くにはちぶ27話/7巻のネタバレ!最新話は本当の敵は無視法

くにはちぶ最新話・27話(少年マガジンエッジ/2019年10月17日発売に掲載)をさっそく読んだのでネタバレ・あらすじと感想をご紹介します!

最新話・27話ではかざりを刺す寸前のあざみ。

そこにたんぽぽが思わぬ行動に出て・・・!?

 

それではここから「くにはちぶ」27話のネタバレと感想です。

続きにご注意ください。

くにはちぶ 前回までのあらすじ

↓ ↓最新話まで更新中♪↓ ↓

>>《くにはちぶ》ネタバレ一覧<<

幼い頃、母を守るために父を刺したかざり。

そのことは間違っていないことを証明するために、あざみにも同じ状況を与えます。

 

かざりを止めなければ味方を守れないあざみ。

かざりから刃物を渡されたあざみは…

無料漫画が9000タイトル以上!

Yahooプレミアムならポイント倍増☆

⇒⇒新規マンガ購入は50%OFFクーポンでお得に!ebookjapanはこちらをクリック♪

くにはちぶ 最新話・27話のネタバレ

あざみ、悲しまないで。

そう言って目を閉じ、死を受け入れようとするかざり。

 

あなたは味方のために自己犠牲でも何でもできる人。

味方のために自分を攻撃できるのなら、私は自分を肯定できる・・・。

私はとっても幸せと言うかざり。

 

そんなかざりを前に涙を浮かべるあざみ。

そんな中、突然たんぽぽがあざみに催涙スプレーをかけます。

 

たんぽぽはあざみがかざりを襲うのを止めるために、催涙をスプレーを使ったのでした。

そして、かざりと一対一になるたんぽぽ。

 

刃物を握るたんぽぽを前にかざりは問いかけます。

無視法を盾にして私を殺すのか?

法律は恐れないということを告げるかざり。

 

かざりはすぐにたんぽぽの背後をとって動きを封じました。

さらに監督官にこんな場合はどうするのと問いかけます。

 

普通の警官ならかざりを逮捕すればいい。

無視法では無視の結果、たんぽぽが死んでしまっても殺人罪にならない。

 

しかし、監督官はたんぽぽが死んでしまうと責任はどうなるのか・・・?

そういって監督官の動きも止めるかざりでした。

 

その状態でかざりはたんぽぽに話しかけます。

あなたは助けられるばかりで何もしていない。

弱いあなたは家でじっとしているべきと言いました。

 

対してたんぽぽは、特別なことは何もしない。

普通に生きると言います。

 

そして、かざりは敵じゃない・・・話し合いたいと伝えました。

 

そんなたんぽぽの言葉に怒りをあらわにします。

今、自分が殺されるかもしれない状況で、私が敵じゃなくて何なんだと。

 

その問いにたんぽぽはこう言いました。

敵でも味方でもないと。

 

たんぽぽの味方は自分と一緒にくにはちぶと戦う人たち・・・

じゃあ敵は?

 

たんぽぽが言う敵とは人ではなく『くにはちぶ』という法律自体だと答えます。

 

そして、かざりは敵でも味方でもない。

無関係だと告げるのでした。

 

かざりはあざみが味方のためなら何でもするところをみたいだけ・・・

それはあざみのためでなく自分のためだと指摘します。

 

そして、今のかざりは誰の味方でもないと言いました。

さらにたんぽぽはこう続けます。

 

あざみは殺人をしてでも私の味方をしてしまう。

その言葉にまたもかざりは怒ります。

 

あざみが味方すると解っていながら、学校に行き続けてあざみを利用して迷惑をかけていると。

 

それに対したんぽぽは、私はいいの!と返しました。

助けてもらうこと、普通に暮らすことを遠慮しない。

 

遠慮することは助けてくれる人たちに失礼だという理由でした。

 

でも、自分のためだけにあざみを利用して傷つけるのは許せないと言うたんぽぽ。

そして、かざりにある言葉を投げかけるのですが・・・。

最新刊コミックを無料で読む!お得に読む方法!!

okoru

漫画を読みたいけど、金欠なんだよ!少しでもお得に読みたいなぁ

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなかコミックまるまる1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『U-NEXT無料お試し登録と貰えるポイントで、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

【U-NEXT】をおすすめする理由が

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600pt(600円分)が貰え、好きな漫画を読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 無料期間内に解約しても料金は発生しない

 

とU-NEXTの初回登録では600ptをすぐに貰え、これだけお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

ぜひ無料トライアル期間が開催されている間にお試しください☆

 

 

ただ無料登録期間が過ぎると、月額料金制のサービスになります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(翌月繰り越し可能)
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 映画や漫画をDLしてスマホやタブレットで持ち運びができる
  • 最新作品が続々配信されるのでレンタルショップに行く必要がなし(アダルト作品もあり〼)

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

うちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

登録後すぐに600ptをもらえ、31日間無料で見放題ビデオや80誌以上の雑誌が読み放題で使えます♪

 

また期間中であれば違約金もかからず解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

登録方法&解約方法は↑で解説しております。

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

 

okoru

もうU-NEXTのお試ししちゃったよ(怒`・ω・´)ムキッ

wanko joy

だったら『music.jp』があるじゃないか!

music.jpもU-NEXTと同じく、電子書籍はもちろんアニメや映画が見れるビデオオンデマンドサービス☆

 

music.jpも無料お試し期間があるので、登録後に600ポイントがすぐもらえマンガや映画など好きに使えますよ♪

さらに動画ポイントとして1000ポイントも貰えるので「最新作の映画をよくレンタルする」というあなたにはmusic.jpがピッタリです!

▼30日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む30日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

 

naki

え?どっちもお試し後は料金がかかるよね。なんかヤダなぁ。。。

wanko zen

なるほど。漫画をお得に買える電子書籍サイトなんていかがですか?

動画はいらない、漫画を楽しみたい!

そんな方におススメなのが

『ebookjapan(イーブックジャパン)』

 

まんが作品数がハンパないebookjapanでは、頻繁に割引サービスやセールがあるので他の電子書籍サイトよりもかなりお得に購入ができます。

 

さらにイーブックジャパンは、Yahoo!IDで初回ログインをすると50%オフクーポンが付き、さらにはpaypayボーナスでありえないほどの還元率になるんです♪

 

この『50%OFFクーポン』の割引上限金額は500円まで。

つまり言い換えれば、1000円分のコミックが半額で購入することができます!

しかも期間内なら6回まで使えるということは、実質3000円分の割引券ということなんですよ。

 

 

管理人もよくイーブックジャパンで購入していますが、割引クーポンがよく付与されるのでお得に漫画を買えちゃってます。

 

先日も500円割引クーポンをもらったので、さっそく漫画1冊は無料で買えてしまいましたよ!

 

まずは初回割引クーポンをもらって、お得に購入できるのを確かめてみてください♪

▼Yahoo!ID初回ログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※月額制ではないので解約の必要はありません。

 

⇒⇒⇒還元率がすご過ぎる!ebookjapan(イーブックジャパン)のお得なポイント還元の詳細はこちら!

くにはちぶ 最新話・27話の感想

あざみはかざりを刺してしまうのか?

という緊迫した状態からスタートした27話ですが、たんぽぽが割り込んだことでかざりを刺さずに済みましたね!

 

自分を肯定したいために、あざみを巻き込んだかざりを許せないというたんぽぽ。

彼女の言葉に怒っていたかざりでしたが、最終的には何かに気づかされた様子でした。

 

次回で今回の事件はひと段落着きそうな流れですが、どういった展開になるか注目ですね!

次回の「くにはちぶ」28話は、少年マガジンエッジ12月号(11月15日発売)に掲載予定です。