プチコミック4月号一井かずみ先生の新連載スタートです!!

私が恋などしなくても第1話を読んだネタバレと感想をまとめました。

一井先生の新連載を待っていた間がものすごく長く感じた…!!

楽しみに待っていたみなさん、続きはネタバレです。ご注意ください!

スポンサーリンク

私が恋などしなくても あらすじ紹介!

今作は、女性編集者が主人公。

漫画家さんにはきっと一番身近な人ですよね。

 

漫画家さんとのやりとりや、こういうプロセスを経て私たち読者に作品が届けられているんだということがよく分かる、漫画ファンだけでなく、出版業界で働く人にはきっとすごくうれしい気持ちになる作品だと思います。

 

初回はどんなお話だったのでしょうか?

私が恋などしなくても第1話のネタバレ

冒頭は、叫ぶような告白のシーンです。

 

漫画家さんと、編集者1(とおりすがり)、告白される編集者2(担当者)という構図。

このシーンからしてもうすでにおもしろい予感しかしません!

 

―恋愛ってなんですか?―〈茅野結芽(ちのゆうめ)(25)彼氏いない歴 年齢に同じ〉

 

そんな言葉から始まる主人公のお話。

「茅野さんさっき 打合せブースで俺のこと見捨てた 冷たーい」

 

棒キャンディをくわえる男性成川さんにそんなことを言われる結芽さん。

「私が?成川さんを?」

「俺 作家さんに迫られて困ってんのに 無視して通り過ぎた ひでー」

 

「…よくあることじゃないですか」

「よくあるから困ってんだよー助けてよー」

そんな軽快なやりとりが続く中、結芽さんは思っています。

〝だったら 自衛しろ。″

 

しかし、このやりとりは伏線だったのね、と後から気付くのですが。

 

 

〝私をさておき 世間は恋愛が大好きだ″

そんなことを思う結芽さんは、少女まんがの編集部にお勤め。

 

机の上の大量のネーム 出来上がってくる原稿 かかってくる電話 送られてくるデータ 仕上がる本

 

それらすべてが恋愛をモチーフにしている、そんな若い女性向けの雑誌の編集者。

モデルになっているのはプチコミの発行元である小学館のようです(笑)。

 

お勤めの会社は「新学館」。

少女・女性向けだけ漫画誌だけでも8誌の編集部があるそうな。

 

小学館ってスゴイな…とそこで思う読者。

文芸部もしっかりとあって、そりゃあ大手の出版社。

 

少女まんがを読まずに育った結芽さんは、恋愛「しか」ない誌面にドン引いたそう(笑)。

ここでもう、希望の部署ではなかったんだなぁって分かりますね。

 

その話は後から出てくるのでおいといて、結芽さんは担当している超大御所の夜桜先生との打合せ。

デビュー35年、ずーとトップを走っている美魔女先生。年齢非公開っていうのがちょっと笑える…。

 

 

つい先ほど起こった告白事件について夜桜先生はもう知っていました。

 

「ただでさえイケメンなのに ヒット作続きで〝彼が持てば作家は化ける″なんて言われちゃって 男に免疫ないまんが家なら 担当されるだけでのぼせ上がるわ」

その夜桜先生の言葉を、結芽さんは眉根を寄せて聞いています。

 

「私よりずっと有能なとこはすごいです でも 告白なんて人の真剣な気持ちを邪険に扱う人は 尊敬できません」

そう答える結芽さんに、「茅野ちゃん いい子ね」と言ってほほ笑む夜桜先生の美しいこと。

 

この一連のシーンに、夜桜先生の結芽さんへの先輩からの想いがあふれているように感じたのは私だけでしょうか。

恋を知らずにとがっている女の子への、やさしい姉のような視線を感じました。

 

打ち合わせが終わって、彼氏さんとのデートに出かける先生を見送る結芽さんの、どこか冷めている視線がなんとも不自由。

 

世の中は恋愛で溢れてる まみれてる その正体がわからなくて 私はずっと 手探りだ

 

そんな心情吐露とともに描かれる結芽さんの表情が、なんともきれいです。

 

そういう状態で、少女まんがの編集ってものすごく大変なお仕事ですよねぇ。

才能なんだろうなぁと感心する読者。

 

しかし、ある日結芽さんが力を入れて担当していた素子先生の連載が打ち切り決定。

苦しい気持ちで素子先生に連絡を入れる結芽さんの表情!

