くにはちぶ28話/8巻のネタバレ!最新話はかざりの本心とたんぽぽの願い

「くにはちぶ」最新話・28話(少年マガジンエッジ12月号・2019年11月15日発売に掲載)を読んだのでネタバレ・あらすじと感想をご紹介します!

最新話・28話では、ついにかざりの本心が!

 

かざりの抱えている気持ちを知ったたんぽぽとあざみは・・・!?

それではここから「くにはちぶ」最新話のネタバレと感想です。

続きにご注意ください!

スポンサーリンク

くにはちぶ前回までのあらすじ

↓ ↓最新話まで更新中♪↓ ↓

>>《くにはちぶ》これまでのネタバレ一覧<<

殺されそうな状況の中、かざりのことが敵でも味方でもなく無関係だとたんぽぽは言います。

たんぽぽが言う敵とは『くにはちぶ』という法律そのものでした。

 

しかし、自分のためにあざみを傷つけようとするかざりのことは許せない。

そう思うたんぽぽは、かざりにある言葉を投げかけるのでした。

ネタバレだけじゃ物足りない!

お得に漫画を読むならこちら ↓↓↓↓↓↓

ebookjapanイーブックジャパン 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで実質半額☆
U-NEXT 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆
music.jp 30日間のお試し登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆

スポンサーリンク

くにはちぶ 最新話28話のネタバレ

かざりの帰りをまつ母。

部屋にかざりからの手紙が置いてあることに気がつきます。

 

手紙にはこう書かれていました。

 

「ごめんなさい」

「お父様を死なせてしまって」

 

一方、かざりに刃物を突き付けられるたんぽぽ。

あざみを使い、自分の正しさを肯定しようとするかざりに質問します。

 

誰かのためならこんなことをするの?

かざりは何も言わず聞いています。

 

自分が正しいと肯定してほしいのは、死なせてしまったことを後悔しているから。

後悔しているなら同じことをするのはやめて。

そのようにたんぽぽは言いました。

 

かざりの手紙を読む母。

父を刺して母に罪をかぶせてしまったこと。

 

父を死なせてしまったこと。

それを後悔しているかもしれない。

 

でも、大切な人を守るためなら。

そんな自分と同じ人を見つけた。

手紙はそのようなことが書かれています。

 

母を守るために人を刺したことが正しくないとしたら、

生きてきた意味がないとかざりは思っていました。

 

娘の想いを知った母はかざりに電話をかけます。

私が死に至らしめたのは実の父親。

 

たんぽぽに事実を伝えるかざり。

たんぽぽとあざみは驚きます。

 

父は母を美しくすると言って乱暴をしていた。

それを止める者もいなかった。

 

父のやっていたことを再現するように、かざりはたんぽぽに襲い掛かります。

あざみが何とか止めに入り、刃物を奪いました。

それと同時に立ち上がるたんぽぽ。

 

私を無視するなと叫びます。

そして、かざりに問いかけました。

本当はやりたくなかったんじゃないの?

 

かざりの母はかざりの電話を鳴らし続けます。

かざり・・・かざりと名前を呼びながら不安で震える母。

 

手紙と一緒に入っていたのは笑顔のかざりと母。

そして、父の姿も・・・。

 

座り込み黙ってしまうかざり。

そこに警察がやってきます。

 

たんぽぽが頭にけがをしていたのでおろおろするあざみ。

すぐに手当てに向かいます。

 

かざりは昔を思い出していました。

もし、「やめて」と父に言えていたら・・・。

 

たんぽぽに近づいたかざり。

後ろから抱きつき、そのまま後ろへと下がります。

 

もうやめて・・・

あざみはかざりを止めようとします。

 

母を助けたことを後悔はしていない。

泣きながら本心を伝えるかざり。

 

かざりは間違っていない。

あざみはそう答えます。

 

かざりのケータイの着信が鳴り続ける中、

かざりはありがとうとあざみに言いました。

そして、ごめんねとさようならを言って後ろに飛びます。

 

ビルの駐車場の上から身を投げ出したかざり。

たんぽぽも道連れです。

 

こうすればあざみはたんぽぽを助ける。

かざりはそう考えていました。

 

そこに手を差し伸べたのは、一緒に落ちたたんぽぽ。

驚きながらもかざりはその手を振り払います。

 

たんぽぽは警察の手によって間一髪助けられました。

しかし、かざりはビルの下へ・・・。

そこに飛び出したのは・・・?

