ウォッシュミーハグミー ネタバレ!ろびこ読み切りデザート11月号

デザート11月号に掲載された『Wash me Hug me!』をさっそく読んだのでネタバレ・あらすじと感想をご紹介します!

『僕と君の大切な話』のろびこ先生の読み切り作品。

コインランドリーから始まる物語なのですが、これがもうすんごくよかったのでお伝えします…!(拳)

 

このさきは「Wash me Hug me!(ウォッシュミーハグミー)」のネタバレを含みます。

続きにご注意ください!

 

 

この先は「Wash me Hug me!(ウォッシュミーハグミー)」のネタバレになりますが、『U-NEXT』ならろびこ先生の漫画を文字だけでなく最新話や最新刊もすぐに読めますよ♪

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

スポンサーリンク

Wash me Hug me(ウォッシュミーハグミー)ネタバレ

コインランドリー

ある日、コインランドリーに洗濯物を持ってきた女の子・ミカゲちゃんは、漫画雑誌を読みふける超進学校に通う男子高生と出会います。

 

初日は、少年漫画雑誌を一気読みしている様子で、なぜこんなところにこんな超進学校の生徒が、と思っただけで声はかけず、用事を済ませて帰ったミカゲちゃんですが、翌日の夜も洗濯物を持っていくと、そこにはフツーに彼の姿が。

しかも、今度は少女まんが雑誌を一気読みしています。

 

今日は少女まんが?と思いながら、とりあえず洗濯を始めて、休憩スペースでのんびりしていたミカゲちゃんですが、なんと隣に座ったその男子高生が号泣し始めました。

どうしたどうしたと思いながら、そろっと声をかけてみるミカゲちゃん。

 

そんなにおもしろいの?と尋ねたら、泣いているくせに「さあ」とか答えてしまうこの少年、いいと思う(苦笑)。

聞けば、漫画というものを読んだのは昨日が初めてだったそう。

komaru

…そんな人生を送る人がいるとは、人の噂では聞いたことがあったけれども…!(ムンク)

 

と、自分はここにいて大丈夫だろうか、と彼。

人生には小休止も必要じゃないの、と急に大きなテーマで答えだしたミカゲちゃんですが、コインランドリーの利用者でもないのに漫画を読むという利用の仕方をしていていいのだろうか、と真面目に言う彼。

naki

…なんていい子…!

人生の寄り道

ところで、とミカゲちゃんがここで漫画を読んでいる理由を問うと、彼は「自分の生き方に一石を投じるため」と大きな答えをしました(汗)。

 

聞けば、彼はこれまで〝ポテトサラダにりんごが入っているのは好きじゃない“ということすらも言い出せないままに、親が言うことを聞いて生きてきてしまったそう。

 

そして今日、雨に降られてコインランドリーの軒先で雨宿りをしている時、ふと視界に入ってきたのが店内にある漫画雑誌たち。

ふと、このままでいいのだろうかと思った彼は、〝ここの漫画雑誌を全部読むまで塾をサボる!“と決意したのだそう。

 

つまり、言われるままに勉強している日々にむしゃくしゃっときてちょっと寄り道をしている、ということで。

 

それを聞いたミカゲちゃんは大笑い。

すごくいいじゃない、と笑う彼女に、彼・藤堂くんは、ちょっとまんざらでもない表情です。

 

と、洗濯が終わった頃合いで、彼も親が迎えに来るからと塾に向かうことに。

ミカゲちゃんは、そんな彼に言います。

 

自分の家の洗濯機が直るまでに10日間かかるから、明日もここに来なよと。

自分と一緒なら「利用者」として漫画を読めるよ、と。

藤堂くんは素直にお礼を言って帰っていき、翌日またここで会うことになったのでした。

話し方

翌日は、ミカゲちゃんから色々聞いて、二人はお互いの年齢や兄弟のこととかを教えあいます。

love

このシーンの何気ないところから情報を得ていくというプロセスが、もうろびこ先生の素晴らしいところ。

そうだそうだ、こうやって自然にお互いのことを知っていくのだなぁと思うとなんかニヨニヨしちゃいますよねー♡

 

ミカゲちゃんは19歳。

大人でも子どもでもない素晴らしい年齢でしょ、と胸を張りますが、どうやらフリーターらしいと思った藤堂くんは、進学しようと思わなかったのかと問います。

 

それに対して、つまらない質問だねと言いながら、ぐいと彼の肩を押して漫画読みなよーと言います。話しかけたの自分のくせに(苦笑)。

そんなミカゲちゃんの様子を見て、藤堂くんがミカゲさんは下に兄弟がいるでしょう、と聞きます。

なぜなら、最初から年上然として話しかけてきたし、命令し慣れているように見えるから。

naruhodo

すげーな頭いい子!見るとこが違う!

 

正解、と笑ってから妹と弟がいると明かし、画像を見るかとスマホを出すミカゲちゃんの表情がものすごくいいんですよ…!

nico

惚れてしまう…!

