花とゆめ15号に掲載された暁のヨナ 第177話です。

第177話は、暁のヨナ 第31巻に収録予定ですよ。

やっと久々にみんなが再会できた前回ですが、ヨナもハクも負傷が激しい状況でしたね( ;∀;)

そんなヨナがハクに...キャーッ☆

気になる続きはネタバレです、ご注意ください!

スポンサーリンク

暁のヨナ 第176話のあらすじ

暁のヨナ 176話/31巻のネタバレ!最新話はやっとそろった仲間たち

暁のヨナ31巻収録まとめはこちらから!

前回は、高華国軍が全面勝利をおさめて、喜びに沸き立つ兵士たちとヨナたちとの心の距離が近くなったことが分かったりしました。

それぞれがそれぞれに美味しいものを食べまくったり、そしてそして、ヨナがハクに告白したりと、なんだかもういろんな嬉しいことが起こりまくりでしたね!

 

ラストシーンの告白の、「きこえた?」がとんでもなくかわいいと思ったのは私だけでしょうか…!

暁のヨナ 第177話のネタバレ

今回は、告白の続きが読めるわけですよ!嬉しい!

と思ったら、今回の冒頭はハクの回想シーン。

 

まだハクがヨナの護衛としてお城に上がる前のお話みたいです。

ムンドクに許嫁のアヤメが泣いていたから慰めてこいと言われたハク。

 

許嫁がいたのか…!と読者はもうこれまでのコミックスを全部ひっくり返したい衝動に駆られましたが、ぐっと堪えて読み進めましょう。

 

どうやら、恋人のサキとケンカしてしまったらしいアヤメちゃん。

「…私 もう将来はハク様と結婚する」と投げやりに言う彼女に、頭を冷やしてちゃんと話しあうようにアドバイスするハクがお兄さんぽくてよい感じ。

 

「ハク様はさ… 好きな人とかいるの?」

アヤメちゃんにそう聞かれて、ハクはなんとも言えない表情をします。

まぁ、相手がヨナだったら答えるのもちょっとね、と思いますわな。

 

アヤメちゃんは、ハクに好きな人がいるなら婚約を解消しなくてはいけないからと気にしていますが、

ハクは「言うなよめんどくせーから」とアヤメちゃんを諌めます。

「言えない相手?片想い?」と、色々鋭いアヤメちゃん。

これに対するハクの本音がなんとも切ないのです…!!(泣)

 

彼の言葉を聞いて、何かを察したのかアヤメちゃんは言います。

「…その人もハク様に 想いを返してくれたらいいのに」

それはない、と断じるハク。

「俺は その人と その人の大事な人が 幸せになってくれたら それでいいよ」

 

まだ幼いハクの、恋心のまっすぐなことよ…!(泣)

これはもう愛ですよねぇ。

 

と、そんな思い出から覚めるハク。

前回のラストシーンにおかえりなさいです。

 

「きこえた?」と聞かれて、目を丸くしているハクがかわいい…。

と、ページをめくるとそこにはフクチに耳を覆われているテジュン様。

 

「え 何か仰いました?」

このシーンの、このテジュン様の空気読めないところとかフクチの機点が利いたところが、もうツボ(笑)。

フクチが考えるに、ヨナが他の男にする愛の告白をそのまま聞いてしまってはテジュン様がおかしくなるということだったみたい。

フクチ、グッジョブ!

 

そのままフクチに引きずられていくテジュン様。

フクチが「お話続けてください」と言い残していったのを、ハクが冷静に復唱します。

 

「お話…続けて下さい…だそうですが」

ををを、ハクってばなんと意地の悪い…!

赤くなってしまうヨナがもう超かわいいです。

「聞こえなかった?」と聞くヨナへの、ハクの返事がまたいいの!素敵!!

まぁ、ヨナがそれを聞いて素直にもう一度言うなんてことはないのだけども(苦笑)。

 

ハクの前にいることがいたたまれなくなったヨナは、天幕の中に戻ります。

すると、中で話がまる聞こえだったみんなが、それぞれの事情と思いやりで普通にヨナを迎え入れるのがなんとも優しくて、読者はもうニヤニヤしちゃいました。

 

ヴォルドが、「ヨナ姫 実は我々 明日の朝には真国へ帰る予定でして」と告げ、ヨナは驚いて彼を見つめ返します。

やっと捕まえたゴビ神官を連行できるとあって、急いでいるみたいですね。

 

コウレン陛下とタオ姫によろしく、と言うヨナに、ジェハが言います。

「火の部族も帰り支度始めてるみたいだし 僕らも帰ろうか 高華国へ」

ただ、問題はその後どこに行くかですよねぇ。

 

火の部族の彩火城に行くと大変な騒ぎになりそうだし、かと言って緋龍城にはもちろん行けない。

しばらく森に隠れていようか、とジェハが言った時。

 

おとなしかったゴビ神官が「四龍は森へ…」と呟きます。

ひぃぃぃぃ、コイツがいないとこでそういう相談してぇぇぇぇ!!!(思わずムンクになる読者)

怖い…!相変わらずキモチワルイ…!!もうほんとこの人は二度と出てこないでほしい…!

