私が恋などしなくてもネタバレ19話/5巻!最新話は成川の独占欲に結芽は?

私が恋などしなくても19話(プチコミック11月号に掲載)を読んだのでさっそくネタバレ・あらすじと感想をご紹介します!

大手出版社の漫画雑誌編集部を舞台に繰り広げられる恋のお話。

なんていうか、一井先生すごいなあってしみじみする展開が続いています。

 

最新話では夜桜先生にズバリと指摘されてしまう結芽。

惹かれてるんでしょ…

この言葉の真意は?!

 

続きは「私が恋などしなくても」19話のネタバレを含みます。

この先にご注意ください!

 

 

最新話更新中♪⇒⇒《私が恋などしなくても》各話ネタバレ一覧

 

前回のあらすじはこちら↓↓

私が恋などしなくてもネタバレ18話/5巻!最新話は残されたキスマーク

 

この先は「私が恋などしなくても」のネタバレになりますが、『U-NEXT』なら文字だけでなく漫画で最新話や最新刊をすぐに読めますよ♪

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

スポンサーリンク

私が恋などしなくても19話ネタバレ

少女漫画なんて

やり手編集者の成川さんとお付き合いしている結芽さんは、本当は文芸部が志望。

だけどなかなか異動はかなわず、日々目の前の作品に向き合いながらも、心のどこかでは自分のやりたいことに手が届かないもどかしさを感じています。

 

それでも、ここんとこはほんとに「少女まんがの仕事に打ち込んでいこう」という姿勢が見られていたように思うのですが。

 

この数回で結芽さんの前に現れた期待の新人・水緒先生という若い男性が、結芽さんの気持ちをぐらんぐらんと揺らします。

この水緒先生、漫画への愛がスゴイのだけれど、未熟さゆえのまっすぐさもあるし、元々の性格がすごくまっすぐなんですね。

 

結芽さんに向けても、率直すぎる言葉で彼女の普段は奥にしまっておく「文芸部に行きたい」「少女まんがが嫌いだ」という気持ちをぐいっと引き出してしまいます。

成川さん以外には言葉にしたことがなかった気持ちを、するりと引き出してしまえる不思議な魅力に満ちた青年を前に、結芽さんは戸惑い、揺れています。

あー、成川さんのベタ惚れ具合がなんともいい感じだったのに、そして結芽さんとのラブラブっぷりがとてもよかったのに、ここにきてこの揺れか~。

naruhodo

…一井先生にしては新しいパターン…!(鼻息)

いい!いいよこの新しいパターン!とオバちゃんは毎回拳を握りながら読んでいます。皆さんいかがですか。

 

さて、前回のラストは嫉妬に狂い気味な成川さんが、水緒先生と一緒にいる結芽さんにわざわざ電話で愛をささやくというシーンで終わりました。

電話を切った結芽さんに、彼氏、成川さんなの?と水緒先生が聞くシーン。

komaru

うわー、どうなる!と思ったところで終わったので、オバちゃん悶えました(苦笑)。

惹かれてる?

今回は、率直な水緒先生の問いかけに、結芽さんが答えるシーンから始まります。

正直に成川さんが彼氏だと言うこともできたけれど、結芽さんは彼の言葉を肯定するだけで、なんとも大人な感じ。

 

ふうん、と前を歩く彼の背中を見ながら、彼に成川さんが恋人だと知らせたくなかったと思う結芽さんは、その意味を理解できずにいます。

naki

うーむ、難しいところですな…(遠い目)。

結芽さん、超真面目だからなぁ。自分が正直になれる相手はひとりじゃないといけないんでしょうねぇ。私、別にいいと思うんだけど(汗)。

 

色々悶々とした結芽さんは、夜桜先生にご相談。

すると、夜桜先生は大喜び(苦笑)。

成川さんがこんなにも結芽さんに入れ込んで、そして嫉妬を隠しもしない様子は、彼女からしたら気持ちいいの一言みたい(苦笑)。

 

結芽さんはその様子に戸惑いを隠せません。

結芽さんは水緒先生とは何もないと成川さんに信じてほしい、と思っているようですが、それも夜桜先生にバッサリ言われてしまいます。

水緒先生に惹かれているんでしょうと。

 

