どうしようもない僕とキスしよう8話/3巻ネタバレ!最新話は秘めた想い

どうしようもない僕とキスしよう8話(プチコミック4月号/3月6日発売に掲載)を読んだのでネタバレ・あらすじと感想をご紹介します☆

美しすぎる女性一人と、魅力的な男性4人とが織りなすラブストーリーなのですが、美しいわ切ないわで毎回読む度にエネルギーをかなり使うこの作品。

最新話ではタカオ君にオリジナルカクテルを頼みに来る蘇芳くん。

彼の取り組む姿勢に藍さんとの恋愛を思い知ってしまいます。

 

このさきは『どうしようもない僕とキスしよう』第8話のネタバレを含みます。

続きにご注意ください!

どうしようもない僕とキスしよう前回までのあらすじ

どうしようもない僕とキスしよう7話/3巻のネタバレ!最新話は諦めない恋

前回は、蘇芳くんとつき合うことにした藍さんと、それに怒れるタカオくん、もどかしさに燃える翠斗くんや傷ついた渉くん、そしてある真実に気付いてしまった蘇芳くん、という展開でした。

 

蘇芳くんって、ほんとになんか、すごいですよね…。

普通、気づいたらこりゃあイカンよっていうか、敵うわけがないって退いていってくれてもよくない?(汗)

 

仕事も恋も諦めるっていう選択肢を持たないって言ってたけど、そういう問題なのか…?(汗)

 

ネタバレだけじゃ物足りない!

お得に漫画を読むならこちら ↓↓↓↓↓↓

ebookjapanイーブックジャパン 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで実質半額☆
U-NEXT 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆

>>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がお得すぎる5つのポイント

スポンサーリンク

どうしようもない僕とキスしよう8話のネタバレ!

さて今回は、語り手はタカオくん。

タカオくんのお店で飲んでいる渉くんが、おかわりを頼むシーンから始まります。

 

タカオくんのお酒が美味しくて、一杯だけと思いつつも長居してしまうんだ、とほほ笑む渉くん。

いつものように「うちの会社の隣に移転しないか、ビル建てるから」とセレブジョークなのか本気なのか分からない(多分本気)ことを言いながらも、ヤケ酒にはもったいないということが唯一の不満だ、と自嘲気味に笑います。

 

そのほほ笑みを見ながら、タカオくんは蘇芳くんとつき合い始めた藍さんへの怒りを胸にカクテルを作ります。

その袖口には、最近つけていたものとは違うカフス。

 

藍さんにもらったアウィンナイトのカフスを、今はつけていたくない気分なのだそう。

naki

…これは相当怒っている…!(汗)

 

渉くんと何気ないおしゃべりをしていると、誰かがお店に入ってきました。

視線をやったタカオくんは、なんだかギクリとして固まります。

 

翠斗くんが、見たこともないような怒っているような、傷ついているような表情で立っていたから。

しかし、そんな表情もすぐに消え、いつものにこやかな翠斗くんに戻ります。

 

店内に招き入れると、渉くんが翠斗くんを近くへ呼びますが、そんな彼に翠斗くんが返す言葉がおもしろい(笑)。

あまりにいつもいるから、渉ちゃんはここに住んでるんだなと言うのです(苦笑)。

naruhodo

頭のいい人は言うことが違う(笑)。

 

翠斗くんもヤケ酒かと言うタカオくんですが、翠斗くんの後ろにいる蘇芳くんを見つけて再び固まります。

naki

…なんでこの組み合わせ…!?(ムンク)

 

と思ったら、この度めでたくまとまった商談の内容というのが、蘇芳くんと藍さんが勤めるヒカリビールから出しているリキュールを使ったカクテルを、翠斗くんが勤めるホテルのバー「スリースター」に置いてもらえることになった、ということで。

そのオリジナルカクテルのレシピ作りをタカオくんに頼みたいのだ、ということでの来店だったようです。

 

この、「スリースター」ってバーは老舗で格式高く、そこのバーテンダーさんは神と呼ばれているのだそう。

タカオくんは、そこに自分のカクテルを置くのかとアワアワ(苦笑)。

nico

以前、タカオくんが出場したカクテルコンクールで、1位から3位の人を取った人全員にお願いしているのだそうだけれど、これで選ばれたらそりゃあすごく嬉しいことですよね…!

 

タカオくんは、拳を握りしめて光栄だ、と言います。

2人の期待に応えられるように頑張る、と言うその表情は、今まで見たどの顔よりも仕事に懸けた人の顔です。

 

能天気蘇芳くんが、コンクールに落ちた自分にこんな話を持ってきてくれて、と言うタカオくんに、落ちたなんて言っても3位は充分スゴイのでは、と言いますが…。

 

タカオくんは、ピシャリとダメですと言います。

その言葉に、ただ驚く蘇芳くんと、タカオくんの言う意味が分かっている翠斗くんと渉くんの表情の対比!

 

残るのは1位だけ、あるのは1位とそれ以外、というのがカクテルの世界なのだから。

そう言い放つタカオくんの表情は、コンクールで落ちた時の悔しさをうかがわせます。

 

そんな打ち合わせが終わって、先に帰る蘇芳くん。

思い出すのは、タカオくんの「1位とそれ以外だ」という顔と、藍さんが言った誰ともつき合うつもりがないと言いながらあなたとつき合うことにした勝手な自分なのに、それでいいのか、という言葉。

 

自分は2番目でも諦めない、と呟く蘇芳くん。

komaru

…本当は、2番目にもなれないって分かってるんだろうに。

藍さんも、「1番とそれ以外」の世界に生きているってこと。

 

一方、蘇芳くんが帰った後も和やかに呑んだ翠斗くんと渉くんは、遅めのお帰り。

 

ふと、翠斗くんがタカオくんに言います。

孝雄君が出たコンクールに、応援に行った翠斗くんは、タカオくんに勝ったカクテルの呑んだんだけどさ、と話し始めます。

 

「1位とそれ以外」という厳しい世界ではあるけれど、自分はタカオくんが作った「CARO」というきれいなグリーンのカクテルが一番好きだとほほ笑む翠斗くんは、どこまでも優しくて美しい。

 

嬉しいけれど、言葉にできずに翠斗くんの背中を見送るタカオくんは思います。

このカクテルの名前の意味を知っても、好きだと言ってくれるだろうか、と。

 

イタリア語で、「愛しい男性」という意味だということを。

naki

ああもう、このシーンの切ないことよ…(泣)。

 

閉店後、カクテルの試作品つくりに励むタカオくん。

お題は、「①ミントリキュールを使っている②バー初心者でも楽しめる③カクテルの世界への興味につながる」ということ。

なかなか盛りだくさんのお題ですよねー。

しかも、老舗のバーに置いてもらうからには格式だって大事だし、初心者には「映え」も大事。

 

またグリーンのカクテルか、と苦笑するタカオくん。

作りながら、今日見た翠斗くんの表情を思い出します。

 

いろんな顔を見てきたけれど、あんな怖い顔をしているのは初めて見たと思うタカオくん。

ヤケ酒をしたいとからしくないことを言っちゃう渉さん。

あんな怖い顔をしてしまう翠斗くん。

 

みんなが〝らしくない顔″をするのは、藍さんのせいだといまいましく思うタカオくん。

シェイカーを振る彼のスマホが鳴って、留守電話につながりました。

 

スピーカーになっているようで、そこから聞こえてきたのは、以前つき合っていた西脇くんの声。

あの、店に来てお金貸してくれと迫ったあのクソ野郎です(←言い方)。

 

あの時の藍さんの、好きになってくれた人間に後悔させるようなことをする人間は最悪だ、というような言葉、よかったですよねー。

西脇くんは、静かに留守録に話します。

 

離婚が成立したこと、慰謝料で借金だらけだけれど、再就職も決まったので大丈夫そうだということ、そして、ごめん、という言葉と。

あの時いた女性の言葉に救われた気がするから、お礼を言っておいてくれとも。

 

そう言って切れた電話を聞きながら、タカオくんはうめくように言います。

俺だって救われたんだ、と。なのに、今はどうだ、と。

 

日は変わって、職場の藍さんのアドレスに、タカオくんからお客様に対する丁寧な言葉遣いで今夜自分の店で待っているとメールが届きます。

 

夜、タカオくんのbacioに向かった藍さんは、丁寧な言葉が逆にコワイ、と言っています(苦笑)。

 

カクテルの試作品を作る手を止めないタカオくんに、藍さんの方から口火を切ります。

浅岐くんは、この前から自分に怒っているでしょう、と。

 

まっすぐに自分を見つめてくる藍さんに、手を止めるタカオくんは、蘇芳さんのことは好きでもなんでもないんだろ、と言います。

 

黙っている藍さんに、タカオくんは堰を切ったようにまくしたてるのです。

自分は、恥ずかしい人間のやることをしていないって言えるのか、あの言葉に自分は救われたんだ、と。

 

好きでもない男とつき合うようなろくでもない女だと思わせるな、と叫ぶように言うタカオくんを、静かに見つめる藍さん。

 

そして、決して弁解はしない様子に、タカオくんはいら立ちを募らせます。

いつもワケ分からないことを言うくせに、肝心のことは言わない、自分を羨ましいと言っていたのもバカにしてるんだろう、と。

 

バカにしてなんかない、と静かに否定されて、さらにタカオくんはキレて言ってしまうのです。

姉だからって当たり前に翠斗のそばにいるおまえの方がよっぽどバカにしてる、と。

 

はっとして、自分の言葉が自分の恋をばらしていると悟ったタカオくんですが、藍さんは静かに彼を見つめたままでただ、知っていたと言います。

ずっと見ていたから、分かっていたのだと。

 

「分かっていた」という言葉に、さらに頭に血がのぼるタカオくんは、自分の何を分かってるって言うんだとさらにまくしたてます。

 

今まで誰かを好きになったことがあるのか、と叫んで、もう帰れと言い放ったタカオくんは、自分が怒鳴りつけたにも関わらず、怒りのような、傷ついたような気持ちで床にへたりこんで、藍さんを抱いた時を思い出していました。

 

ろくでもない女、と思いながら、翠斗くんへの罪悪感で苦しい気持ちになるタカオくんですが、ふとあの時の藍さんの顔を思い出します。

声にならない声で、誰かを呼んでいたのだと、そしてそれが誰なのかが分かってしまったタカオくん。

 

たまらない気持ちになって、藍さんを追いかけるタカオくん。

叫ぶように声をかけると、藍さんはいつものように静かな瞳で、言います。

 

自分は、タカオくんが羨ましい、と。

〝友達″だから、当たり前のように翠斗くんと一緒にいられるタカオくんが。

 

その言葉で、すべてを悟ったタカオくんはもう何も言えず、目を閉じるしかありませんでした。

 

ラストシーンは、出来上がった試作品を翠斗くんと蘇芳くんにお披露目するタカオくん。

出来上がったカクテルは、なんとも美しくて香りのよさそうなカクテル。

これが色々と仕掛けがあって、とっても楽しいカクテルです。

スポンサーリンク

プチコミック最新号やプチコミコミック最新刊を無料で読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

マンガを安く買いたい!

この漫画だけでいいから無料で読みたい!

そんなあなたにおススメなのがこちら♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ebookjapanイーブックジャパンで読む 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで最新刊も実質半額☆
ポイント還元、まとめ買いやセット購入がお得。
無料マンガも豊富。
U-NEXTで読む 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
ポイントを使って好きな漫画が無料ですぐに読める☆
継続で毎月1200円分のポイント付与。
music.jpで読む 30日間のお試し登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆
FODプレミアムで読む 2週間無料トライアル期間中もポイントがもらえる。
ポイントで実質1~2冊が無料で読める。
電子書籍購入で20%のポイント還元付き。

>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がお得すぎる5つのポイント!

 

動画配信サービスは月額制ですが、その良さを知ってもらおうと初回利用が無料な上にポイントサービスまで!

最新刊を1冊無料で読みたい…という場合には、U-NEXTがおすすめです。

naruhodo

無料お試し後も利用料金並みのポイント付与に最大40%のポイント還元!

また4人までアカウントを共有できるので家族や友人と使えば1人ワンコインで利用可能です♪

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

どうしようもない僕とキスしよう8話の感想

ラストカットはカクテルの名前を教えるタカオくんなのだけれど、この心情吐露がもう、すごく切なくて、しかし静かにほほ笑みながらそれを言うタカオくんが、なんともカッコイイ。

あああ、前回も思ったけれど、今回もなんだかギュイーンと物語が進んだ気がしました…!

 

イヤ、藍さんと蘇芳くんとか翠斗くんとの関係が具体的にどうこうしたってエピソードはないんですが、それでも着実に物語が進んでいる感じがして、北川先生はほんとにスゴイですねぇ。

 

一緒に仕事をしながら、実は蘇芳くんの首を絞めてやりたいくらいムカついているだろう翠斗くんも、すげー穏やかにカクテルを飲んでいます。

 

大人って、そうだよね。

仕事が絡むと、やっぱり気持ちに任せて関係性を悪くしたりもできないわけで。

 

なんていうか、「ザ・大人の恋愛物語」を堪能したって気持ちになりました。

 

しかし、藍さんはほんとに今後どうすんでしょうね。

翠斗くんが誰かとつき合うとかいうことへの怯えとかどうなってるんだろう。

翠斗くんが自分しか見ていないって分かってるのかなぁ。

 

気になる続きはいつ読めるのでしょうか。

できたら6月までには読みたいです、北川先生(←ここで言ってどうする)。

あー、おなかいっぱいです。

どうしようもない僕とキスしよう9話/3巻ネタバレ!最新話はあふれ出る前に…

スポンサーリンク

スポンサーリンク