私が恋などしなくても14話/4巻ネタバレ!最新話は会いたくて会いたくて

私が恋などしなくても14話(プチコミック5月号/4月8日発売に掲載)を読んだのでネタバレ・あらすじと感想をご紹介します!

大手出版社に勤める漫画編集者・茅野結芽さんと、同僚のモテ男・成川さんとの恋のお話。

恋を知らなかった結芽さんですが、成川さんとひょんなことから付き合い始めて、どんどん感情表現も豊かになってきましたねー。

よいことよいこと。

 

最新話は成川さん目線の愛おしさ全開の話。

このさきは「私が恋などしなくても」14話のネタバレを含みます。

続きにご注意ください!

スポンサーリンク

私が恋などしなくても前回までのあらすじ

↓ ↓最新話まで更新中♪↓ ↓

>>《私が恋などしなくても》各話ネタバレ一覧<<

私が恋などしなくても13話/4巻ネタバレ!最新話は不器用なバレンタイン

前回は、バレンタインのお話でした。

モテすぎる成川さんの机に山と積まれたゴージャスチョコレートを前に、自分が持ってきたチョコレートがあまりに粗末に思えた結芽さんが、こっそりとチョコを捨てるシーンには思わず叫んじゃいましたね(←食いしん坊バンザイ)。

 

結局、そのゴミ箱に捨てられたチョコは成川さんが拾ってくれて、彼の手に無事に渡りました。そして、リベンジを誓った結芽さんが体調不良で寝込んじゃうラストでしたね。

 

この寝込みながらリベンジは何をしようか、と相談する結芽さんのかわいかったことね!

もう成川さんじゃなくても、結芽さんの魅力におぼれてしまうでしょうとも。

 

さて、今回はそんな結芽さんをまさしく溺愛している成川さんの視点で描かれます。

 

最新刊でも半額♪

お得に漫画を読むならこちら ↓↓↓↓↓↓

ebookjapanイーブックジャパン 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで実質半額☆

>>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

スポンサーリンク

私が恋などしなくても14話のネタバレ

たまに視点が変わるの、いいですよねー。

小説だけど、江國香織さんの『きらきらひかる』とか『冷静と情熱のあいだ』とか、ふたりの主人公がひとつの物語を紡いでいくお話、大好きです。

 

冒頭、〝あの″牧田さんと呑んでいる成川さん。

週末に大学のOB会があるが参加するかと問われ、先に結芽さんと約束したので不参加、とあっさり断ります。

 

そんな成川さんに、牧田さんはこの色ボケが、と言い放ち、これまでの成川さんと今の成川さんがどれほど違うのかを言い募ります。

 

彼女ができたんだったら普通にカップルのイベントだってやるもんです、と答える成川さんに、また牧田さんはゲスな発言をするのですが、その後に彼はちょっといい質問をしてくれました。

 

結芽さんのどこが一体いいのか、という質問。

それに、至極当然のように成川さんは全部がめちゃくちゃ好き、と答えるのでありまーす!(←テンションおかしい)

 

そんな素敵な回答をしたら、ゲスの牧田(←もはや呼び捨て)にはキモイと言われてしまうのでした…オマエのがよっぽどキモイわ!と読者が思ったのは置いといて。

naki

最近、みんなにキモイと言われるらしい成川さんが不憫(泣)。

 

翌日。

会社で素子先生とネームの相談をする成川さんの隣に、結芽さんが出先から帰ってきました。

 

ただいまとおかえりを言い合って、結芽さんは机仕事。

成川さんは、無意識にそんな彼女を眺めながら仕事のこととか色々考えてしまいます。

 

成川さんがじっと自分を見つめていることに気付いた結芽さんは、一旦は視線を外すのですが、ちょっとしてから頬を赤らめて何か用?と聞くのですが、この時の2人の表情がもう、なんともかわいいやら色っぽいやら。

nico

真っ赤になった成川さん、貴重…!

