王の獣 4話/2巻のネタバレ!柔らかい他人の手の感触に藍月は?

チーズ6月号(4/24発売)に掲載の「王の獣 第4話(2巻に収録予定)」を読んだあらすじ・感想をまとめました。

最新話では、天耀が藍月のココロに歩み寄ります。

しかし藍月の受けた傷は深く、この世は地獄と…

 

続きはネタバレです、ご注意ください。

 

 

 

「王の獣」を今すぐ漫画で読みたい!

そんなあなたの希望を叶えるのが

☆『U-NEXT』☆

 

U-NEXTなら無料お試し期間にもらえるポイントを使って「王の獣」単行本や藤間麗先生の漫画が読めてしまうのです!

またU-NEXTには動画もあり、お試し期間中も見放題で楽しめますよ☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

これまでのあらすじや最新話も☆⇒⇒《王の獣》ネタバレ一覧

 

▼読み忘れた話はこちらから▼
『王の獣』ネタバレ一覧
1巻 1話 2話 3話
2巻 4話 5話 6話 7話
3巻 8話 9話 10話 11話
4巻 12話 13話 14話 15話
5巻 16話 17話 18話 19話
6巻 20話 21話 22話 23話←NEW

 

 

あわせて読みたい!

王の獣を全巻無料で読めるか調べてみました!

⇒⇒王の獣をいますぐ全巻無料で読める?最新刊でもお得に読む方法

 

 

 

 

前回のあらすじ↓

王の獣 3話/1巻のネタバレと感想!最新話は天耀の決意

弟の仇をとるため、男になりすまし天耀の従獣となった藍月。

麗雲の居を訪れ自分の敵か確認していく天耀に、藍月は他の人間たちとは違うところを感じ取ります。

 

そして天耀は自分の命を藍月に預ける、蘇月を殺した人物を必ず見つけ出すと宣言をしました。

王の獣 4話のネタバレ!

おまえに命を預けると言っている…

そう言い切り、藍月の手を自分の心臓部分に当てる天耀。

 

藍月はドクドクと脈打つ鼓動に、思わず手を払いのけてしまいます。

そしてすぐさま外へ逃げ出し、人間なんてましてや皇族なんか信じられないと言い放ちますが、天耀に線を引いて突き放すのはおまえだと反論されドキリとする藍月。

 

「こんなクソみたいな 世の中の 何を信じろって言うんだよ…!」

藍月は塀を飛び越え外へ飛び出しました。

 

そうだ…昔から…

幼い藍月は蘇月が亡くなったことを聞きつけ、その真相を確かめるべく館にやってきますが門番にすげなく追い返されます。

亡骸だけでもと、必死に食い下がるのですが暴行を加えられている横を公主様が通りかかりますが、まるで虫けらのような扱いに気にも止められませんでした。

 

あの頃のツラい思いを噛みしめていると、天耀が走って追いかけてきました。

屋根を自由に飛び回り逃げる藍月、追いかける天耀。

 

太博が仕事をしていると、屋根の上の藍月を見つけます。

何をしているのか不思議に思っていると、そこへ天耀までもが屋根の上に!

 

太博は急ぎ彼らのもとへ向かうも、藍月は地面に軽々降り立ち、さらに追う天耀は滑り降りようとしますが勢い余って落ちてきてしまいます。

それでも太博を気にも止めずに藍月を追う天耀。

藍月はまるで天耀が追ってきているか確かめるかのように、わざとスピードを調整しています。

 

ついには麗雲の館まで来てしまう3人。

 

太博はあいさつしながら走って麗雲と謡尾の横を駆け抜けようとすると、謡尾に藍月が手を抜いて追いかけさせていることを指摘されます。

 

藍月は追いかけられながらも、信じたい気持ちを持っていることを自覚しています。

天耀はきっと裏切らない、傷つけたりしない、差別すらしない…と。

 

すると目の前に幼きころの自分が「裏切られるよ」と忠告します。

カノジョを見てなお、今までこの世は地獄と信じて生きてきた自分を捨てるのは、みじめでかわいそうと実感するのです。

 

息を切らして追いかけてくる天耀。

こんな屈辱的なことをされても自分を探してくれる…

 

「信じても いいですか…」

泣きながら問う藍月に、天耀はやさしく藍月の頭を触ります。

こんなに優しく柔らかい他人の手の感触を知らない…

 

天耀は約束します。

「亜人の子の死を追及できる世に変えてみせよう その努力を必ずしよう」

「私の側にいて 力になってくれ おまえの力を おまえを信じる」

 

その晩、天耀は太博にこってり絞られます。

さらには藍月に一言言わないと気が済まないと、部屋を訪れるのです。

するとそこで目にしたのは、さらしを外そうとする藍月…

 

女であることがバレてしまいました!!

Cheese!最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

okoru

ネタバレだけでなく漫画で今すぐ読みたいけど、試し読みはページが少なくてイヤだ!

nico

漫画を読みたいけど、少しでもお得にできないかな。。

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなか丸々単行本1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『無料お試し登録とそこで貰えるお試しポイントを賢く使って、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

「VOD(ビデオオンデマンド)サービス)」では動画配信だけでなく電子書籍も取り扱っているので、初回限定のお試し期間にもらえる無料ポイントを使い、好きな漫画や週刊誌・月刊誌が読めてしまいます♪

 

なかでも【U-NEXT】に新規登録をすると、

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画を買って読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える

とお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

 

 

本当に無料なの?…とご心配いりません^^

  • 登録日より31日間は無料
  • お試し期間中の解約しても解約金はない
  • Webで簡単に解約できる

と安心してU-NEXTを試してみることが可能なんです!

 

 

もしも無料登録期間が過ぎると、月額制のサービスなので月額料金がかかります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(1200円分)
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 最新レンタル作品が続々入荷配信

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

またうちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録でき、さらにお得な割引クーポンを逃さないで☆

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

王の獣 4話の感想

今回は天耀の壁ドンから始まり、藍月と天耀の追いかけっこww

 

幼き頃からの亜人としての地獄のような扱いを受けてきて、人を信じたいけど信じられない気持ちがツライ。。。

 

門番のくだりは、腹が立って仕方ないけど階級社会のある時代ではこんなことが常だったのでしょう。

逆に優しくすれば門番自身が痛い目にあってしまう。

自分を守るためにも人を蹴落とす、現代のいじめと構造は同じですね。

 

しかし太博が藍月の正体をしてしまったかもしれません。

これが吉と出るのか凶と出るのか...

彼にとっては、天耀の想いだけでは動かない強さもありますからね。

 

気になる次回の「王の獣」第5話は、チーズ7月号(5/24発売)に掲載ですよ!

スポンサーリンク