結芽さんはびっくりして、とにかくびっくりして否定するのですが、そこは夜桜先生ですのでもう聞いちゃいないし(苦笑)。

どんどん話が進んでいきます。

独占欲

まぁだけど、夜桜先生が言うことにもっともなところはあって。

その場しのぎで成川さんを慰めるのは失礼だと思っているのでしょ?というのは、たぶん正解なんでしょう。

 

それにしても、3つ下の美少年が不器用に想いを寄せてくれるのは悪くないでしょうと言われて、素直に頷けるほど結芽さんの自己肯定感は高くないんですねー。

 

色々言われるけれど、結局のところ、恋愛だって人間関係なんだから努力して続けるか、あきらめるかしかないのよというのは真理だな、と思いながら読んだシーン。

水緒先生に乗り換えてしまっては、と上級者らしいことを言われて、とぼとぼ帰る結芽さんのかわいいことよ…。

 

とはいえ、恋愛初心者の結芽さんには、とにかく今の成川さんを放ってはおけないという気持ちが大きい。

彼女は成川さんの部屋に向かい、ちょっと気まずい対面を果たします。

naruhodo

この気まずさをすごくよく表現しているシーンなんですよねー、この玄関先でのシーン。気まずかったりオタオタした気持ちだと、人間って挙動不審になりますもんねぇ(苦笑)。

 

べちょりと何もないところですっころんでしまった結芽さんを抱き起してくれた成川さんに、結芽さんはまっすぐに言います。

自分を疑っているのか、と。

その表情はなんだか叱られてしまった子どもみたい(笑)。

love

これに気持ちがほどけない大人がいたら私は会ってみたい…!

 

成川さんも、表情をゆるめて結芽さんを引き寄せます。

疑ってはいない、ということと、ただ自分がもっと結芽さんを独占したいと思っていること、そして、だけど結芽さんに夢に向かって躊躇ってほしくない、という気持ちをこぼしてくれました。

 

抱きしめて自分のにおいが大好きだと言う成川さんに、結芽さんは彼のぬくもりが大好きだと返したい気持ちになるのでした。

 

体を重ねて、その夜は結芽さんの体の、他からは見えないところに自分の印をつけた成川さん。

それを見て、結芽さんは頑張るしかないんだと決意します。

 

とはいえ。

水緒先生に直接何かを言われたわけでもないのに、自分たちは何を盛り上がっているのだろうと思ってしまう結芽さんがいいと思う(笑)。

不意な笑顔

今日水緒先生は、どうやらカラーイラストを描いてきたようです。

そのデータを見て、思わず歓声をあげる結芽さんがとってもかわいい。

 

すごくきれいに仕上がっていて、以前のものよりもものすごくよかったそう。

つい無防備に笑う結芽さんですが、そのまま予告の担当者に見せていいかと席を立ちました。

 

その後ろ姿を見送って、水緒先生も急にあんなに無防備に笑うなよとつぶやきます(苦笑)。

nico

恋する身にはつらいとこですな(苦笑)。

 

と、そこに通りかかった成川さんを呼び止める水緒先生。

一体何を話すつもりなのか…?

 

少しして戻ってきた結芽さんは、打ち合わせをしていてもどこか上の空の水緒先生に声をかけます。

 

今月号は例のベテラン作家・真生先生の読み切りも載るため、水緒先生の予告に大きなスペースはとれないそう。

そのことを詫びる結芽さんに、はっと我に返った水緒先生は大慌て。

 

あの大物作家と同じ号に掲載してもらえるのか、ということに興奮冷めやらぬ様子です。

しかし、ここで水緒先生は本音をぽろり。

どうにもヒロインがあざとかわいい感じがして、真生先生の漫画が苦手なんだって(笑)。

naruhodo

あるよねー、そういうの。分かる気がする。どうしてこんな子がいいわけ世の中の若い子は、と思うことありますもん、オバちゃん(←じゃあ読むなと言われるでしょうが)。

 

それを笑顔で受け止めて、結芽さんは成川さんも同じように言っていたけれど、世の中の憧れですからとなだめます。

成川さんが真生先生の担当だと知って、水緒先生は言います。

もしかして成川さんとは、すごい人なのかと。

 