しかも、担当を外れることになって、次の担当は例の成川さんだそう。

 

色々複雑すぎる…。

 

ご挨拶に向かう日。

相変わらず棒キャンディを歩き舐めしつつ、「素子先生ってぼんやりしてるよねー まんがも人も」と言ってしまう成川さんに、ムッとする結芽さんがいました。

 

成川さんの手には大きな紙袋が下げられ、その中身が気になる結芽さんですが、「素子先生が嫌い」と言う成川さんにいよいよキレてしまいます。

 

「私は!!素子先生の作品も人柄も好きです!!だから!!せめてそのアメ(・・) 止めてください!!」

 

素子先生の仕事場に着くと、成川さんはアメをなめるのをやめてくれて、それを苦々しい表情で見ている結芽さん。

 

…わかりやすすぎる嫌悪感の表現…(苦笑)。

 

「成川さん厳しいと伺ってます やっぱり私 崖っぷちですか?」

笑顔を浮かべながら言う素子先生に、「いえ全然」とにこやかに答えてから、スッと表情を変えて成川さんは言うのです。

 

「ところで僕 素子先生のまんが嫌いです」

うわわわわ、結芽さんキレる5秒前の顔してる!!

 

「で 担当するに当たってどーしよーかと 僕なりに作品読み込んでみたんですけど」という言葉とともにどさどさと机に置かれる大量の素子先生の作品。

 

こここから怒涛の成川チェックが始まります。

 

…もう、スゴイのひとこと。

こういう読み方しないと編集者になれないのか…!(←なる気かよ)

 

 

あちこちに貼られたふせん、手厳しくて的確な指摘。

素子先生も結芽さんも、言われるがままに作品を読み返すよりありません。

 

大量のふせんだけではなく、すべての指摘事項をまとめたノートまで登場しては、もう結芽さんとしてはキレることなどできようはずもなく。

 

黙々と成川ノートを読む素子先生。

成川チェックの部分を読み返す結芽さんの隣で、静かに成川さんが立ちあがって頭を下げます。

 

「先ほどは濁してすみませんでした 先生は今 崖っぷちです 踏んばりましょう」

 

その真剣な表情と言葉には、ここに向かう途中までの成川さんのいい加減な様子は一切ありません。

「はい…頑張ります…成川…さん…」

涙をこぼす素子先生を見て、結芽さんは思います。

 

〝ああ 私 成川さんに負けたんだ″

 

もう このコマ切ない―――!!!(号泣)

 

ノートと作品を見直す素子先生を前に、結芽さんはお手洗いを口実に部屋を抜け出し、そのまま成川さんに「急用ができました」とメールして帰ってしまいます。

 

ノーーーーン!!(つい叫ぶ読者)

 

逃げちゃだめだよ 結芽さーーーん!!!

 

でも、「恋愛のこと わからないなりに 頑張ってる」という自分の言い訳を、編集者として許せないと思う結芽さんの気持ちもまぁ、もっともと言えばもっとも。

 

…かといって職場放棄はイカン…!!(結芽さんの肩をつかんでゆさゆさしたい読者)

 

空を見上げてそれでも頑張らねばと思いつつ、ちょっと自己憐憫めいた結芽さんに、背後からガラガラ声が追いかけてきました。

 

驚いて振り返ると、成川さんがせき込んでいます。

 

「アメ…返し…茅野さんのカバ…」

 

カバ…?と思ったら、成川さん、いろんなことを考えて結芽さんのバッグにアメをつっこんでいたようです。

 

どうも乾燥したところで喋るとすぐ喉に来てしまうそう。いつもアメをなめてるのはそういうことなんですな…!

歌手には絶対なれない人だ…。

 

ここから、成川さんのこまやかな心配りだとか、仕事に対する真摯な様子だとか、そして何よりも悪気がない人なのだということが分かるシーンが続きます。

 

そしてそれが分かってくると、僻んでいる自分のあさましさというか矮小さというかが突きつけられて、追い詰められていく結芽さん。

 

こういう描写、ほんと一井先生らしくていいです…!!