 

ふと距離が縮まった瞬間に、ミカゲちゃんが藤堂くんの顔が整っていることに気づきました。

おねーさんの悪いところで、つい髪の毛かきあげて顔をよく見せろみたいなことをやってしまうのよねー(苦笑)。

 

髪の毛切ったらモテるんじゃないかとミカゲちゃんは無邪気に言い、女子に免疫があまりなさそうな藤堂くんは真っ赤(ニヨニヨ)。

 

その反応に、なんかかわいい、とキュンときちゃうミカゲちゃんはもっとかわいいぜ…!(←どんなテンション)

告白

翌日。

またコインランドリーでおしゃべりする二人ですが、どうやら今日の話題は漫画で使われている技法についてミカゲちゃんが講義中。

なんか、へぇって思っちゃいましたが、彼女が今話したものは小学校でやったはずのものだとか。

naruhodo

…透明水彩とかって、今の時代はやるのかしら?オバちゃんさっぱり思い出せないんだけど(汗)。

 

ミカゲちゃんが、藤堂くんが漫画を読むスピードが遅いことを指摘します。

同じ雑誌を今日も読んでいたらしく、そんなことではちゃんとサボれないじゃないかと言うミカゲちゃんに、藤堂くんはミカゲちゃんと話してばっかりだったから、と弁解。

 

それが、「ミカゲさんと話すのが楽しくて好きだ」と言っていると解釈したミカゲちゃん。

2歳上の余裕でからかいますが、かわいい藤堂くんはもう真っ赤っかになってテレまくっています。

 

そして、どこまでも正直にミカゲちゃんと話すのはとても楽しいことと、ミカゲちゃんのことがもう好きだ、と打ち明けてしまいます(きゃー!)

 

これにはさすがにミカゲちゃんも大声でからかい半分に答えながら、結局は自分もけっこう好きだと雑誌で顔を隠しながら答えます。

love

このやりとりがもうとんでもなくかわいい。

ろびこ先生、ほんとこういうシーンをかわいく描くの上手ですよね…!

 

お互い好きならば、付き合おうかと藤堂くんは言いかけますが、ミカゲちゃんは早まるなと彼を止めます。

何しろ藤堂くんは高校生、自分は今、何者でもない状態だから恋愛には時期尚早なのだと。

それを聞いて、どういう理由だとツッコむ藤堂くん、いいと思う(笑)。

現実の自分

また翌日。

大きなバッグを抱えて、昨日の藤堂くんを反芻しながら出かけようとしているミカゲちゃん。

もうすっかり恋する女子じゃないか…!

と、そんな彼女にお母さんが呼びかけました。

 

それによると、ミカゲちゃんは「あかりちゃん」というのが下の名前だそう。

苗字で呼び合ってるのか、と思うとさらになんだかかわいいですよねー(ほっこり)。

 

画材代を渡されて、予備校代が高いのだからしっかり勉強するように言われるミカゲちゃん。

その背中は、何とも言えない雰囲気です。

 

そこで美術予備校では、自分の実力を信じることができていないように見えるシーンが続きます。

komaru

予備校といえども、厳しい世界らしいですね、美術系の大学って。

友人が通って、1浪か2浪したんですが、その間はなかなか苦しそうでしたもん。

 

その夜。

いつものように、洗濯物を抱えてコインランドリーに行くと、そこにはもう藤堂くんが来ていました。

 

早いねと声をかけると、彼は一言親にバレたと言います。

塾から連絡が行ってしまったようで、さっきからずーーーーーっと電話が鳴りっぱなしらしいです(汗)。

 

明日からは来られないと思う、と言う彼の顔を見つめて、今日で終わりか、とぼんやりと思うミカゲちゃんは、彼に本当のことを打ち明けます。

 

自分は今、美術系の予備校に通っていること。

だけど全然成果が出てなくて、全然ダメなこと。

あまりにダメすぎて、自分はこんなところで何をしてるのだろうとボーゼンとしてしまってて。

 

だから、藤堂くんのドロップアウトに付き合えて、気持ちがよかったとどこか泣きそうな笑顔を浮かべます。

それを見た藤堂くんは、これからどこかに行こうと提案します。

 

これが最後になるのだし、ミカゲちゃんが言った「人生においては小休止が必要」だというのは、このタイミングなのではないか、と。

それを受けて、ミカゲちゃんは笑顔で言います。夜遊びしちゃおうと。

大人の遊び?

