サレタガワのブルーネタバレ最新話132話はレオの豹変で藍子の幸せは遠のいている様な…⁈

サレタガワのブルー132話(マンガMee6/24日配信)を読んだネタバレ・あらすじと感想をまとめました。

最新話は、レオのお迎えで浮かれる藍子。

 

それも束の間、またまたレオが豹変して…

 

今回ばかりは藍子が危ない⁈

 

続きは「サレタガワのブルー」132話のネタバレになります。

ご注意下さい。

 

 

サレタガワのブルー」のネタバレだけでなく漫画で読みたい!

そんなあなたの希望を叶えられるのが『U-NEXT』です☆

 

U-NEXTなら無料お試し期間にもらえるポイントを使って、宮坂香帆先生の最新刊も読めてしまうのです!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

最新話更新中♪⇒⇒「サレタガワのブルー」ネタバレはこちら

 

▼これまでのネタバレを読むならこちら▼

 

 

『サレタガワのブルー』ネタバレ一覧
34巻 67話 68話
35巻 69話 70話
36巻 71話 72話
37巻 73話 74話
38巻 75話 76話
39巻 77話 78話
40巻 79話 80話
41巻 81話 82話
42巻 83話 84話
43巻 85話
44巻 86話 87話
45巻 88話 89話
46巻 90話 91話
47巻 92話 93話
48巻 94話 95話
49巻 96話 97話
50巻 98話 99話
51巻 100話 101話
52巻 102話 103話
53巻 104話 105話
54巻 106話 107話
55巻 108話 109話
56巻 110話 111話
57巻 112話 113話
58巻 114話 115話
59巻 116話 117話
60巻 118話 119話
61巻 120話 121話
62巻 122話 123話
63巻 124話 125話
64巻 126話 127話
65巻 128話 129話
66巻 130話 131話
67巻 132話 133話
68巻 134話 135話←NEW

 

 

前回のあらすじはこちら↓↓

サレタガワのブルーネタバレ最新話131話は暢への気持ちを封印しようとする梢。そして藍子は…

 

サレタガワのブルーネタバレ最新132話〜大好きだよ

レオの狂気

篠崎さんが梢と話してモヤモヤし、梢の事を検索し始めました。

何やら、やらかしてしまいそうな雰囲気なのですが…

 

まずは、レオの元にルンルンで帰る藍子のお話から。

 

スキップしながら帰る藍子。

 

しばらくすると雨が降り出しました。

 

傘を持っていない藍子は走って帰ろうとします。

すると、そこにレオが傘を持って藍子を迎えにきました。

 

喜ぶ藍子はピッタリとレオにくっつき、2人は帰って行きました。

 

お風呂から上がった藍子に名刺を見せながら、どう言う事だ?と問い詰めるレオ。

 

良い会社で働いてる男だなと言います。

 

ヤバいと感じた藍子は、ただのナンパで一方的に渡されただけで、捨てるつもりだったと慌てて言いますが、レオは浮気だと言い出します。

 

違うと否定する藍子。

 

そんな事はしないと言いますが、名刺を受け取っているからダメだと言われてしまいます。

 

俺に隠れて連絡を取ろうとしてたのか…と言いながら名刺を破るレオ。

 

違うと言う藍子の頬を殴り、何回違うって言うんだ?

 

どうして僕を裏切った事を直ぐに謝らないんだ?と言い、藍子の髪を鷲掴みにします。

 

恐怖で震え出す藍子。

 

ごめんなさいと震える声で謝りますが、レオは舌打ちをして、藍子をそのまま引きずり、雨が降るベランダに放り出しました。

 

典型的なDV男⁈

冗談だよね?と聞く藍子。

 

こんな事はしたくない。

でも、反省してくれなきゃ困るからとレオ。

 

そして、静かにベランダの窓を閉めたのでした。

 

寒いから入れてと言う藍子ですが、レオはカーテンを閉めてしまいました。

 

窓を叩きながら泣き叫ぶ藍子。

 

浮気なんてしていない。

レオだけなのにと言いますが、その声は雨にかき消されてしまいました。

 

しばらく時間が経ち、レオはトイレでお客さんと電話中。

 

もう遅いからと電話を切り画面を見ると通話時間は40分を過ぎていました。

 

雨が止み、カーテンを開けるレオ。

 

タオルを藍子に掛け、仕事で色々あって八つ当たりをしてしまったと謝ります。

 

藍子も寒さで震えながら謝ります。

 

レオは藍子を抱きしめながら好きだと言います。

自分は弱いからホストなんて向いていない、でも始めたからには1番になって辞めたい。

 

もう少しで、なれそうなんだ、と。

 

そうしたら、藍子と結婚したいんだと言います。

だから、もう少しの間、支えて欲しいと言うレオに、泣きながら藍子は頷くのでした。

 

そして、暢と梢。

 

たっ君を迎えに行き帰る梢に暢から電話が。

 

仕事で必要なUSBを持ってませんか?と。

 

梢は、カバンにあるのを見つけ、急いで届けると言います。

 

すると、暢はたっ君もいるなら、一緒にお鍋をしませんか?と誘います。

お鍋と聞いて梢は笑顔になりました。

 

サレタガワのブルー132話の感想と次回予想

藍子、大丈夫でしょうか?

 

レオは本当に藍子が好きで、束縛、嫉妬が度を超して暴力を振るっているのでしょか?

 

それとも、何か企んでいて言いなりになる様に洗脳しているのでしょうか?

 

どちらにしても、やり過ぎでびっくりしました。

 

寒空に風呂上がりの人を外に放り出すなんて。

 

正気じゃありません。

 

あんな事をされた後に、あんな風に優しくされたら藍子なら洗脳されてしまいますよね。

 

今回は本当に藍子が心配でなりません。

 

気付いて逃げてくれれば良いですが、きっと藍子は気付かない。

 

誰も助けてくれる様な人も周りには居なくなってしまっているから、自力で何とかするしかないと思うので、見守る事しか出来ないと言う感じです。

 

元々、夫婦だった暢と藍子。

 

別れた後は、真逆な展開になってしまいました。

 

藍子は、更に堕ちて行ってしまうのでしょうか?

 

次回133話は、マンガMeeにて7月8日配信に掲載です。