ゆびさきと恋々8話/2巻ネタバレ!最新話はもっと話したいから

ゆびさきと恋々第8話(デザート5月号/3月24日発売に掲載)を読んだのでネタバレ・あらすじと感想をご紹介します☆

音がない世界で生きる女の子・雪ちゃんと、世界中を旅して回る逸臣さんの恋のお話。

 

逸臣さんの態度が、外国生活が長かったりするせいなのか、ただ単に雪ちゃんが好きなのかがイマイチ分からなくて私は毎回悶えておりますが、皆様いかがお感じでしょうか。

 

海外生活長い人とか友達にいるけど、それにしたって距離が近いですよね…?どう考えてもそうだよね…?

このさきは『ゆびさきと恋々』第8話のネタバレを含みます。

続きにご注意ください!

スポンサーリンク

ゆびさきと恋々 前回までのあらすじ

↓ ↓最新話まで更新中♪↓ ↓

>>「ゆびさきと恋々」ネタバレ一覧<<

ゆびさきと恋々7話/2巻のネタバレ!最新話は教えたい気持ちと知りたい気持ち

前回は、りんちゃんが恋する逸臣さんのバイト先の店長さんと、逸臣さんとりんちゃんとで買い出しに出かけるの巻でした。

りんちゃん達に気をきかせた逸臣さんが、雪ちゃんを自宅に招いて、2人は色々とおしゃべり。

 

距離がぐぐぐと縮まって、もうドキドキしすぎて加齢によるものかときめきによるものかの判別もつかないくらいでしたが(←しっかりしろ)、ラストにはまた逸臣さんの質問に、正直に応えようとする雪ちゃんにドキドキしました…!

 

逸臣さんになら、どこまで許してくれるのかと聞かれた雪ちゃん。

彼の掌に、「ぜんぶ」と書こうとしていたけれど…?

 

最新刊でも半額♪

お得に漫画を読むならこちら ↓↓↓↓↓↓

ebookjapanイーブックジャパン 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで実質半額☆
U-NEXT 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆

>>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

スポンサーリンク

ゆびさきと恋々8話のネタバレ

知りたいけど怖い

今回は、手のひらに「ぜ」まで書いたところからスタート。

残りの「んぶ」は、書かせてもらえませんでした。

逸臣さんに手を握りこまれてしまった上に、逸臣さんちのインターホンが鳴ったから。

 

待っててというように雪ちゃんの頭をぽんと叩いて、応対する逸臣さんですが、雪ちゃんはお客さんかと思って帰る支度を始めます。

しかし、逸臣さんはそんな彼女に送っていくと言い、雪ちゃんはアレ?という気持ちに。

 

お客さんではなかったのか、と悟り、もう少しここにいたかったなぁと残念になりますが、視線をあげた先にいたのがエマさんだと分かって、一瞬固まる雪ちゃん。

okoru

そらそうだ。なんでやねんって思いますよね(←雪ちゃんはそんな図々しくないけども)。

 

エマさんも、逸臣さんの奥から女の子が出てきたことにびっくりして、誰?!とか聞いています。

…ごめんなさい、私はどうもエマさんが苦手っていうか好きじゃないので、言ってしまいますが、…オマエがダレだ名乗れや!!失礼だな!!って思っちゃった(←大人になれ)。

 

逸臣さんは、淡々と雪だとだけ答え、雪ちゃんの顔に自分の顔を持って行って、先に降りて待ってて、と言います。

エマさんに会釈して部屋を出てゆく雪ちゃん。

エマさんがよくここに来るのだろうか、と気にしながら、それを聞くことはできません。

確かめられない真実

一方、雪ちゃんを見送るエマさんは、先日押しかけてきた時に借りたカギを返しに来たようなのですが、雪ちゃんをけん制するために大きな声で嘘を言うのです。

この間、泊めてくれてありがとう、と。

okoru

泊めてねーし!!(怒)ていうか雪ちゃんにそんな悪意あること声でやったってムダだしな。イヤな子だなぁ。必死なのは分かるけど、下品な人だな。キライ(←分かり切ってることを改めて言う)。

 

エマさんは、雪ちゃんが無反応なことに釈然としない様子ですが、それよりも嘘を言ったことで逸臣さんに軽蔑されることを恐れ、そしてすでに軽蔑の眼差しを浴びていることにうろたえます。

 

カギを受け取ろうと無言で手を出す逸臣さんに、返さなくてはいけないのかと聞くエマさん。

komaru

…キミにそんな資格と権利があると言うのか!あるなら理由を100字以内で述べてみよ!と思ってしまう大人げない読者を許して(泣)。ムカついちゃうんですよねー、こういう女子。

 

逸臣さんが答えるまでもなく、いつもこういうことをするとよい印象を持たれないことを知っているエマさんは、泣きながらカギを渡します。

その瞬間、雪ちゃんがこちらをちらりと見て、確かに2人の手の間をカギがわたってゆくのを目撃。

naki

の―――――――!雪ちゃん、見ちゃダメだぁぁぁぁぁ!!(ムンク)

 

逸臣さんも、この瞬間ばかりは雪ちゃんがこの場面を見ていないか心配したのか、彼女の動きを見やりますが、その時には彼女はエレベーターに乗り込んでいました。

 

そして、カギが彼らの間を渡っていたな、ということにドキドキ。

誰んちのカギなのかということが非常に大事なのだけれど、それを確かめるのは恐ろしい。

 

もしやエマさんとつき合っているのだろうか、と思いついて、しかし考えたくないと頭を振りますが、エマさんが来てるのに送るってどういうことだろうと考え始めてしまいます。

 

と、そこにりんちゃんからライン。

明日色々話を聞かせてねと張り切ったりんちゃんのラインに、雪ちゃんはさっきまでのほこほこドキドキした気持ちでは返事ができなくて。

 

いつものようにハートマークをつけることもできずに、明日会おうと返信。

 

その時、エントランスに現れた逸臣さんと、彼にへばりつくエマさん。

くっついている2人を見て、動揺した雪ちゃんは、急いでマンションのエントランスを出て、自宅方面へ小走りで去ってゆきます。

これ以上くっついた2人を見ていたくなくて。

優しい声

逸臣さんには、先に帰るとだけラインして、急いでその場を去る雪ちゃん。

逸臣さんがエマさんを振り払い、ラインに気付いて振り返った時にはもう雪ちゃんの姿はありません。

 

エマさんに別れを告げて、走りだす逸臣さんですが、その後ろ姿を見送るエマさんと、うつむいて歩く雪ちゃんの気持ちは、きっととても似ているものだったのでしょうね。

相手の気持ちが、自分には向いていないのかもしれない。そのことが、ただ寂しくて切ない。

okoru

ううう、行き違い…(泣)。

イヤ、エマさんはもうちょっと空気読めっていうか、ちゃんと自分のお立場を分かれよって思うけど(汗)。

 

翌日、雪ちゃんはりんちゃんちでおしゃべり。

カギが2人の間を渡っていたことを話すと、りんちゃんも口をあんぐり。

 

何のカギかは怖くて聞けない、と言う雪ちゃんに、りんちゃんはどう声をかけていいのか分かりません。

苦肉の策で、まったく違う話に切り替えるりんちゃん。

 

雪ちゃんの爪が、いつもよりきれいに磨かれているように見えたのでそのことを指摘します。

いいぞいいぞ、美容の話は女子なら大体食いつくからな!(←偏見)

 

雪ちゃんは、逸臣さんに手を握られて嬉しかったのでしょう。

また触れてもらえたらいいなとボディスクラブでマッサージしたのだそう。

nico

…なんてかわいいんだ…!ていうかボディスクラブって常備してるんだ、雪ちゃん女子力たけーな!(←オッサンみたいですみません)

 

りんちゃんにすべすべ、とにこにこされて、雪ちゃんもほほ笑みます。

少し切り替わったかと思ったのか、りんちゃんはさらに雪ちゃんを嬉しくさせることを言うのです。

 

逸臣さんの、雪ちゃんに対する視線がいつもすごく優しいこと。

雪ちゃんが会話しやすいように、ゆっくりしゃべったり2択で聞くようにしていること。

そして、雪ちゃんに話す声は、いつもずーっと優しいこと。

この声についての情報は、雪ちゃんにとっては分からないことだけに嬉しさもひとしおって感じがしますよねー。

 

それを聞いて、雪ちゃんは逸臣さんについ甘えてしまう自分の気持ちを、再確認します。

そして、逸臣さんにとって自分は一体どんな存在なんだろう、という気持ちが大きくなる雪ちゃん。

 

と、そこにりんちゃんちのインターホンが鳴り、入ってきたのはなんと逸臣さん!

髪型から察するに、どうやらバイト帰りみたい。

 

りんちゃんが呼んでくれたんですかね。逸臣さんが言ったのかな。

驚く雪ちゃんを置いて、りんちゃんは気をきかせてちょっとおでかけ。

 

おののく雪ちゃんですが、逸臣さんはその手を優しくつかんで、昨日はどうしたのかと聞きます。

雪ちゃんが答えられずにいると、まあいいやって言ってしまうあたりが逸臣さんぽくていいと思う(苦笑)。

 

そして、握った雪ちゃんの手が昨日よりもすべすべしていることに気付いた逸臣さんは、彼女の手を触りまくります(苦笑)。

komaru

犬とか猫とかじゃないんだから、そんなに触ってはイカンよキミ(汗)。

理由は1つ

逸臣さんは、戸惑う雪ちゃんを壁に追いこんで、昨日雪ちゃんが言おうとした「ぜ」の続きを教えてほしい、と言います。

雪ちゃんは、その前に聞いておきたいことが。

 

どうして手話を覚えようと思ったのか、ということ。

確かに、彼は異文化コミュニケーションが大好きな人だから、そういう観点でのことって可能性も高いですもんね。

だとすると、自分で勉強してくれたまえよって思うけど(汗)。

逸臣さんはなんと答えるのでしょう?

 

一方、その頃エマさんは心くんと一緒にカラオケにいました。

しかし、歌う気分ではなくなったとしょんぼり。

 

それを見て、心くんは逸臣さんと何かあったのかと聞きます。

何もないから、へこむのだと答えるエマさん。

 

その彼女を見て、心くんはお店が終わってから呑みに行こうかと誘います。

つき合ってくれる彼に、今日は全部自分がおごると張り切るエマさんは、なんともかわいらしい。

naruhodo

この2人は、なんか腐れ縁っていうかそういう感じなんでしょうかね?

うーむ、逸臣さんにかまわないでくれるならエマさんも嫌いではない、かもしれない…(←ムリなことを言う読者)。

 

ラストは、さっきの雪ちゃんの質問に応える逸臣さん。

どうして手話を覚えるかなんて、雪ちゃんと話したいからに決まってるじゃないかと笑顔で言う逸臣さん。

 

それ以外何があるの?と言いたげな笑顔が、すごく素敵です。

雪ちゃんはそれを見て、胸がいっぱいに。

 

そうして、彼女は〝あの言葉″を告げようと逸臣さんの手を取ります。

それを感じた逸臣さんは一体どうするのでしょう?

というところで、今回はおしまいです。

デザート最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。

どこかでタダで読めないかな~…

 

そんなオイシイハナシを可能にするのが

「U-NEXT」!!

U-NEXTの無料トライアルを使えば、読みたかった漫画の最新刊や最新号が無料で読めることが出来るのです☆

 

無料トライアル登録後に600ポイントがすぐにもらえるため、マンガでも動画でも好きに使うことができます^^

ぜひ1度《U-NEXT》をチェックして見てください!

 

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

もうU-NEXTのお試ししちゃったよ(怒`・ω・´)ムキッ

wanko joy

だったら『music.jp』があるじゃないか!

music.jpもU-NEXTと同じく、電子書籍はもちろんアニメや映画が見れるビデオオンデマンドサービス☆

 

music.jpも無料お試し期間があるので、登録後に600ポイントがすぐもらえマンガや映画など好きに使えますよ♪

▼30日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む30日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

naki

え?どっちもお試し後は料金がかかるよね。なんかヤダなぁ。。。

wanko zen

なるほど。漫画をお得に買える電子書籍サイトなんていかがですか?

動画はいらない、漫画を楽しみたい!

そんな方におススメなのが

『ebookjapan(イーブックジャパン)』 ☆

 

まんが作品数がハンパないebookjapanでは、頻繁に割引サービスやセールがあるので他の電子書籍サイトよりもかなりお得に購入ができます。

 

さらにイーブックジャパンは、初回50%オフクーポンが付き、さらにはpaypayボーナスでありえないほどの還元率になるんです♪

 

この『50%OFFクーポン』の割引上限金額は500円まで。

つまり言い換えれば、1000円分のコミックが半額で購入することができます!

▼今すぐ50%オフクーポンの詳細を確認▼

⇒⇒⇒還元率がすご過ぎる!ebookjapan(イーブックジャパン)のお得なポイント還元の詳細はこちら!

wanko joy

まずは気になるサービスをチェックしてみましょう!

ゆびさきと恋々8話の感想

ラストカットは、もう悶絶ものでしたね!

どうすんだよ!いいのかよ逸臣さん!っていうか雪ちゃん!!

 

そして気になりすぎる次回は、なんてこったい5月です(ムンク)。

コミックスが5/13に発売になるので、その続きから呼んで頂戴って書いてある―――――!!!(ムンク)

 

もー!講談社ー!!(怒)

ま、まぁ仕方がない。

とりあえず落ちつこう。

次回「ゆびさきと恋々」9話は、デザート7月号(5月24日発売)に掲載です!

ゆびさきと恋々9話/3巻ネタバレ!最新話は雪の想いと逸臣の本音

スポンサーリンク