洗濯物に入っていた弟くんの服を一式借りて、試着してみた藤堂くんを見てミカゲちゃんは大爆笑です。

弟の服なので、なんだかなおさら年下感というか弟感が強まると呟いた彼女に、藤堂くんは焦ったように言います。

せっかくだからちゃんと男として見てほしい、と。

もーなんでしょうかこの子のかわいさといったら。

 

最後だし思い切り遊ぼうと、彼を連れ出すミカゲちゃんの表情がまたいいのです。

 

そして二人は、夜のファミレスに行ったり、ゲームセンターに行ったりカラオケに行ったり。

夜の街なので警察に補導されないように隠れたり。

love

こういう時間の経過を表現するのも、ろびこ先生はほんとに上手で、すごくいいですよねぇ。

もうほのぼのしながらうっとりですよ。

 

ひとしきり遊んで、気がつけばもう午前0時を過ぎていて。

藤堂くんのスマホには着信が39件も(汗)。

しかし彼は、今はミカゲさんとの時間が大切だときっぱり。

そして、思っていたよりも健全な遊び方をする人で良かったと笑います。

 

それを聞いて、じゃああんなところに行ってみる?とミカゲちゃんが指示したのは、ラブホ。

komaru

ぎゃー!この年でラブホか!早くないか!?

と、おばちゃんがムンクになっている間に、藤堂くんは真っ赤になりながらヤバイでしょと言いまくっている(苦笑)。

 

ついてきたのなら腹をくくれと言い放つミカゲちゃんですが、彼女もそんなに慣れていない様子です。

イヤだったかと自信がなさそうに聞いて、藤堂くんの反応を見ているのがなんともかわいい。

 

藤堂くんは嫌なわけがない、とちょっとおずおず、だけどきっぱりと答えて、二人は唇を寄せ合います…

本気で向き合おう

そして、その行為に及ぼうとするのだけど、ミカゲちゃんの頭の中は意外過ぎるほど冷静。

こんなところで何をしているのだろう、といつも感じていることを再び感じます。

 

でも、藤堂くんはかわいいし、もう少し一緒にいたいし、もう逃げてしまってもいいのではないか、と思うミカゲちゃん。

きっと、いつも「ここじゃないどこか」を探していたんでしょうね。

 

その場所にたどり着いたと思ったけれど…。

ミカゲちゃんが、初めてだし、この行為や男性の欲求はよく分からないと言った様子を見て、

 

藤堂くんはいったん中止を宣言。

とりあえず処理をして、ミカゲちゃんの前に戻ってきた彼は言います。

 

ミカゲちゃんも自分も、苦しくても絵や勉強を続けてきたのは、やめたくない何かがあったからではないのか、と。

それが何なのかは今の自分には分からないけれど、もしよかったら一緒に本気で向き合ってみよう、と。

 

そして、その上で自分のことも本気で見てほしい、とちゃんと付け加えるのが藤堂くんらしい(苦笑)。

ミカゲちゃんからの、ある冗談には思わずキョドってしまうのだけれど、このシーンの藤堂くんは堂々としていて、なんとも男らしくてかっこいい。

 

そんなちょっとキョドりながらもかっこいい彼に、ミカゲちゃんは笑顔を向けます。

こういう時は、黙ってハグしてくれたらいいんだ、と。

 

翌日は、早朝から予備校に言っているミカゲちゃん。

二人の未来を感じさせるラインのやり取りで…

スポンサーリンク

デザート最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

マンガを安く買いたい!

この漫画だけでいいから無料で読みたい!

そんなあなたにおススメなのがこちら♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ebookjapanイーブックジャパンで読む 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで最新刊も実質半額☆
ポイント還元、まとめ買いやセット購入がお得。
無料マンガも豊富。
U-NEXTで読む 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
ポイントを使って好きな漫画が無料ですぐに読める☆
継続で毎月1200円分のポイント付与。
music.jpで読む 30日間のお試し登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆
FODプレミアムで読む 2週間無料トライアル期間中もポイントがもらえる。
ポイントで実質1~2冊が無料で読める。
電子書籍購入で20%のポイント還元付き。

>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がお得すぎる5つのポイント!

 

動画配信サービスは月額制ですが、その良さを知ってもらおうと初回利用が無料な上にポイントサービスまで!

最新刊を1冊無料で読みたい…という場合には、U-NEXTがおすすめです。

naruhodo

無料お試し後も利用料金並みのポイント付与に最大40%のポイント還元!

また4人までアカウントを共有できるので家族や友人と使えば1人ワンコインで利用可能です♪

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

Wash me Hug me(ウォッシュミーハグミー)の感想

しかし最後のラインのやりとりがなんとも、なんていうかオシャレ!

ろびこ先生、ほんとにうますぎる…!と思わず悶絶してしまうような終わり方でした。

 

あー、読みきりなんて信じられないおもしろさでした。

ていうか、これは読みきりにしてしまうのかしら?後日談みたいな感じでこの二人の子どもが主人公のお話とかあったらいいのに。

 

ろびこ先生らしい、あったかくて読者の背中をそっと押してくれるようなお話でしたねー。

そうそう、人生には小休止が必要なんじゃよ…。

ミカゲちゃんも、これまでにはあまりいなかった感じのキャラクターだったし、藤堂くんは一瞬東くんかなって思いますが、東くんみたいにひねくれてないのがまた魅力的。

イヤ、東くんは東くんで、毒を吐くのがとんでもなく素敵なのだけれども。

 

ろびこ先生の次回作っていつなんでしょうねぇ。

また早く作品が読めますように!

スポンサーリンク

スポンサーリンク