ゆびさきと恋々12話/3巻ネタバレ!逸臣が日本に帰国し…

デザートで人気連載中の「ゆびさきと恋々」12話(デザート10月号/8月24日発売に掲載)のネタバレ・あらすじと感想が気になりますね。

最新話では逸臣が日本に帰ってくるのでしょうか?

音のない世界に生きる女の子・雪ちゃんと世界を旅している男性・逸臣さんの恋のお話。

逸臣さんがまた海外旅行に出るという直前に、彼から付き合おうと言われた雪ちゃんは、夢のような気持ちでお付き合いすることに。

 

この先には「ゆびさきと恋々」12話のネタバレがあります。

ご注意ください!

 

 

 

「ゆびさきと恋々」のネタバレだけでは物足りない!

どこかでタダで読めないかな…というあなたの願いを叶えるのが

☆『U-NEXT』☆

 

U-NEXTなら無料お試し期間中にもらえるポイントを使って「ゆびさきと恋々」最新刊や森下Suu先生の漫画が読めてしまうのです!

またU-NEXTには動画もあり、お試し期間中も見放題で楽しめますよ☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

 

これまでのあらすじや最新話も☆⇒⇒《ゆびさきと恋々》ネタバレ一覧

 

 

▼最新話ネタバレを随時更新しているのでぜひチェックしてください!▼

 

 

『ゆびさきと恋々』ネタバレ一覧
1巻 1話 2話 3話 4話
2巻 5話 6話 7話 8話
3巻 9話 10話 11話 12話
4巻 13話 14話 15話 16話
5巻 17話 18話 19話 20話
6巻 番外編 21話 22話 23話 24話
7巻 25話 26話 27話 28話←NEW

 

 

あわせて読みたい♪

ゆびさきと恋々を全巻無料で読めるか調べてみました!

結果はこちら⇒⇒ゆびさきと恋々をすぐに無料で読める?全巻をお得に読む方法を調査!

 

 

 

前回の話しを見逃した人はこちら↓↓

ゆびさきと恋々11話/3巻ネタバレ!桜志の本音と建て前

ゆびさきと恋々12話ネタバレ!デザート10月号

さっそくデザート10月に掲載されたゆびさきと恋々のあらすじ・ネタバレをどうぞ!

普通

手話の動画を送ってほしいと言い残して、海外に旅立った逸臣さんからは、どうやら頻繫にいまどこで何してるという連絡が届いているみたい。

よかったねぇ。

思いのほかマメな男なのね、逸臣さん。相手が雪ちゃんだからでしょうか。

 

海外旅行先で連絡をくれ続けている逸臣さんのラインを読んでいる雪ちゃんから始まります。

あちこちに移動しながら、途絶えた時にはその期間の分をまとめて報告してくれる逸臣さん。

ミャンマーとかインドとかを旅しているみたいですが、そこここの文化が垣間見れてなんだかこちらも得した気分になりますね。

そしてこの、列車の中で雪ちゃんが逸臣さんからの連絡を縦スクロールで読んでいて、窓の外には見慣れた景色が横に流れていく、という表現がもうすっごくいいと思ったの私だけ?

森下先生のこういう表現、すごく詩的でいいですよねー。

 

1ヶ月くらいがあっという間にたって、雪ちゃんは一緒に海外に行けるようにバイトを探そうと思っているみたいです。
今日はバイトの面接。

何の業種なのかはわからないけど、なんてこったい面接官はマスク姿。

花粉症なのだそうですが、これだと読唇術が使えない。

 

筆談でお願いしますと言って、面接は無事に終わるのだけれど、採用の場合には電話をくれると言う面接官に、「電話では聞こえないのでメールにしてほしい」とは言い出せずに雪ちゃんは帰ってきてしまいます。

komaru

なんていうか、普通の人には「普通のこと」が、私もだけど障害がある人には全然「普通ではないこと」だというのを、いつでもどこでも当然のように主張するって、なんだかできないですよね。

よっぽどでないと「自分の普通はこうなので、そこを配慮してもらえませんか」とは言い難い。

言った後での罪悪感みたいのもあるし。でもこれってすごくおかしなことなんですよね。いいのに、と思ってくれる人もいるとは知ってるけど、そうじゃない人がいることもわかってて、それが怖い。

会える距離

雪ちゃんのそんな気持ちを象徴するように、逸臣さんからのラインを眺め始めた彼女は思います。

今、目の前に現れてくれないかしらと。

 

と、そこにスマホがブブブと震えて、今どこにいるのかと問うライン。

びっくりしている雪ちゃんに、ラインは続きます。

帰ってきたからごはん行かないかと。

 

駅で待ち合わせることにして、やっと会えることに胸を震わせる雪ちゃんが踏切にさしかかると、踏切の向こう側で手を振る人が。

見ると、あんなにも会いたかった逸臣さん。

 

髪が伸びて、なんとなく大人っぽくなってそこで穏やかにほほえんでいます。

嬉しくなって、全開の笑顔で手を振る雪ちゃんですが、この後の行動がまた彼女らしくてとってもいいのです。

スマホをあわててしまって、あふれんばかりの笑顔で両手をブンブン振る雪ちゃん。

なんか、デジャヴ(笑)。

 

逸臣さんはそんな彼女を見て、唇を動かします。

ぎゅーってしていいか、と雪ちゃんには「聞こえた」けれど、少し人通りの少ない場所に移動したら、なんてこったい逸臣さんてばチュッてしよったよ!!きゃー!!(←うるさい)

love

「ぎゅー」じゃなくて「ちゅー」だったのかよ!!(←おばちゃん全力で突っ込む)

 

人生初めてのキスをさらりと経験してしまい、雪ちゃんは大パニック。

naruhodo

母音が同じ言葉って、こういうことになるんじゃね…(遠い目)。

 

しかし、パニックを起こしている雪ちゃんに、逸臣さんはさらっと何を食べようかと聞いてきます。

naruhodo

いやいやいやごはんどころじゃないんだよ雪ちゃんはさあ!!

まぁでも、海外が長かったりするのもあって、逸臣さんにはそんなに大騒ぎすることではないのですな…。慣れて、雪ちゃん。

会わせたい人

和食を食べたいということで、いつだったか二人で来た蕎麦屋さんへ。

そこで、逸臣さんは指文字でオススメを教えてくれて、なおかつさらっと注文もしてくれて、そのことで雪ちゃんがお礼を言うと、何のお礼かと問う逸臣さん。

nico

なんていうか、つくづく大きいひとだなぁって思いますよね。ちょっとしたことはお礼を言われるまでもないことだと考えているのが分かるシーン。

 

二人は指文字で会話をします。

雪ちゃんと自分の力でコミュニケーションを取れるのが嬉しそうな逸臣さん。

おかえりなさいと雪ちゃんが言うと、すごくやさしい表情でただいま、と「言う」。

その表情がまあもうカッコイイの一言。

 

昨日まで世界中を旅していた人が、今自分の前でごはんを食べていることを不思議な気持ちで眺める雪ちゃん。

日本食が美味しいと言う逸臣さんに、嬉しそうに笑う雪ちゃん。

love

もうほっこりが止まらんよ…!

 

食後、ごはんは逸臣さんがおごってくれました。そのことを申し訳ないと思う雪ちゃんは、公園のベンチに移動してから、早くバイトしておごれるように頑張ると言いますが、逸臣さんは焦らなくていいと言います。

 

それよりも大事な話があると、スマホのメッセージで言う逸臣さん。

彼には親友が2人いて、一人は海外にいて、一人はいつだったか酔っぱらって逸臣さんのバイト先に来た心さんなのだそう。

 

あの人か、と戸惑う雪ちゃんですが、逸臣さんは親友である彼に最初に雪ちゃんを紹介したいのだと言います。

その気持ちは嬉しいのだけれど、雪ちゃんはやっぱりちょっと怖くて。

不安

自分の耳が聞こえないと知ったら、心さんはどう思うだろう、と思ったよう。

でも、そこまで言うのはちょっと失礼な気がして口ごもる雪ちゃんに、逸臣さんは言います。

 

怖いならやめといてもいいよと。

でも、これで行かないとなればいつまでも同じところで足踏みしているみたい。

雪ちゃんは笑顔を作って、会わせてくださいと答えます。

 

そんな彼女の気持ちを分かったように、逸臣さんは手を出して言います。

ずっと手をつないで握っているから、雪ちゃんが帰りたいと思ったら手を強く握ってほしい、と。

 

その手を握りながら、自分の世界から飛び出して、逸臣さんの世界に入って行けるような気持ちになる雪ちゃん。

ただ、手がふさがるということは、自分にとって言葉を失うことだという不便さがあることに、逸臣さんが気づかないでいてくれることを祈るような気持ちにもなりました。

 

さて、ラストはたどり着いた心さんのおうち。

部屋から出てきた心さんは、意外にも穏やかな人でした。

こないだのはあくまでも酔っ払いのテンションだったんですね(汗)。

さぁ、彼はどんな人なのでしょう?

というところで、今回はおしまいです。

デザート最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

okoru

漫画を読みたいけど、金欠なんだよ!少しでもお得に読みたいなぁ

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなかコミックまるまる1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『U-NEXT無料お試し登録と貰えるポイントで、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

【U-NEXT】をおすすめする理由が

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600pt(600円分)が貰え、好きな漫画を読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 無料期間内に解約しても料金は発生しない

 

とU-NEXTの初回登録では600ptをすぐに貰え、これだけお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

ぜひ無料トライアル期間が開催されている間にお試しください☆

 

 

ただ無料登録期間が過ぎると、月額料金制のサービスになります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(翌月繰り越し可能)
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 映画や漫画をDLしてスマホやタブレットで持ち運びができる
  • 最新作品が続々配信されるのでレンタルショップに行く必要がなし(アダルト作品もあり〼)

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

うちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

登録後すぐに600ptをもらえ、31日間無料で見放題ビデオや80誌以上の雑誌が読み放題で使えます♪

 

また期間中であれば違約金もかからず解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

登録方法&解約方法は↑で解説しております。

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

 

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

 

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録&お得な割引クーポン付与!解約の必要はありません。

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

ゆびさきと恋々12話の感想

あー、色々よかったなぁという気持ちと、あぁでもな、と複雑な気持ちがごちゃごちゃしちゃいましたが、私だけでしょうか(泣)。

逸臣さんの焦らなくていい、という言葉はすごく的を射ていたと思うけど、雪ちゃんはその真意までは気付かなかったみたいですね。

 

私はずっと障害があって、健康な夫と結婚したので色々通り過ぎてきたことだなって思うんだけれど、彼女はこれからなんですよねぇ。

自分の世界の大きさや、そこを出るということの恐怖。大冒険に出るにはいろんなことを知らなさすぎる自分のことを、ただただコンプレックスに思っているところがあることも、これから自覚するんじゃないかと思うとなんだかもうおばちゃんアワアワしちゃう。

 

逸臣さんが、守りすぎずに守ってくれたらいいなぁ。でも守られすぎても成長できないからほどほどにしてほしいし(←ワガママ)、難しいなぁ。

雪ちゃんの親御さんがどんな人かってのもありますよねー。

 

とにかく、この「心さんとちゃんと知り合う」というお題を雪ちゃんがどう超えるかが楽しみです。

次回、楽しみすぎる…!それなのに来月はお休みだとはどういうことだー!(←うるさい)

 

気になりすぎる『ゆびさきと恋々』第13話は、10/23発売のデザート12月号に掲載です。

ゆびさきと恋々ネタバレ13話/4巻!逸臣は心に雪を紹介すると…