リーガル×ラブ第5話のネタバレと感想!こころちゃんの心情

プチコミック1月号に掲載の「リーガル×ラブ」最新話のネタバレです!

前回は、エロ宮先生の登場でおしくも終わってしまった回でした。

この5話を待ちに待っておりました!

続きはネタバレです。ご注意を!

リーガル×ラブ 前回までのあらすじ

リーガル×ラブ第4話のネタバレと感想!プチコミック12月号

梅宮先生の自宅で看病を受けたこころ。

距離の近さに、より熱が上がりそうなシチュエーション。

 

復帰後の飲み会では「美咲」という気になる名前も出てきて・・・

酔ってしまったエロ宮先生とこれからどうなる?!

リーガル×ラブ 第5話のネタバレ

こころちゃんの歓迎会でしたたかに酔ってしまった梅宮先生。

送るためにタクシーに同乗したこころちゃん。

 

千賀先生が

「酔っ払うとエロ宮になるから気を付けてって言おうと思ったのに…」

という心配はよそに、タクシーは走り出し、梅宮先生はなんだか梅宮先生の顔が近づいてきましたよ!?

 

もう発動してるからエロ宮!どうなるのかこころちゃん!

 

nico

おそらく普通の女子であれば、梅宮先生のお色気ムンムンモードで近付いてきたきれいなお顔を普通に受け止めていたのだと思うのですが、さすがこころちゃん。身持ちが堅い(古風すぎる言い方ですみません)。

 

梅宮先生に酔ってますよねと言いながら身をかわしますが、エロ宮先生は「悪いな 可愛いと思ったらつい手が出た」とほほ笑みとともに言います。

 

酔ってるー!

 

そしてこころちゃんはドキドキしながらも「先生は酔うとこうなるのか」とわりと冷静に分析できているのがスゴイですね。

 

梅宮先生は「俺の家にくるんだろ 泊まる?」と聞いてきますが、普通に拒否するこころちゃんに、梅宮先生は子どものように「なんだよそれ」と言いながら顔をぐりぐり押し付けてきます。

 

「寂しいこと言うなよ…」

 

母性本能をくすぐられてキューンとしちゃうこころちゃん。

 

千賀先生の「美咲ちゃんのことを話したのがよくなかったか…」という言葉を思い出しながら、梅宮先生が泥酔するほどの気持ちになるということは、その美咲さんがとても大事な人だということなのだな、と慮っています。

naki

…こころちゃん、いい子…!(泣)

梅宮先生の自宅にまで送り届けて、笑顔で帰ろうとしたこころちゃんを

「おまえをこのまま帰したくない」

と手を取りエレベーターに乗ります。

 

そして口説くようなことを言う先生に、こころちゃんは〝酔っ払ってるからって…″とだんだん怒りがわいてきたらしく、なんと先生に頭突き!

 

このシーンの梅宮先生の表情とこころちゃんの頭突きに慣れているような動作がおもしろい…!

 

そして「私相手に何を言っているんですか!」と叱咤するこころちゃんに、エロ宮もどこかへ行ってしまいました。

 

部屋へ着いて、スーツ脱いでとっとと寝ろとお母さんのような発言をするこころちゃんですが、ちょっと席を外した隙に梅宮先生ったらまたワイン出してるー!!

 

いさめるこころちゃんに、梅宮先生は俺は明日出勤しないとかぬかして飲み始め、仕方なく付き合うことになったこころちゃん。

 

ソファに半分寝そべるようにして、座ったこころちゃんによりかかる態勢の先生。

「飲みづらくないですか?」と聞くこころちゃんに、「全然 くっついてると落ち着く」と言う先生。

love

…犬が飼い主にお尻をくっつけたりして寝る心理と一緒ではないのか梅宮先生…。そう思うと俄然可愛く見えてくるのが犬好き心理。何でも言ってごらん的な気持ちになってしまいました(笑)。

話題は美咲さんのことに。

 

美咲さんのことを、「今までで1番好きになった女」と話す梅宮先生に、純粋に「すごいですね1番って いいなぁ」と言うこころちゃん。

naki

ここから明かされる彼女のエピソードがなんとも切ないというか不憫というか…。

こころちゃんは自分の猪突猛進型の性格がコンプレックスなんだなぁということやそれで色々悩んでいることが分かったりして、そんな時期は通りすぎてしまった自分を振り返りつつ、でもこころちゃんくらいの年齢って自分もそうだったかもなぁと懐かしくなったりしたオバチャン読者。

そんな変わりたいと思っているこころちゃんに、梅宮先生が意外な言葉をかけます。

 

これまで否定されてきたようなことが多かったのでしょう、心に響く言葉を受けて、泣きそうになってしまうこころちゃん。

naki

この言葉の内容とこの後の梅宮宅での出来事はもう、本誌かコミックスで読んでください!もうオバチャンもこんなこと言われたら涙でPC画面が見えないよ…いろんな意味で。

帰りのタクシーで、色々思い出しながら、パラリーガルとして一人前になることだけを考えようと決意を新たにし、翌日も始業前にファイル整理などを頑張っています。

 

そこへ、昨日出勤しないと言っていた梅宮先生が普通に出勤。

昨夜のことは何も覚えていない様子です。

 

をを、ダメな酒飲みだ…(汗)。

 

そんなやりとりをしているところに千賀先生がやってきて、こころちゃんに仕事を手伝ってくれないかと申し出。

 

梅宮先生が止めるのも聞かずに

「早くパラリーガルとして成長したいんですよっ」

と千賀先生のお手伝いに超前向きなこころちゃん。

 

〝私は 前に進みたい″

 

という心情吐露で今回は終わりです。

リーガル×ラブ 第5話の感想

千賀先生、別の事務所だと思ってたんですけど、お手伝いとかできるんですねぇ。

梅宮先生が止めるのは、ただ上司としての気持ちなのかなーとか、こころちゃんの成長しようと頑張る姿をどう思っているのかなぁと思わされるラストでしたが、どうなんでしょうね?

 

今回は、梅宮先生の過去だけでなく、恋愛や仕事においてもこころちゃんが抱えている悩みが分かったりして、なんだかぐっと登場人物が身近になった感じがします。

 

安先生のキャラクターって、単純そうに見えて実は複雑な悩みを抱えていたりして、それが明かされていく伏線が回収されていくプロセスも作品の魅力ですよねー。

今後の展開が楽しみです!

こころちゃんがんばれ!

スポンサーリンク