怒`・ω・´)ムキッ

wanko joy

だったら『music.jp』があるじゃないか!

music.jpもU-NEXTと同じく、電子書籍はもちろんアニメや映画が見れるビデオオンデマンドサービス☆

 

music.jpも無料お試し期間があるので、登録後に600ポイントがすぐもらえマンガや映画など好きに使えますよ♪

さらに動画ポイントとして1000ポイントも貰えるので「最新作の映画をよくレンタルする」というあなたにはmusic.jpがピッタリです!

▼30日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む30日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

 

naki

え?どっちもお試し後は料金がかかるよね。なんかヤダなぁ。。。

wanko zen

なるほど。漫画をお得に買える電子書籍サイトなんていかがですか?

動画はいらない、漫画を楽しみたい!

そんな方におススメなのが

『ebookjapan(イーブックジャパン)』

 

まんが作品数がハンパないebookjapanでは、頻繁に割引サービスやセールがあるので他の電子書籍サイトよりもかなりお得に購入ができます。

 

さらにイーブックジャパンは、Yahoo!IDで初回ログインをすると70%オフクーポンが付き、さらにはpaypayボーナスでありえないほどの還元率になるんです♪

 

この『70%OFFクーポン』の割引上限金額は500円まで。

つまり言い換えれば、1000円分のコミックが半額で購入することができます!

しかも期間内なら6回まで使えるということは、実質3000円分の割引券ということなんですよ。

 

 

管理人もよくイーブックジャパンで購入していますが、割引クーポンがよく付与されるのでお得に漫画を買えちゃってます。

 

先日も500円割引クーポンをもらったので、さっそく漫画1冊は無料で買えてしまいましたよ!

 

まずは初回割引クーポンをもらって、お得に購入できるのを確かめてみてください♪

▼Yahoo!ID初回ログインで70%オフクーポンをゲット!▼

※月額制ではないので解約の必要はありません。

 

⇒⇒⇒還元率がすご過ぎる!ebookjapan(イーブックジャパン)のお得なポイント還元の詳細はこちら!

ワールド・トリガー第227・228話の感想と次回予想

まさかの古寺隊と情報共有をしていたら、歌川隊が共闘を言いにきました。遊真はやっぱ修の相棒だなと思いました。唯一体調が3人いる隊。諏訪隊が4日目の戦闘シミュでどんな活躍をするのか楽しみです。そして水上の告白。

 

最初は照屋が反対した時反乱の予感と思いましたが、頼むって言われたら燃えるって言葉に驚きました。もしかしたら性格もあるかもしれないけど、いつもの隊長が柿崎なのもあるのかなと思ったりしました。水上隊が全員で行う戦闘シミュ。こちらもどんな闘いをするのか楽しみです。

 

修は共通課題で思いついた事があると言いました。ただそれが有りか無しかが微妙だと言います。

 

 

諏訪はとりあえず言ってみろと言いました。修が思いついたのはみんなで一斉に課題をし、分からないところを他の人が口頭で答えを言うという事でした。諏訪は悩んだ末有りという事にしました。

 

そして待ちに待った戦闘シミュの時間。諏訪は上手いこと立ち回る事ができるのか。そして総出でする水上隊の運命は如何に。

 

 

次回のワールドトリガーは、2022年12月2日発売のジャンプSQ.1月号に連載予定です。