 

素子先生からのあたたかい言葉をさらりと伝えて、さらにこう聞く成川さん。

「今って 彼氏とかいる?」

 

結芽さんは〝そんなこと クソどうでもいい″と思うのと同時に叫んでしまいます。

「いません!!」

「私!!早く成果を今の部署で出したいんです そして人事の目に止まって 文芸局に異動したいんです!!」

ここから始まる、結芽さんの怒涛の告白がなんとも切ない…。

 

ラストページまで、もう一井先生の魅力がババーン!!です!

ババーン!!すぎて読者ちょっと泣いちゃいました。

 

「少女まんがだって文芸だって 描くのは「人の想い」だ 同じだよ」

不意のキスで結芽さんの号泣を止めて、成川さんはそんなことを言います。

 

ほんとに、そうですよね。

まんがと文芸を分けて考える人の気持ちがどっちも好きな読者には正直あまりピンとこない…。

 

そして、衝撃の成川さんの提案。

さぁ、結芽さんはどういう決断をするのでしょうか?

というところで、今回は幕。

スポンサーリンク

プチコミック最新話やプチコミ最新刊を無料で読む方法!!

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。

 

そんな人におススメなのが「U-NEXT」!!

U-NEXTの無料トライアルを使えば、プチコミック最新号やプチコミの最新刊が無料で読めることが出来るのです☆

 

U-NEXTの無料トライアルは、

  1. 31日間無料で試せる
  2. 600円分のポイントプレゼント
  3. 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる
  4. 70誌以上の雑誌が読み放題

と無料で試せるのにこんなにお得なんです!!

 

無料トライアル登録後に600ポイントはすぐにもらえるため、マンガでも動画でも好きに使うことができます^^

 

そしてファッション誌やビジネス誌またグルメ誌などの雑誌も読み放題なので、漫画も雑誌も動画もと欲張りさんにはたまりませんよね。

ぜひ1度《U-NEXT》をチェックして見てください!

 

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

 

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

私が恋などしなくても 第1話の感想

ああもう、ほんとに一井先生の作品はスゴイなぁって思わされる初回でした。

 

求心力がハンパない。

結芽さんの気持ちも分かるし、成川さんのプロとしてのすごさもよく分かる。

成川さんみたいな仕事ができたらって、編集者の誰もが思うのでしょうね。

 

次回は来月。

頭でっかちでカチンコチンの結芽さんの視線は、もう少しやわらかくなるのかなぁ。

まぁ、急にはムリなので、母の気持ちで見守りたいと思います。

 

次回の私が恋などしなくても第2話は、プチコミック5月号(4月8日発売)に掲載です。

早く来月にならんかなぁ。

 

私が恋などしなくても各話ネタバレはこちら

➡➡私が恋などしなくても

スポンサーリンク

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

漫画を読むためには、お金を払うのは当然ですよね。

試し読みでは物足りない!

違法ダウンロードなんて怖いし、ヤダ!でもお得に漫画を読みたいな。

 

そんなあなたにおススメな方法がこちら↓↓↓

動画配信サービスの
『無料お試し期間でもらえるポイントで好きな漫画を読む』方法!

 

さまざまなVODサイトでは、初回お試し無料登録でポイントがもらえ、このポイントを使って電子書籍を購入することができるんです!!

U-NEXT無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる。
ポイントでコミック最新刊が読めます♪
さらに見放題動画や70誌以上の雑誌が読み放題!
music.jp30日間のお試し登録時に600円分のポイントでコミックが購入可能!
さらに動画用ポイント1000円分で新作映画も楽しめます☆
FODプレミアムAmazonアカウント利用で1ヶ月無料お試し!
無料期間内で最大1300ポイント(1404円分)をゲットでコミック購入が可能♪
さらに独占見放題作品や雑誌100誌以上が読み放題です。
e-book japanまんがの取り扱いNO1!
無料漫画も多く、毎日キャンペーンや割引セールでお得に購入できます♪
さらにはじめての登録&購入で50%分のポイント還元☆

実際に無料トライアルを試してみましたが、31日間以内に解約すれば一切お金はかかりませんでしたよ☆

しかも購入した漫画はそのまま読めれるんです!

 

気になるサイトをチェックしてみてくださいね☆

本ページの情報は2019年10月時点のものです。 最新の配信状況は【U-NEXT】【music.jp】【FOD】など各サイトにてご確認ください。