 

ヨナも、行き先については考えるところが多いみたいです。

 

翌日。

火の部族が帰り支度で慌ただしくしているところで、アルギラ達が旅立ちます。

しばらくちょっとさびしいですねぇ。

 

馬車を用意しますと張り切るテジュンですが、ヨナはその申し出を断ります。

ユンの行方を確認するヨナに、フクチがすらすらすらと答える状況報告がおもしろい。

 

このシーン、なんていうかまたフクチとテジュンのやりとりがもう、ほっこりするというか笑っちゃうというか(苦笑)。テジュンって、このダメっぽいところがきっと家臣にすごく愛されてるんですよね(苦笑)。

ダメっぽくてなおかつ情にもろいところが、きっと守ってあげたいけれども傷口に塩をすりこむのもおもしろいと思われている(苦笑)。

 

そんなほっこりやりとりは置いておいて、ユンの元に向かう一行。

一生懸命空の部族の医療班に色々と教えてもらっているユン。

 

帰ろうと思って迎えに来たと言うヨナに、躊躇うユン。

「空の部族のね 医療技術が凄いんだ 知らない薬も治療法もいっぱいあるし 聞いたら色々教えてくれて まだ重症者も多いし しばらくここで医術 学びたいんだけど…駄目かな?」

 

ああああ、マジメだ ユンくん…!

と、そこに空の部族の医療班の人が「さっき言ってた薬だけど…」とユンの元にやってきて、一緒にいたヨナとハクにびくっとします。

そりゃあ、一緒に戦ったと分かってはいてもヨナに対する気持ちは複雑ですよねぇ。

 

同じように、ヨナも身体をこわばらせてしまっていました。

父王の暗殺に加担した人が何人もいるはずの空の部族。

フラッシュバックが起こっても仕方ないのに、ヨナはそういう風には自分を守らないんですね。すごいなぁ。

 

けが人の手当てを手伝うと言い出したヨナに、ユンは「怪我人はあんたたちでしょ 安静にって言ったのに!」と叱ります。

離れたところに薬とともに追いやられる2人がおもしろい…(苦笑)。

 

そして、ふとハクはアヤメちゃんを思い出して、何の気なしに彼女の話をします。

あーあーあー、ハク、やっちまったな!(←ちょっと昔のお笑い芸人みたい)

いい気分じゃないですよねー、元とはいえ許嫁の話とかってさぁ!

 

イヤ、ハクらしいといえばそうなんだけれども、そうなんだけれども、読者はもう、オマエさん前回ラストと今回冒頭でヨナに何を言われたのか分かってないのかい!?ええ?!と海賊のお母さんみたいに詰め寄りたい気分になりました…。

love

もー、このシーンのヨナの拗ねた様子が超絶かわいい。そしてそれを確認するハクの様子がもう、おもしろいやらかわいいやら愛おしいやらで大忙しですよ!もう、これまでの長い長い戦の間、ずーーーーっとほっこりから遠ざかっていた読者に対する出血大サービスではなかろうかと思うほどのほっこりシーンです!!!!これはもうほんとすみません、言葉で表現できない…!!!(泣)

次回の超絶ほっこりシーンまで表現力を磨きますので許してください…!!

そんなほっこりしまくりの2人がいる一方で、一生懸命手伝いながら学んでいるユンを見つけて目くじら立てるのは、ジュド将軍。

「おい 何をしている」と声をかけて、もう殺気立ちながら近寄ってきます。

さらりとユンを守るように彼を囲む四龍が超かっこいい…!

 

事情を説明してユンをかばってくれようとする空の部族の医療班の人に、ジュド将軍は厳しく詰め寄ります。

「この者らが誰の一派か解っているのか?!」

うーわ、出たよ将軍のこの頭でっかちが(←言い方)。

 

医療の話を広めるのが悪いとかって、どんだけ心せまいんだよてめーはよ!と思ってしまった読者をお許しください、皆さま。

 

ジェハが「悪かったね 別にここを荒らすつもりはないよ ユン君 行こうか」とユンとその場を去ろうとしますが…。

「構いませんよ」

そんな言葉と共に、ケイシュク参謀が登場します。

一気に空気が変わります。

 

ジュド将軍を諌めて、ユンをそのままにしておこうと言うだけではどう見てもなさそうなケイシュク参謀。

ヨナを危険視しているのは明白な彼が仲間のそばにいるとあってはと、ほっこりしていたヨナ達も急いでユン達の元に駆け寄ります。

 

「私たちはすぐここを去るわ だからどうか…」と言うヨナにかぶせるように、ケイシュク参謀は言います。

「私はただ その少年がここで学びたいというので許可しているだけですよ と言っても負傷兵を国に帰さねばなりませんから 医療部隊もそろそろここを出ますがね」

 

がっかりしながら、引きさがろうとするユンですが、ケイシュク参謀は重ねて言います。

「気になるのなら馬車に乗りますか?医術を教えますよ 我が国の兵を救った礼として」

ぜってー医術を教えますって言ってぶっすりヤるタイプの人ですよね、この人…!

