ダーリンマニアック7話/2巻のネタバレ! 最新話は林間学校に双子が乱入

「ダーリンマニアック」第7話(2019年11月5日発売・Sho-Comi23号に連載中)を読んだのであらすじ・ネタバレと感想をまとめてみました。

最新話では、つむぎ達1年生の林間学校にまさかの木瀬兄弟が同行する事に!

 

つむぎはクラスの子に言われ、むしゃくしゃしてしまい…。

ここからは「ダーリンマニアック」第7話のネタバレを含みます。

お気をつけください!

スポンサーリンク

ダーリンマニアック 前回までのあらすじ

↓ ↓最新話まで更新中♪↓ ↓

>>《ダーリンマニアック》ネタバレ一覧<<

佐倉つむぎは自分の気持ちをちゃんと伝えて、愛想良くいれるようにと高校の間だけ父の親友の木崎家に居候する事に。

 

木崎兄弟とお互いを知るために1人ずつデートをしたつむぎ。

 

いろいろ知っていた双子もつむぎの知らない顔がありました。

お互いを知り少し前に進めたつむぎ。

 

そして1年生は林間学校。

ですがまさかの双子がバスに乗っていて!?

ネタバレだけじゃ物足りない!

お得に漫画を読むならこちら ↓↓↓↓↓↓

ebookjapanイーブックジャパン 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで実質半額☆
U-NEXT 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆
music.jp 30日間のお試し登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆

スポンサーリンク

ダーリンマニアック第7話のネタバレ!《林間学校》

つむぎは今日から2泊3日の林間合宿です。

ですが父に送るメールに悩んでいました。

 

すると後ろから声が聞こえてきて、その案をもらうことに。

しかしつむぎは何故新と司がいるのか気になり聞きました。

 

新と司は、つむぎのいるところに俺たちがいる、と言うのです。

それを聞いてそんな答えが成立するのかと納得する天然なつむぎ。

 

つむぎはこの合宿でいろいろチャレンジしようと思いました。

もっと人と付き合えるようになりたいと。

 

合宿所に着くと、新は薪割りをし、司はハンモックを組み立てリンゴをむいていました。

女子にも男子にもすごいと言われ大人気でした。

 

つむぎは2人を見習い、野菜を届けるのを申し出ました。

 

ニッコリ笑い、野菜ですと言おうとしました。

が、実際は怖い顔になってしまい、ホレと言って渡しました。

 

しかも挙げ句の果て野菜を落としてしまい、土でドロドロにしてしまうのです。

怖がらせて迷惑かけてばかりなため、洗いに行くことに。

 

洗いながらコミュニケーション能力がヘタだと落ち込んでいると、新と司がやってきました。

司がホースを持ってきて野菜にかけて洗いました。

 

そんな3人を見ていた女子達は、無愛想なつむぎをなんで木瀬兄弟が構うのかと突っかかってきます。

つむぎを庇いましたが、いい子ぶりっ子でキモいと言われました。

 

つむぎはB班に野菜を届けると女子とぶつかってしまいます。

そして女子達に木瀬兄弟と仲良くて調子に乗るなと釘を刺されます。

 

つむぎは悩み眠れずにいると、司に出会いました。

司は大人数で寝るとか無理で、得意じゃないよう。

 

司はつむぎが元気ないのに気づき話を聞きました。

つむぎの悩みに、俺らが守る、それでいいじゃんと言います。

 

ですが、つむぎはこれは自分の問題で自分が乗り越えるべき壁だと言いました。

それを聞いた司は、頑張れと応援してくれるのです。

 

つむぎのしぼんだ心に司の言葉が優しく降り注ぎました。

sekimen

この司がイケメンすぎ!!このシーンはぜひ本誌で➡ebookjapanイーブックジャパン

そこへ見回りの先生がやってきてしまいます。

司はとっさに自分のパーカーの中につむぎを隠しました。

 

無事見つからずにすみましたが、真っ赤のつむぎを見てその顔、と思ったがつむぎ本人は意識していたのではなくただ暑かったと誤魔化します。

 

明日みんなが今日より楽しい日になるように考えよう、とつむぎは思いました。

Sho-Comi☆最新号やコミック最新刊を無料で読む方法

okoru

ネタバレだけでなく漫画で今すぐ読みたいけど、試し読みはページが少なくてイヤだ!

nico

漫画を読みたいけど、少しでもお得にできないかな。。

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなか丸々単行本1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『無料お試し登録とそこで貰えるお試しポイントを賢く使って、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

「VOD(ビデオオンデマンド)サービス)」では動画配信だけでなく電子書籍も取り扱っているので、初回限定のお試し期間にもらえる無料ポイントを使い、好きな漫画や週刊誌・月刊誌が読めてしまいます♪

 

なかでも【U-NEXT】に新規登録をすると、

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画を買って読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える

とお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

 

 

本当に無料なの?…とご心配いりません^^

  • 登録日より31日間は無料
  • お試し期間中の解約しても解約金はない
  • Webで簡単に解約できる

と安心してU-NEXTを試してみることが可能なんです!

 

 

もしも無料登録期間が過ぎると、月額制のサービスなので月額料金がかかります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(1200円分)
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 最新レンタル作品が続々入荷配信

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

またうちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録でき、さらにお得な割引クーポンを逃さないで☆

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

ダーリンマニアック7話の感想

つむぎが大好きな新と司は、案の定つむぎにべったりしていました。

クラスの女子がつむぎや友達に悪口を言ったとは、ある意味女子らしいなと思いました。

 

友達のみなの事を悪く言われ悩むつむぎは、やっぱり優しいなと思います。

眠れなかったつむぎと司が出会い、話していた所先生に見つかりそうになった時、隠れるのが学校行事らしく青春みたいでよかったです。

 

つむぎをいつまでも守るのが俺たちの役目といった司に、これは自分の問題だからといい考える姿が逞しく、かっこよく見えました。

 

隠れた時ドキドキしていたのか、そうじゃないのか、微妙な感じだったのでつむぎが少しでもドキドキしていたら面白いなと思いました。

ダーリンマニアック第8話の予想

林間学校2日目の朝から始ます。

つむぎと友達みなは一緒に過ごしています。

 

すると昨日突っかかってきた女子が嫌がらせをしてくるのです。

その頃新と司は別行動をしていて、つむぎは誰も頼る人がいません。

 

つむぎは勇気を振り絞って、女子立ち向かいます。

そんなつむぎをみて新と司が間に入り…

という展開でしょうか?

 

次回のダーリンマニアック8話は、2019年11月20日発売のSho-Comi24号に掲載されます。

スポンサーリンク