 

そして、最初はさっさと自分がフラれようと思っていたのに、すとんと彼女に恋に落ちた瞬間を思い出す成川さん。

金子みすゞの『はちと神様』を暗唱する結芽さんの表情に、声に、そして彼女が抱える夢に、恋をしてしまった成川さん。

 

今では、すっかり結芽さんに夢中で、だから、少しだけ傷ついているのでした。

結芽さんは、いつも成川さんの隣で、文芸部に行くという一点を見つめて、その視線は揺らぐことがないから。

そこに、自分はどうしたって割り込んでいけないから。

 

体を重ねながら、そんなことに思い至った成川さん、これが色ボケなのかとはたと気づいて、なんか嬉しそう(苦笑)。

 

そんな色ボケ成川さん、オトボケついでに中野原先生にネームの催促を入れようと思っていたのすらも忘れてしまいました…!(ムンク)

ミスに気付いたのは、金曜日のこと。

 

木曜日にネームの催促をしようと思っていたはずなのに、うっかり色ボケていたら金曜日。

おそれていた通り、中野原先生は逃亡しなさったのです…!ぎゃー!!

 

しかも金曜日。

週末は結芽さんとめいっぱいグダグダして充電しようと思っていたのに、この分では日曜日にチケット買っていた映画さえもダメになってしまいそう。

 

結芽さんに連絡した成川さんは、週末空けてもらったのにごめんと謝りながら、結芽さんが日曜日の映画もムリしなくても、と聞きわけのよいことを言ったことに、また傷つきます。

 

ムリしてでも行きたい、と強めに言った成川さんに、結芽さんはチケット買ってるし、行けたらいいねと返しながら、電話を切ってため息をひとつ。

 

でも、成川さんは結芽さんが残念だという意味のため息をついたなんて知りません。

聞きわけがよすぎるのも、寂しい、とポケットにスマホをしまいながら目を伏せるのでした。

komaru

うーん、なんていうか、難しいところですなぁ。

聞きわけがいいと寂しいと思うし、だけど聞きわけ悪く色々言われると困っちゃうし。

程良くできるといいんだけどねぇ。そうも行きませんよなぁ。恋とは難儀。

 

そして、あっという間に土曜日の夜になって、成川さんはあちこちを歩き回り、中野原先生の仕事場へ。

チーフアシスタントの花村さんが迎えてくれて、携帯の電源も切られていることを再確認した成川さんは、もう深夜なのでまた明日来ますと言いますが、花村さんは帰してくれませんでした。

 

なんでも、逃亡常習犯の中野原先生、以前の逃亡中に泥酔して発見されたことがあり、真夜中に一人で引き取りに行って大変だったのだそう。

 

一人は不安だから、今夜は一緒に仕事場に泊まってくれないか、と訴える花村さん。

仕方なく泊まることにした成川さんですが、きっちり線を引いてリビングのソファで過ごし、それ以外は何もかまわないでほしい、と言い切ります。

 

花村さんがお風呂を勧めてくれてもきっぱり、視線も合わせずに断り、もう結芽さんに会いたいと思いながら連絡しようか迷っています(苦笑)。

naruhodo

成川さんのこういう、好きじゃない人に全然期待の「き」の字も感じさせないところ、いいと思う(苦笑)。

 

成川さんが中野原先生の仕事場リビングのソファで眠る頃、結芽さんもスマホを握りしめながら、本に囲まれて眠っていました。

naki

連絡を待っているうちに眠ってしまったんでしょうね。…みんなお疲れじゃよ…(遠い目)。

 

翌日、日曜日の午後。

海辺に中野原先生と成川さんの姿がありました。

 

前に、この海岸沿いのオーベルジュの食事がとてもよかったと先生が話していたのを思い出した成川さんが、今回は海のシーンもあったなと思いついたのがよかったようです。

okoru

潮の香りを嗅がないとキャラの気持ちが分からないなどとのたまう中野原先生ですが、ごはんが主な目的だったんですね…(泣)。

2人の大事な週末を奪いよって…(怒)。

 

しかし、成川さんは何も言わずにネームを確認し、このまま原稿に入ってくれるように頼みます。

 

東京に戻った先生は、すっかり仕事モードで待っていた花村さんと原稿を始めようとします。

仕事は終わったと帰ろうとする成川さんに、花村さんが頬を赤らめて手を伸ばします。

 

食事を一緒に、と誘ってくれるのですが、成川さんの彼女を見る目はもうすげー冷たい(汗)。

 

きっぱりと断って帰る成川さんを見送る花村さんの表情も気にせずに、疲れた、と結芽さんに会いたい、しか考えられない成川さんの色ボケぶりがいっそ気持ちいいですな(苦笑)。

 

好意を寄せてくれていると分かっていても、結芽さん以外の女性はどうでもいい自分に、もはや不思議な気持ちになる成川さん。

 

そんな気持ちでいっぱいになりながら、マンションのドアを開けると、そこにはなんと結芽さん。

借りた本を返しに来たのだと言う彼女を、もう無意識に抱きしめてしまう成川さんですが、2日間歩き回った若者はクサいのでありました…(汗)。

 

お風呂に入りながら、ちょっと卑屈な気持ちになっている成川さん。

お風呂から部屋に戻っても、結芽さんはあの詩集に夢中で、彼がお風呂から戻ったことにも気付きません。

そのことに、またちょっと傷ついてしまう男心がかわいいですなぁ。

 

予定が狂ったことに怒ったり拗ねたりしてほしいわけでもないのに、そうされないことが寂しい成川さんは、ふと結芽さんの詩集が新しくなっていることに気付きます。

 

それを指摘すると、3冊目を買い直したのだと言った結芽さんは、成川さんにとっては衝撃のことを打ち明けます。

 

クリスマスに、同じ詩集を成川さんに贈ったのだけれど、その時に一緒に買ったのだということ。

一緒に買ったこれは、成川さんと同じ版、同じ刷りなのだ、と。

 

驚きすぎて無言になる成川さんは、真っ赤になった結芽さんから詩集を取り上げて聞きます。

自分に会えなくてさびしかったか、と。

なかなか自分の気持ちに素直になれない結芽さんは、どう応えるのでしょう?

というところで、今回はおしまい。

プチコミック最新号やプチコミコミック最新刊を無料で読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。

どこかでタダで読めないかな~…

 

そんなオイシイハナシを可能にするのが

「U-NEXT」!!

U-NEXTの無料トライアルを使えば、読みたかった漫画の最新刊や最新号が無料で読めることが出来るのです☆

 

無料トライアル登録後に600ポイントがすぐにもらえるため、マンガでも動画でも好きに使うことができます^^

ぜひ1度《U-NEXT》をチェックして見てください!

 

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

もうU-NEXTのお試ししちゃったよ(怒`・ω・´)ムキッ

wanko joy

だったら『music.jp』があるじゃないか!

music.jpもU-NEXTと同じく、電子書籍はもちろんアニメや映画が見れるビデオオンデマンドサービス☆

 

music.jpも無料お試し期間があるので、登録後に600ポイントがすぐもらえマンガや映画など好きに使えますよ♪

▼30日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む30日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

naki

え?どっちもお試し後は料金がかかるよね。なんかヤダなぁ。。。

wanko zen

なるほど。漫画をお得に買える電子書籍サイトなんていかがですか?

動画はいらない、漫画を楽しみたい!

そんな方におススメなのが

『ebookjapan(イーブックジャパン)』 ☆

 

まんが作品数がハンパないebookjapanでは、頻繁に割引サービスやセールがあるので他の電子書籍サイトよりもかなりお得に購入ができます。

 

さらにイーブックジャパンは、初回50%オフクーポンが付き、さらにはpaypayボーナスでありえないほどの還元率になるんです♪

 

この『50%OFFクーポン』の割引上限金額は500円まで。

つまり言い換えれば、1000円分のコミックが半額で購入することができます!

▼今すぐ50%オフクーポンの詳細を確認▼

⇒⇒⇒還元率がすご過ぎる!ebookjapan(イーブックジャパン)のお得なポイント還元の詳細はこちら!

wanko joy

まずは気になるサービスをチェックしてみましょう!

私が恋などしなくても14話の感想

あー、もうごちそうさまでした、という気持ちになる回でした。

 

男の人目線で語られる恋って、いいですよねー。

しかも成川さんの視点って、今のところ姉系プチコミックに時々番外編が載るくらいだったから、けっこう嬉しい。

 

どんどん結芽さんにおぼれてゆく成川さんは、これからどうなっていくのかな?

成川さん、結芽さんは文芸部に行くことを夢見て、その一点だけを見ていると思っているけど、本当にそうなんですかねぇ。

 

イヤ、文芸部に行くのは夢見ているけれども、だからってそれしかないのかっていうとそうでもないような気が私はするんですが…。

 

次回はどんなエピソードになるのでしょう?

と思ったら、なんてこったい次号はお休みなんだそう。

 

どうしましたか一井せんせーいッ!!体調不良でしょうかただのお休みでしょうか。

とりあえず、先日出たばかりのコミックスを読みながら連載再開を待ちたいと思います。

『私が恋などしなくても』第15話は、6月発売のプチコミック7月号です。

スポンサーリンク