落ちぶれ女王と下剋上王子 第2話のネタバレ!プチコミック3月号・川瀬あや

落ちぶれ女王と下剋上王子 第2話のネタバレ&感想をまとめました。

プチコミック3月号の川瀬あや先生の連載、第2話目になります。

お金持ちだったけど超ビンボーになってしまったエリカさん。

可愛さ余って、むかし下僕にしちゃっていた小太郎との再会で立場が大逆転!

気になる続きはネタバレです!

落ちぶれ女王と下剋上王子 前回のあらすじ

落ちぶれ女王と下剋上王子 1巻/第1話のネタバレ!プチコミック2月号

前回は、元お金持ちの主人公、藤井エリカさんが、14年前に下僕として従えていた中条小太郎くんと再会してみたら、かわいかった小太郎くんは自分への復讐の鬼と化していた、というところで衝撃のラストを迎えました。

すっかり美しく逞しくなった小太郎くんと、幼い頃の穏やかな小太郎くんとのギャップがすごかった…。

 

そしてエリカさんの子どもの頃との性格の変わらなさよ…。

よくスレもせずにまっすぐお育ちになられて…と思うような過去を生きてきた彼女。

下僕にしていた小太郎くんに下僕にされる、という屈辱にもよく耐えているようです。

今回はどうなるのでしょう?

 

どうしても川瀬先生の絵付きでマンガを読みたい!

そんな人に朗報☆

U-NEXTの無料お試し登録で、プチコミック最新号が読めるんです♪

U-NEXTで「落ちぶれ女王と下剋上王子」を無料で読む

落ちぶれ女王と下剋上王子 第2話のネタバレ!

下僕(専属秘書)となった彼女が、会社の部下達にさらっと紹介されながらの登場。

「今まで秘書なんていなかったのに…」

「替わってほしい~」

そんな声を受けながら社長室へ消えてゆく二人。

 

これまで秘書ナシでやってきていたとは、小太郎くんは自分でスケジュール管理から細かいところまで把握していたってことですよね。

相当の努力家とお見受けします。

 

そして、替わってほしいと部下が思うくらいだから、人望もそれなりにあるみたい。

前回ではただのオレ様セレブかと思いましたが、そうでもない様子。

 

がしかし。

「おい下僕 炭酸水買ってこい ただし天然のやつな」

二人になるとこのとおり。

 

エリカさんは下僕よろしく、荷物もちから肘かけにされたりとこき使われている様子。

 

水くらい自分で買ってこいと思いますが、社長ってそんなものなの…?庶民わからない…。

 

エリカさんは、それもこれも自分がやってきたことだと思っているようですが、伝えておきたいことがあるようです。

「あの…小太郎 14年前のこと怒ってる?」と切り出します。

「でもあれは素直になれなかっただけで 本当は小太郎のことが―」

 

「小太郎だぁ?」

頬を赤らめて大事なことを言おうとするエリカさんに、暗い声で小太郎くんは言うのです。

 

「社長もしくはご主人様と呼べって言ってんだろ あと敬語使え」

表情が怖い怖い!!

 

「んなくだらないこと言ってるヒマがあるなら こっちのデータ入力もできるよな?」

そう言って、彼はものすごい書類の山にポンと手を置きます。

「終わるまで帰るなよ」

 

えええええええーーーー!!これ一人でやるの?!1枚1行とかじゃないよね?!(思わず叫ぶ読者)

 

とっぷりと夜も更けた頃、ようやく帰宅したエリカさんを待っているのは、家賃1万2千円・トイレ共同・風呂ナシのふるーいアパート。

こんな日はお風呂に入ってぐっすり寝たかろうに…。お風呂は外なのね…。

 

ぐったりしながら、両親からの写真と手紙を眺めるエリカさん。

〝仕事はキツイけれど、正社員だし借金返済のためにも頑張らなきゃ″

 

これまではどうしても派遣のお仕事だったこともあって、下僕でも正社員は福利厚生とかの待遇は心強いものだったのでしょうね。

 

「それにしても小太郎のやつ なんであんなひねくれちゃったんだろ 昔は天使だったのに」

そんな呟きとともに、昔を思い出すエリカさん。

 

お金持ちだらけの学園で、奨学生だった小太郎くんはひどい嫌がらせに遭っていたようです。

ゴミが靴箱に入っているなんて日常茶飯事。

 

自分とは正反対の穏やかで優しくて、頭もよくて真面目で努力家という小太郎少年に、エリカ少女は憧れていたのに、ねぇ…。

 

どうしてそんなにヒドイことしちゃったのかねキミは…と読者はついお説教したくなってしまいますが。

 

エリカさんも、〝あれ?そんな人怒らすなんてどんだけジャイアンだったんだ私は″とはたと思ったよう。今更―!!(ついツッコむ)

あの優しい小太郎少年は、今の小太郎くんの中にはいないのでしょうかね…。

 

そんな思いはありつつも、働き始めて1週間たつ頃には、エリカさんは秘書として小太郎くんの仕事を先回りして資料を作っておくなどだいぶ慣れてきたようです。

やりがいもあって楽しいみたい。よかったですねぇ。

 

しかし、そんなエリカさんに小太郎くんはおもしろくない様子。

「今までは派遣かバイトだったから こんなふうに重要な仕事任せてもらったことなくて…だからその…小太…社長には感謝してます」

 

そう言う、エリカさんの嬉しそうな表情を驚いた表情で見つめて、「そうか この程度の仕返しじゃ生ぬるいみたいだな」と言うや、エリカさんをソファに押し倒します!

 

ぎゃー!!すげーセクハラ――――ッ!!!(思わず叫ぶ読者)

 

驚いて小太郎くんを見上げるエリカさんに、

「そういや昔 おまえに無理やり女装させられたことあったよな 人を辱めて喜ぶなんて ずいぶんいい趣味じゃないか」

 

そう言う小太郎くんの表情は、おもしろがっているような感じがします。

でも、読者の目にはそんなに冷たくは見えないのは気のせいでしょうか、願望でしょうか(苦笑)。

 

思わず、悪気なく弁解してしまったエリカさんの言う内容がまたよくなかった…!

「そんなつもりはなかったが 気が変わった」と言って、小太郎くんはエリカさんを抑えつけてキスの嵐を降らせるのです!

 

ぎゃーやめてーブラック企業――ッ!!

このままどうなってしまうのか、と読者がハラハラし始める頃、エリカさんはやってくれました。

 

なんと、おなかを盛大に鳴らしたのです!!

すげぇ防衛方法!!萎える!!!(爆笑)

お給料日前で3日間くらいまともに食事をしていないそう(泣)。

 

それを聞いて、小太郎くんは「道端の雑草食われて寝込まれたら困るからな」とごはんを奢ります。神!!

なんだかんだで、いいコンビだなぁと思うんですがねぇ。もういいじゃん、復讐とか(←オイ)。

 

その後も、仕事を褒められるようになってきたエリカさん。

ある日、接待に同行するように小太郎くんに言われます。

N産業という、元は財閥の流れを汲むという御家柄の企業との取引をお願いしているようですが、小太郎くんはこの企業が大嫌いらしいです(笑)。

 

車中での、「くれぐれも失礼のないようにしろよ」とエリカさんに釘をさしつつも、自分はメッタメタに悪口を言う小太郎くんの様子がおもしろい。

 

会食中も、その企業の常務とやらは仕事の話など聞きやせずに、小太郎くんの経歴を持ちだしたりして、エリカさんはもう辛抱タマラン感じになっています。

 

常務が席を外した途端に「何あれ!!感じ悪!!」と叫ぶエリカさんは、本当に子どもの頃と変わっていないんですね…(苦笑)。

小太郎くんも「飛び蹴りかますなよ」と釘をさし、「するわけないでしょ!」と食ってかかられても嬉しそうに「どうだか」と笑っています。

 

…この笑顔!!まぶしすぎる…!!絶対好きだろオマエ!と指をさして言いたい…!

 

タバコを吸ってくると席を外した常務が、ライターを忘れていったことに気付いたエリカさんが届けようと部屋を出ると、彼が誰かと電話しているのが聞こえてきました。

「中条と契約?まさか 卑しい成り上がりなんかと仕事ができるはずないだろう」

 

頭を殴られたような表情を浮かべるエリカさん。

思わず常務を呼びとめて、頭を下げます。

「きちんと仕事を見て判断していただけませんか」と。

 

しかし、常務はなおも小太郎くんを否定するような言葉を吐き続け、ついにエリカさんは叫んでしまいます。

「社長を侮辱するのはやめてください!」

 

いい社員…!!

人使いは荒いけれど、自分はその数倍働いている小太郎くんをそばで見ているエリカさんとしては許せなかったのでしょう。

 

そこへ、小太郎くんが「何の騒ぎだ」と登場。

小太郎くんが何か失礼があったか、と聞くと、なんと常務は言いやがります。

「そこの彼女をクビにするなら 今回の取引で考えてやらんこともない」

 

卑怯すぎ――――!!(IKKO風味)

 

しかし、小太郎くんは承諾しようとしたエリカさんを抑えて言い放ちます。

「結構です あなたの替わりは掃いて捨てるほどいるが エリカに替わりはいませんから」

 

かっこいい―――!!!(ついに鼻血)

そしてカッとした常務への切り返しがまたお見事…!!気持ちいいです!うますぎる!!

 

帰り道に、契約を台無しにしてしまったことを詫びるエリカさんに、小太郎くんはデコピン。

「あんなことはな 散々言われ慣れてんだよ それを何勝手に辞めようとしてるんだ?」

 

さらにダメ押しの言葉がもう、嬉しすぎて読者の方が泣いてしまいそうです…!

 

小太郎くんが、幼い頃からずっと一人で戦っているように見えていたエリカさんは、言います。

「小太郎は私が選んだ たった一人の下僕だったんだから もっと自信持ちなさいよね!」

 

〝あの頃から 小太郎だけが私の特別なんだから″

 

これを言う時のエリカさんの表情が、まっすぐでとってもかわいくてカッコイイ!川瀬先生の描く女性って、こういう芯の強い表情、ほんとにいいですよねー!

 

小太郎くんも、驚いた表情で見つめてから「小太郎って言うな 社長と呼べ」とごまかしますが、照れたように言います。

「…でもありがとな」

 

そしてエリカさんは、自分の気持ちを再確認するのです。

そんなほっこりするシーンで、今回は幕。

プチコミック最新号やプチコミコミック最新刊を無料で読む方法

okoru

ネタバレだけでなく漫画で今すぐ読みたいけど、試し読みはページが少なくてイヤだ!

nico

漫画を読みたいけど、少しでもお得にできないかな。。

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなか丸々単行本1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『無料お試し登録とそこで貰えるお試しポイントを賢く使って、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

「VOD(ビデオオンデマンド)サービス)」では動画配信だけでなく電子書籍も取り扱っているので、初回限定のお試し期間にもらえる無料ポイントを使い、好きな漫画や週刊誌・月刊誌が読めてしまいます♪

 

なかでも【U-NEXT】に新規登録をすると、

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画を買って読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える

とお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

 

 

本当に無料なの?…とご心配いりません^^

  • 登録日より31日間は無料
  • お試し期間中の解約しても解約金はない
  • Webで簡単に解約できる

と安心してU-NEXTを試してみることが可能なんです!

 

 

もしも無料登録期間が過ぎると、月額制のサービスなので月額料金がかかります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(1200円分)
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 最新レンタル作品が続々入荷配信

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

またうちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録でき、さらにお得な割引クーポンを逃さないで☆

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

落ちぶれ女王と下剋上王子 第2話の感想

それにしても、どんな時にでもちゃんとお礼を言えるって、偉いよねぇ(しみじみ)。

そしてどんな相手にも、大事な人のことを侮辱しないでって言えるのってすごい。

 

日本の社会って、なんか卑屈になってナンボみたいなところがあるけれど、あれってよくないと思うオバチャン読者。

 

今回は、色々スカッとしましたわー。

 

なんとこちらの作品は来月号で最終回らしいのです!残念―――!

次回はどんな展開で幕となるのでしょうね。下剋上は果たされるのか、そんなことはどうでもよくなるのか。

 

落ちぶれ女王と下剋上王子の最終回は、プチコミック4月号(3月8日発売)に掲載されます。

川瀬先生らしいラストを楽しみにしています!

スポンサーリンク