 

「行き先は緋龍城ですが」

ほらああああ!!!

この人、ほんとに何考えてるのかわからん…!!!

断るユンに、さらに言い募るんですよ!もう絶対思ってないでしょ!?みたいなことを。

ヨナもハクも、自分達のまとう空気がピリッとするのを止められません。

 

「あなたの狙いは何?」

まっすぐに訊くヨナに、ケイシュク参謀が言った言葉とは…?というところで、今回はおしまい。

スポンサーリンク

花とゆめコミックの最新刊を無料で読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。

 

そんな人におススメなのが「U-NEXT」!!

U-NEXTの無料トライアルを使えば、花とゆめコミックの最新刊が無料で読めることが出来るのです☆

また少し遅れてですが、花とゆめの電子版の最新号も読むことが出来ますよ☆
U-NEXTの無料トライアルは、

  1. 31日間無料で試せる
  2. 600円分のポイントプレゼント
  3. 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる
  4. 70誌以上の雑誌が読み放題

と無料で試せるのにこんなにお得なんです!!

 

無料トライアル登録後に600ポイントはすぐにもらえるため、マンガでも動画でも好きに使うことができます^^

 

そしてファッション誌やビジネス誌またグルメ誌などの雑誌も読み放題なので、漫画も雑誌も動画もと欲張りさんにはたまりませんよね。

ぜひ1度《U-NEXT》をチェックして見てください!

 

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

 

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

暁のヨナ 第177話の感想

なんていうか、びっくりする。

え、ほんとあなた何考えてんの?みたいな。

 

何なんですかね、空の部族ってみんなこういう感じなの?(汗)

何考えてるのか全然わからない…!

 

イヤ、参謀だからか。そういう人って、何考えてるのか分かりやすいとダメですもんね!(←意味不明な納得の仕方)

 

しかし、このケイシュク参謀はほんとに、どこに本音があるのかマジで分からない…。

今回ラストの発言だって、本音のようで違うようにも聞こえるし…。

 

今回はほっこりと緊張とのバランスがすごかった回でしたねー。

前半のテジュン&フクチとハク&ヨナのほっこりを持ってしてもケイシュク参謀の考えの読めなさの不気味さというか、冷たい感じというかが色濃く残るラストでした。

 

うーん、次回ヨナ達はどうするのだろう。ていうか、どうされるんだろう。

色々謎をはらんで「暁のヨナ」178話は、花とゆめ16号(7/20発売)に続きます。

物語がまた大きく核心に近づいていく予感がしますね。

次号も楽しみです!

暁のヨナ 178話のネタバレ!最新話はヨナの決断【花とゆめ16号】

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

漫画を読むためには、お金を払うのは当然ですよね。

試し読みでは物足りない!

違法ダウンロードなんて怖いし、ヤダ!でもお得に漫画を読みたいな。

 

そんなあなたにおススメな方法がこちら↓↓↓

動画配信サービスの
『無料お試し期間でもらえるポイントで好きな漫画を読む』方法!

 

さまざまなVODサイトでは、初回お試し無料登録でポイントがもらえ、このポイントを使って電子書籍を購入することができるんです!!

U-NEXT無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる。
ポイントでコミック最新刊が読めます♪
さらに見放題動画や70誌以上の雑誌が読み放題!
music.jp30日間のお試し登録時に600円分のポイントでコミックが購入可能!
さらに動画用ポイント1000円分で新作映画も楽しめます☆
FODプレミアムAmazonアカウント利用で1ヶ月無料お試し!
無料期間内で最大1300ポイント(1404円分)をゲットでコミック購入が可能♪
さらに独占見放題作品や雑誌100誌以上が読み放題です。
e-book japanまんがの取り扱いNO1!
無料漫画も多く、毎日キャンペーンや割引セールでお得に購入できます♪
さらにはじめての登録&購入で50%分のポイント還元☆

実際に無料トライアルを試してみましたが、31日間以内に解約すれば一切お金はかかりませんでしたよ☆

しかも購入した漫画はそのまま読めれるんです!

 

気になるサイトをチェックしてみてくださいね☆

本ページの情報は2019年11月時点のものです。 最新の配信状況は【U-NEXT】【music.jp】【FOD】など各サイトにてご確認ください。