彼が担当している作家の漫画はずっとおもしろい、彼が担当だから真生先生もライバル雑誌に作品を載せるのだろう、と。

鋭いところを突かれて、結芽さんは初回の頃のような気持ちになってしまいます。

遠い背中

やり手編集者で、自分なんかがどう頑張っても全然追いつけないのだ、という気持ち。

自分なりでいいと思い始めていたけれど、どうしても彼には追いつけないのだ、という気持ち。

ああ、いやだなと結芽さんが思った瞬間です。

 

ガタンと席を立った水緒先生は言うのです。

勝つぞと。

真生先生と成川さんがどんなにすごくても関係ない。

自分たちが組んで、ものすごくおもしろい作品を作って、彼らになんか勝つんだと。

love

この時の水緒先生の表情が、なんていうかすごくいいんですよねぇ。

必死なんだけど、それだけじゃないっていうか。

 

その顔を見て、結芽さんはびっくり。

そして、これまでだったら成川さんに勝つなんてできっこないと自分では思っていたけれど、目の前のこの才能溢れる少年は、そんなこと微塵も思っていない、と悟ります。

 

その時、結芽さんの脳裏によぎったのは、先日の成川さんの言葉。

自分に夢を躊躇してほしくない、と言った彼の言葉と、今聞いた自分たちが勝つんだという言葉とが、結芽さんの頭の中で響くのでした。

 

ラストシーンは、成川さんのターン。

先ほど水緒先生に呼び止められて話をした時の回想です。

 

彼らは一体何を話したのか?そして、この話が今後3人の関係にどう影響していくのでしょう?

というところで、今回はおしまいです。

スポンサーリンク

プチコミック最新号やプチコミコミック最新刊を無料で読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

マンガを安く買いたい!

この漫画だけでいいから無料で読みたい!

そんなあなたにおススメなのがこちら♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ebookjapanイーブックジャパンで読む 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで最新刊も実質半額☆
ポイント還元、まとめ買いやセット購入がお得。
無料マンガも豊富。
U-NEXTで読む 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
ポイントを使って好きな漫画が無料ですぐに読める☆
継続で毎月1200円分のポイント付与。
music.jpで読む 30日間のお試し登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆
FODプレミアムで読む 2週間無料トライアル期間中もポイントがもらえる。
ポイントで実質1~2冊が無料で読める。
電子書籍購入で20%のポイント還元付き。

>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がお得すぎる5つのポイント!

 

動画配信サービスは月額制ですが、その良さを知ってもらおうと初回利用が無料な上にポイントサービスまで!

最新刊を1冊無料で読みたい…という場合には、U-NEXTがおすすめです。

naruhodo

無料お試し後も利用料金並みのポイント付与に最大40%のポイント還元!

また4人までアカウントを共有できるので家族や友人と使えば1人ワンコインで利用可能です♪

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

私が恋などしなくても19話の感想

いやはやもう、おもしろすぎるでしょ、と呟いちゃいました。

まずは水緒先生がいいですよねー。

まっすぐでかわいいし、無謀であるが故にすごく魅力的だし。

成川さんは、ちょっと間違え始めてしまったのかしら、という印象でしたね。

 

とにかく結芽さんが大好きなんだけど、二人の在り方についてもう少し言葉を重ねたりした時期であれば彼の対応も結芽さんに笑って受け止められようと思うけれど、ちょっとタイミングが悪いですよね。

だからこそおもしろいんですけども。

 

結芽さんという超絶恋愛初心者を相手にするには、成川さんもまだまだってことなのかしらねぇ。

ていうか、彼も負けずに恋愛初心者ですもんね。

忘れてたけど。

 

いいなぁ、みーんな初心者っていうのがなんともいい。

結芽さんの気持ちって、恋に満たない好意なんだろうなって思うんですよね。

だけど、きちんと自分で分かっていないとうっかり恋だと思ってしまうっていう性質のもの。

オバちゃん、そういう人けっこういるけどダメなのかしら(汗)。

 

次回はどうなっていくのかがとにかく超絶楽しみです。

『私が恋などしなくても』第20話は、11/7発売のプチコミック12月号です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク