コレットは死ぬことにした97話(花とゆめ第8号/3月19日発売に掲載)を読んだのでネタバレ・あらすじと感想をご紹介します☆

最新話は遍歴医の村に滞在中のコレット。

10年間、ケンカ別れ状態だった親子、スズリさんとリニさん家族の行く末を見守るべく、彼らに寄り添いながら過ごしています。

 

スズリさんの病気は重く、どうやらもうすぐ〝その時″が来てしまいそうな予感。

コレットは、最期のその時をどう彼らに寄り添うのでしょうか?

 

このさきは『コレットは死ぬことにした』第97話のネタバレを含みます。

続きにご注意ください!

スポンサーリンク

コレットは死ぬことにした前回までのあらすじ

コレットは死ぬことにした96話/16巻ネタバレ!最新話はハデスから会いに

村は、年に1度の戦まつりの日。

前回は、この〝戦″の前日の、天灯をともして飲めや食えやの大宴会でした。

 

そこで、ディオ様が敵チームの作戦を偶然聞いてきて、それを元に作戦が立てられていく東軍チーム。

その輪に入りそびれたコレットは、診療所にひっそりコレットに会いにきたハデス様と静かで甘い時間を過ごしました。

 

最新刊でも半額♪

お得に漫画を読むならこちら ↓↓↓↓↓↓

ebookjapanイーブックジャパン 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで実質半額☆

>>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

コレットは死ぬことにした97話のネタバレ

本番

さて今回は、本番の〝戦“の日。

とにかく、とってもよいお天気です。

 

風もあたたかく、吸いこんだ空気が体を震わせるような、気持ちのよいお天気。

コレットは、空を見上げながら賑やかなおまつりの中に身を置きます。

 

東と西とに分かれて、お互いのチームの宝刀を取り返すこの〝戦“。

旗ややぐらが立って、本格的に戦の様相。

 

ディオ様とヘルメス様は戦の最前線、相手チームが持っている自軍の宝刀を取り返す役割。

リニさんは、相手チームの宝刀を守る役割です。

 

コレットは、取り返された宝刀を大将であるタキさんに届ける役割の位置に、スズリさんとトーヤン先生とともについています。

なんだか太鼓もどんどこ鳴り、みんなの気迫もすごいのが紙面から伝わってきます…!(鼻息)

 

しかし、どうも相手チームの守備が、昨日ディオ様が聴いてきたのとは違うようです。

なんか、守りを薄めにして、ガシガシ攻めるみたいなことを聞いてきていたはずなのに、なんてこったい守りの位置にはゴリゴリのマッチョマンが並んでいるのです(ムンク)。

 

おかしいなと東軍がザワザワしていると、西軍のマッチョマン達がディオ様には嘘を言ったんだよーんと笑います。

okoru

なんだとう…!?卑怯じゃねーか!(思わずキレ気味になる読者)

 

しかし、ヘルメス様は小さくため息をついて言うのです。

情報を制する者が勝負を制するのだから、こりゃあ降参するしかないね、と。

 

イヤイヤイヤ!

東軍の人達も、せっかく作戦立てたんだからとりあえずやろうよ、とヘルメス様に言います。

その作戦を立てた、という言葉をまた嘲笑うのは西軍のマッチョマン。

 

やれるもんならやってみろと言う彼らに、東軍の人達もピキーンと来て、読者もピッキーン(←オマエはいいんだ)。

 

開戦前からいきり立ちまくる東軍の歩兵達を見たコレットたちは、何か手違いがあったようだと悟ります。

親子

そこに開戦の合図。

いきり立った東軍の歩兵は、守りはリニさん達に任せて、自分達は宝刀を取り返すんだと咆哮をあげます。

 

歩兵に割り振られたディオ様は、まずはあっさり倒されてしまいます。

komaru

それを見た娘さん達にめっちゃボロクソ言われるディオ様が哀れ(泣)。

 

しかし、楽しくなったのかディオ様は倒されたそばからむくっと起き上がってリベンジへ。

そして、意外に上手に体を使って相手をブチ倒すディオ様。

それを見た娘さん達の変わり身の早さ(苦笑)。

 

一方、その頃宝刀守のリニさんは、体が大きいせいでめっちゃ相手に狙われています(汗)。

なんか、体格のいい人を倒した方がハクがつくとかで、男達は一生懸命リニさんに勝負を挑んでいるようです。

naki

…体がでかいって、いいことばかりじゃないのね…(遠い目をするちびっこ読者)。

 

その姿を見たスズリさんは、感慨深そう。

リニさん本人は、ほんとにこの村おかしいと思いながらも、とにかくマジメなのでひたすら相手をばったばったと倒していきます。

 

その懸命な姿を見たスズリさんは、懐かしそうに語ります。

自分の夫もあんなふうに強かったのだと。

 

大柄で快活で、おまつりの日は村の誰よりもカッコよく見えたものだと、嬉しそうに、懐かしそうに、そしてどこか切なそうに語るスズリさん。

トーヤン先生がノロケだとからかいますが、スズリさんはびくともしません。

 

いつまでもノロケられるのは幸せなことなのだと笑うスズリさん。

だけど、今年は息子2人の勇姿が見られてもっと幸せだ、と言い、さらに欲張れば孫の時まで観たかった、と目を閉じます。

 

そして、リニさんのことを今は渡り鳥のようにしなやかに生きているのだな、と思うと語るスズリさんは、トーヤン先生のことも渡り鳥のようだと笑います。

naki

この、トーヤン先生とのやりとりのシーン、もうなんていうか、涙なしには読めない…!(泣)

 

ああ、スズリさんはもう逝ってしまうのだ、とコレットもトーヤン先生もきっと感じているのでしょう。

そのもどかしさのような気持ちを、口には出せない2人。

 

と、その時、コレット達と一緒に歩兵を待っている娘さんが声を上げます。

ディオ様が、相手チームの宝刀を奪い取ったのです!やったー!

特別な年

これを大将まで持っていけとパスされるヘルメス様ですが、彼が走ると2秒で着いてしまうので(汗)、ヘルメス様は他の歩兵に宝刀をパス。

 

歩兵達がダッシュしてくるのを見守るスズリさんは、リニさんの様子を気にしています。

その頃、リニさんはまだ押し寄せる相手チームの歩兵をちぎっては投げを繰り返しながら、ふと母の姿を探します。

 

コレット達と一緒に、丘の上にいる母を見つけたリニさん。

その楽しそうな姿を確認して、こんな意味不明はおまつりでも、勝つことが親孝行になるのなら、負けることはできないのだと空を仰ぎます。

その表情の、優しくて切なそうなこと。

 

その頃、大将のタキさんには自軍が宝刀を奪還して、こちらに向かっていることが報告されています。

自軍の守りはどうなっているかと問うタキさんに、リニが一人で死守していることが報告されます。

 

それを聞いたタキさんは、相手の大将に今年はこっちが勝ちだと宣言。

 

まだ決まってないと叫ぶ相手大将に、タキさんは笑顔で言います。

今年は特別なのだ、と。

 

リニさんが帰ってきて、母と和解して、そしておそらく母にとっての最期のおまつり。

タキさんとしては、これが勝たなくてどうすんだって感じでしょうよね。

頭脳戦

コレット達が控えている場所まで、歩兵と追手が迫ります。

歩兵が宝刀をコレット達の方へ投げ、そのタイミングで追手が彼を倒しました。

 

前に転がった宝刀を囲む娘さん達。

ここから、娘さん達が宝刀を守って運ぶようです。

 

この作戦を嘲笑う相手チームの追手たち。

しかし、それに笑顔で返す娘さん達全員の手には、なんと宝刀が握られているではありませんか。

え!!!???となる追手のオジさん達を尻目に、走り始める娘さん達。

 

大混乱するオジさん達に、スズリさんがにこにこと自分も持ってるわよ、と宝刀を見せてくれます。

裏を返すと、そこには「ハズレ」の文字。

nico

どうやら、ダミーをいっぱい作ったみたいです(爆笑)。

あったまいい!

 

ダミーをいっぱい作っておけば、ダミーに相手が惑わされてる間に本物を持ってる人が超ダッシュすればいいんですもんね!

これを考えたのは、どうやらヘルメス様だったようです。

naruhodo

さすが、なんていうか、小賢しい…!(←褒めてます)

 

次々と宝刀を持った娘さんがつかまります。

だけど、それらは全部ダミー。

 

本物を持っているのは、イノシシのような勢いで走るコレットでした。

作戦会議にはいなかったけれど、ヘルメス様が女性では誰よりも足が速いのはコレットだと踏んだようで、この大役を任されたコレット。

 

雄たけびを上げながら、それはすごい勢いで走っていきます(苦笑)。

どんどん大将に迫るコレット。

 

昨日の作戦会議の様子を思い出しながら、穏やかな表情でそれを見守るスズリさん。

自分が走っていた頃のことを思い出しているのかな…?

 

果たしてリニさんは宝刀を守りきることができたのでしょうか?

そして、コレットは相手チームにつかまることなくタキさんに宝刀を届けられるのでしょうか?

と、いうところで今回はおしまい。

スポンサーリンク

花とゆめ最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。

 

そんな人におススメなのが「U-NEXT」!!

U-NEXTの無料トライアルを使えば、花とゆめ最新号や花ゆめコミック最新刊が無料で読めることが出来るのです☆

 

U-NEXTの無料トライアルは、

  1. 31日間無料で試せる
  2. 600円分のポイントプレゼント
  3. 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる
  4. 70誌以上の雑誌が読み放題

と無料で試せるのにこんなにお得なんです!!

 

無料トライアル登録後に600ポイントはすぐにもらえるため、マンガでも動画でも好きに使うことができます^^

 

ファッション誌やビジネス誌またグルメ誌などの雑誌も読み放題!

漫画も雑誌もアニメや映画も…と、しっかり元が取れるのでトライアル後も管理人は家族と一緒に継続して利用しています♪

4人までアカウントが使えるので利用料金も分担すればお得です☆

 

ぜひ1度《U-NEXT》をチェックしてみましょう!

 

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

 

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

コレットは死ぬことにした97話の感想

ラストカットは、どこまでもどこまでも晴れ渡った空と、スズリさんの笑顔。

 

今回はなんとも、切なくて晴れやかで、悲しい気持ちになった回でした。

スズリさんが、このおまつりを本当に愛していることがなんだかよく分かりました。

おもしろいんだもん、このおまつり(笑)。

 

頭脳戦とかもあって、ただの体力勝負の戦ではないところが超ハマる。

 

リニさんも、戦に参加してみて母の気持ちが分かったりしたのかなぁ。

何かをこうやって共有するって、いいですよね。

 

家族でも友達でも、何かを一緒にやってみるって大事ですよね。

そうすることでしか分からないことが、この世には沢山あるなあって、この年になってしみじみ思います。

 

きっとスズリさんは、もうすぐ逝ってしまうのだろうけれど、リニさんやタキさんはどんな別れの時を迎えるのでしょう。

穏やかな、よい別れの時になりますように。

 

『コレットは死ぬことにした』第98話は、4/20発売の花とゆめ第10・11号合併号です。

コレットは死ぬことにした98話/16巻ネタバレ!最新話は辛い時に寄り添うハデスさま

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お得!無料!最新刊やコミックが読める電子書籍サイト

もしもあなたがこの中でどれか1つでも当てはまるなら朗報です♪

  • 試し読みでは物足りない!
  • 違法ダウンロードなんて怖いしヤダ!でも無料で漫画を読みたいな。
  • 暇つぶしにタダで漫画が読めるところないのかな?
  • スマホで漫画読むのに便利なサイトってどこ?
  • 読みたいコミックが古いんだけど電子書籍にないかな。
 

そんなあなたにおススメなサイトがこちら↓↓↓

☆それぞれのサイト特徴まとめ☆

無料
お試し期間
付与ポイント 月額金額 無料作品数 漫画数 購入方法
還元率で選ぶ!
e-book japan
永年無料 初回購入
50%オフクーポン

(500円まで)
0円
(無料)
2,000
作品以上
58万冊
以上
都度購入
見放題で選ぶ!
U-NEXT
31日間 600p 1,990円 1400作品
以上
16万冊 以上 毎月
1,200p
月額料金の
安さで選ぶ!
FODプレミアム
1ヶ月 合計1300p
(登録後100p
8,18,28日に
400p付与)
888円 1000作品
以上
10万冊
以上
毎月合計
1,300p
音楽も欲しい!
music.jp
30日間 600p 1,780円 1000作品
以上
17万冊
以上
1992p+
3000p(動画)

 

あなたはどのタイプ?
電子書籍サイトを無料で体験

↓↓↓↓↓

ソフトバンク、ワイモバイルスマホユーザー必見!

ebookjapanの還元率がスゴイ♪

\漫画をお得に読みたいあなたに/

月額料金必要なし!

退会し忘れても料金を請求される心配がありません☆

漫画以外に動画もアニメも雑誌も!

\万能VODを求める欲張りなあなたに!!/

無料お試し期間でも600P付与

家族みんなでも楽しめる♪

※無料トライアル中に解約をすれば、違約金等はかからず解約できます。

雑誌100誌以上も読み放題♪

\フジ系ドラマ好きなあなたに!!/

無料お試し期間でも合計1300P付与

フジTV系ドラマもお笑いも見逃しません!

※無料トライアル中に解約をすれば、違約金等はかからず解約できます。

専門チャンネルや音楽も充実☆

\新作映画や音楽も楽しむあなたに!/

無料お試し期間でも600P付与

毎月新刊や新作映画を見るなら断然お得!

※無料トライアル中に解約をすれば、違約金等はかからず解約できます。

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は【U-NEXT】【music.jp】【FOD】など各サイトにてご確認ください。

コメントを残す