サレタガワのブルーネタバレ最新話141話は自分の行いを反省する藍子。そして暢はあの日々を思い返して…

サレタガワのブルー141話(マンガMee10/28配信)を読んだネタバレ・あらすじと感想をまとめました。

最新話は、現れた暢に驚く藍子。

 

そして、最後の2人だけの時間。

 

2人は何を語るのでしょうか?

 

続きは「サレタガワのブルー」141話のネタバレになります。

ご注意下さい。

 

 

サレタガワのブルー」のネタバレだけでなく漫画で読みたい!

そんなあなたの希望を叶えられるのが『U-NEXT』です☆

 

U-NEXTなら無料お試し期間にもらえるポイントを使って、宮坂香帆先生の最新刊も読めてしまうのです!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

最新話更新中♪⇒⇒「サレタガワのブルー」ネタバレはこちら

 

▼これまでのネタバレを読むならこちら▼

 

 

『サレタガワのブルー』ネタバレ一覧
34巻 67話 68話
35巻 69話 70話
36巻 71話 72話
37巻 73話 74話
38巻 75話 76話
39巻 77話 78話
40巻 79話 80話
41巻 81話 82話
42巻 83話 84話
43巻 85話
44巻 86話 87話
45巻 88話 89話
46巻 90話 91話
47巻 92話 93話
48巻 94話 95話
49巻 96話 97話
50巻 98話 99話
51巻 100話 101話
52巻 102話 103話
53巻 104話 105話
54巻 106話 107話
55巻 108話 109話
56巻 110話 111話
57巻 112話 113話
58巻 114話 115話
59巻 116話 117話
60巻 118話 119話
61巻 120話 121話
62巻 122話 123話
63巻 124話 125話
64巻 126話 127話
65巻 128話 129話
66巻 130話 131話
67巻 132話 133話
68巻 134話 135話
69巻 136話 137話
70巻 138話 139話
71巻 140話 141話
72巻 142話←NEW

 

 

前回のあらすじはこちら↓↓

サレタガワのブルーネタバレ最新話140話はドン底に堕ちてしまった藍子があの人を思い出して…

 

サレタガワのブルーネタバレ最新141話〜本当に…さようなら

藍子の謝罪

拘置所に入れられてしまった藍子ですが、目撃者が現れ帰れることに。

そして身元引受人として現れたのは暢でした。

 

驚く藍子。

 

警察官に頭を下げる暢。

 

どうして?と藍子は聞きます。

僕の電話番号を書いたからじゃない?と答える暢。

 

藍子はバッグを取られ、スマホも財布も無くし、覚えていた番号は暢のだけだったと言います。

 

そして、頭を下げて謝る藍子。

 

暢は藍子を見て、汚れてボロボロな事に気付きます。

ため息をつき、どうして、そんな格好で警察のお世話に?

 

一体、何をしたんだ?と言います。

 

とりあえず実家に送ると後部座席のドアを開ける暢。

 

え?と驚く藍子に、送りたくなんかないけど、放って帰るのは人として間違っていると思うから、と暢は言いました。

 

車に乗る2人。

 

少し話しても良いかな?と聞く藍子。

暢はヨリを戻してとか言わないなら…と答えました。

 

そして、藍子は話し始めます。

 

こんな事になって反省していて、私は本当に酷い人間だった。

許されない事も謝って済む事じゃないのも分かってる。

 

けど、生まれ変わりたい。

人を傷付けない人間になりたい。

 

そして、藍子は謝り続けます。

結婚して、誰よりも大切にしてくれていたのに。

 

何度も何度も泣きながら藍子は謝り続けました。

 

確かに僕は救われていた

藍子の謝罪を無言で聞きながら運転する暢。

 

その後、1時間もの間、謝り続けた藍子。

 

情けなく、小さな声で何度も。

 

何か声を掛けてしまったら、あの時の事を許した事になるんじゃないか?

あの時、苦しかった自分を忘れてしまいそうで、何も言わずに聞くだけしか暢は出来ませんでした。

 

そして、藍子の実家に到着。

 

暢の前にはもう現れないと言い藍子は車を降ります。

 

藍子を見ながらため息をつき、車を降り呼び止める暢。

実家から縁を切られたと聞いていた暢は心配します。

藍子は許してもらえないと思うけど、謝り続けてみると無理に笑顔を見せます。

 

チャイムを鳴らす藍子。

 

お母さんが出ますが藍子と分かると無言になります。

 

そしてドアが開きお父さんが出て来ました。

 

縁を切ったのに何の用だ?とお父さん。

悔い改めます。

やり直す目処が立つまで置いてくださいと頭を下げる藍子。

 

そして土下座をします。

 

見兼ねた暢が、お願いしますと頭を下げます。

 

お父さんは驚きます。

 

自分が好きだった藍子は、本当の藍子じゃなかったかもしれない。

でも、いつも笑顔で元気で、人との関わり方が上手くて前向きで。

 

眩しすぎるぐらいの人でした。

自分とは真逆の人で、美人だしモテて当然。

 

とても魅力的な人でした。

沢山の辛い想いはあったけれど、彼女の明るさに救われていた時も確かにあったから。

 

許してあげてとは言えないけれど、やり直せるまで、ここに置いてあげてもらえませんか?と暢は言いました。

 

お父さんはため息をつき、とりあえず中へ入る様に藍子に言います。

 

泣きながら暢にお礼を言う藍子に、これで本当のさようならだ…と言いました。

 

サレタガワのブルー141話の感想と次回予想

やっと、藍子が改心したんですね。

 

涙を流して謝り続けた藍子。

 

そして、藍子を迎えに行った暢もどこまで優しいんでしょう。

 

藍子が泣いて謝った時、本当は、もう良いよと言いそうになったのかもしれません。

 

でも、あの時の辛さを忘れたくない、忘れて欲しくないと思ってしまったんですね。

 

そう思いながらも、お父さんに頭を下げて頼んだり、やっぱり1度は愛した人。

 

堕ちて行く所なんて見たくは無かったんですよね。

 

幸せでいて欲しい。

 

自分を明るく照らしてくれた人だから。

 

そんな暢の広い心に感動しました。

 

暢の想いを藍子にはきちんと分かってもらいないです。

 

地に足をつけて頑張って欲しい!

 

なんだかんだで、藍子は憎めないキャラなので!

 

あとは、暢と梢ですねー。

 

あと一歩!

 

踏み込んで欲しい!

 

と、期待して次回を楽しみに待ちたいと思います。

 

次回142話、マンガMeeにて11月11日配信に掲載です。