最新刊コミックを無料で読む!お得に読む方法!!

okoru

ネタバレだけでなく漫画で今すぐ読みたいけど、試し読みはページが少なくてイヤだ!

nico

漫画を読みたいけど、少しでもお得にできないかな。。

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなか丸々単行本1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『無料お試し登録とそこで貰えるお試しポイントを賢く使って、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

「VOD(ビデオオンデマンド)サービス)」では動画配信だけでなく電子書籍も取り扱っているので、初回限定のお試し期間にもらえる無料ポイントを使い、好きな漫画や週刊誌・月刊誌が読めてしまいます♪

 

なかでもU-NEXTの無料トライアルを使えば、読みたかった漫画の最新刊や最新号が無料で読めることが出来るのです☆

 

無料トライアル登録後に600ポイントがすぐにもらえるため、マンガでも動画でも好きに使うことができます^^

しかもトライアル期間中でも、映画やアニメの見放題コンテンツを好きなだけ見れてしまいます。

ここだけの話、U-NEXTではアダルト作品もあるんです( ̄∀ ̄)ニヤリ

 

さらにファッション誌やビジネス誌またグルメ誌などの雑誌も80誌最新号も読み放題!

 

漫画も雑誌もアニメや映画も…と、しっかり元が取れるのでトライアル後も管理人は家族と一緒に継続して利用しています♪

4人までアカウントが使えるので、利用料金も分担すれば1家族ワンコインで継続できてお得です☆

 

ぜひ1度《U-NEXT》をチェックしてみましょう!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

もうU-NEXTのお試ししちゃったよ(怒`・ω・´)ムキッ

wanko joy

だったら『music.jp』があるじゃないか!

music.jpもU-NEXTと同じく、電子書籍はもちろんアニメや映画が見れるビデオオンデマンドサービス☆

 

music.jpも無料お試し期間があるので、登録後に600ポイントがすぐもらえマンガや映画など好きに使えますよ♪

さらに動画ポイントとして1000ポイントも貰えるので「最新作の映画をよくレンタルする」というあなたにはmusic.jpがピッタリです!

▼30日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む30日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

naki

え?どっちもお試し後は料金がかかるよね。なんかヤダなぁ。。。

wanko zen

なるほど。漫画をお得に買える電子書籍サイトなんていかがですか?

動画はいらない、漫画を楽しみたい!

そんな方におススメなのが

『ebookjapan(イーブックジャパン)』 ☆

 

まんが作品数がハンパないebookjapanでは、頻繁に割引サービスやセールがあるので他の電子書籍サイトよりもかなりお得に購入ができます。

 

さらにイーブックジャパンは、Yahoo!IDで初回ログインをすると50%オフクーポンが付き、さらにはpaypayボーナスでありえないほどの還元率になるんです♪

 

この『50%OFFクーポン』の割引上限金額は500円まで。

つまり言い換えれば、1000円分のコミックが半額で購入することができます!

しかも期間内なら6回まで使えるということは、実質3000円分の割引券ということなんですよ。

 

管理人もよくイーブックジャパンで購入していますが、割引クーポンがよく付与されるのでお得に漫画を買えちゃってます。

先日も500円割引クーポンをもらったので、さっそく漫画1冊は無料で買えてしまいましたよ!

 

まずは初回割引クーポンをもらって、お得に購入できるのを確かめてみてください♪

▼Yahoo!ID初回ログインで50%オフクーポンをゲット!▼

⇒⇒⇒還元率がすご過ぎる!ebookjapan(イーブックジャパン)のお得なポイント還元の詳細はこちら!

くにはちぶ 最新話・28話の感想

ようやく本心をみせたかざり。

かざりの抱えている気持ちを知った時、グッときましね・・・。

 

しかし、最後の最後でかざりはたんぽぽを道連れに、

ビルからダイブしてしまいました。

 

たんぽぽは助かったものの・・・。

次回が気になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク