海神の花嫁3話(マイクロ5・6)のネタバレ!最新話は偶然の再開

姉系プチコミック7月号に連載中の『海神の花嫁』第3話です。

小純月子先生の最新作、初回からおもしろいかも…と思いながら様子を見てきたのですが、3話になってもう黙ってはおれなくなるおもしろさで、どうしても語りたくなりました。

 

中途半端なスタートが多くてごめんなさいよ(←ダレだよ)。

続きはネタバレです。

ご注意ください。

スポンサーリンク

海神の花嫁 前回までのあらすじ

↓ ↓最新話まで更新中♪↓ ↓

>>《海神の花嫁》各話ネタバレ一覧<<

舞台は架空の小さな離島・真栄島(まえじま)です。

海神の末裔である高良家が支配している小さな島で、そこで生まれ育った双子の姉妹と高良家の長男が主人公です。

 

初回は、双子の妹・凪、前回は双子の姉・稔(みのり)、そして今回は高良家の長男・朝和(ともかず)が語り部。

冒頭から「稔がいなくなった 次の花嫁はおまえだ 凪」という朝和のセリフで始まりました。

これだけで十分ドラマティックなのですが、そこから始まる凪の回想がまたとってもおもしろかった!

 

海神の末裔という設定もすごいけど、こういうのって離島だったらアリですよね。

そしてきっと今も日本のどこかにありそう。

部落制度が残ってる地域もあるくらいですもんね。

 

朝和は、高良家の次期当主とあってつきあう人間も限られてしまう上に、実母からはものすごく疎まれて育っていたため、とても孤独な少年でした。

同じく、凪は双子の姉・稔とは違って容姿もそこそこ、落ち着きがなくて友達も少ない方。

興味があるのは動植物全般といった女子度が低い子どもで、両親からも叱られることが多く、孤独な少女でした。

 

そんな二人がある時、高良家の庭で出会い、朝和は凪の自然への興味の強さやまっすぐさが気に入り、二人はしょっちゅう誰にも内緒で遊んで育ちます。

いつしか、朝和に恋のような感情を抱くようになる凪と、同じく凪に恋をする朝和。

しかし、高良家の時期当主である朝和とつき合うことなど夢のようなことだと、凪は勉強に情熱を傾けます。

 

そして、高校から島を出て、環境問題に関しての研究をしたいと考えるようになりました。

いつしか、中学3年になっていた3人。

その頃には、凪と朝和の間にちょっとした行き違いから気持ちのすれ違いが起きてしまっていました。

 

代々、真栄島を守ってきた高良家には、巫女が嫁ぐことになっており、その巫女の候補に双子の姉妹が選ばれます。

凪が高校から島を出たいという夢を抱いていることを知っていた稔は、自分が嫁ぐと立候補。

稔の方が美人で社交的だったことからも、周囲からの覚えがめでたかったため、花嫁は稔に決まります。

 

気持ちがすれ違ったまま、離れるしかなかった朝和と凪。

稔は二人の仲を知らず、妹のためにもよいことをしたと信じて、朝和に尽くしていくことに決めました。

 

しかし、その結婚生活は理想とはかけ離れて、とても苦しいものでした。

朝和の実母との確執、朝和とのすれ違い、彼に対する報われない気持ち。

そういったものを抱えて、稔は懸命に主婦業に励みます。

 

前回では、朝和の母と稔が決別する場面があったり、同じくしてずっと近づけなかった朝和との距離が縮まる出来事が。

稔自身とちゃんと向き合うことを考え始める朝和でしたが、今回はその続きのお話が朝和の視点で語られます。

スポンサーリンク

海神の花嫁 第3話のネタバレ

冒頭は、朝和の回想シーン。

まだ子どもの頃、凪がくれたセミの抜け殻を弟にも見せようとした朝和が、実母に突き飛ばされるシーンです。

 

大事にしていた、凪がくれた珍しいセミの抜け殻を勢いで握りつぶしてしまった朝和は、祖母にひねった手首の手当てをしてもらいながらおしゃべりしています。

話しているのは、凪のこと。

「変なヤツ」と言いながら、とても嬉しそうな朝和少年がかわいらしいです。

凪のことが大好きだったんだなぁと伝わってくるシーン。

 

凪がこの島で見つける色々なものを宝物のように報告してくれるのを見て、朝和は〝本当の『宝』はこの島自体で 高良家はその『宝』を守るためにあるんじゃないか″と思い始めた朝和少年。

20歳を超えても、その思いを忘れてはいないようです。

 

実母と祖父が推し進めてきたリゾート計画を中止にするため、陰で手を尽くしてきた朝和。

すべては凪が愛した自然を守るためだったのです。

 

前回で、めでたくその計画を中止にさせた朝和ですが、今回は進んでいた計画中止の伴う後始末に奔走しているよう。

協力してくれた親戚のおじさんと話す朝和。

島の自然を守ることなど微塵も考えていない朝和の母と祖父。

もうこのまま朝和を当主にしたいと望む周囲の大人が多い中、実権を握っている二人が邪魔をするだろうと危惧する人が多いそう。

 

凪だけを想って生きていくことはもう難しいことを感じている朝和。

もう逃げることは許されない、と稔と向き合う決意を固めます。

 

いつもの通り明るく迎えてくれる稔。

彼女が絶対に味方でいると言ってくれた稔を無視してきた自分を変えていこうと決意したようです。

 

…ありがとう

結婚してもう数年がたっているのに、初めて目を見てこの言葉を言った朝和に、稔が見せた笑顔がなんとも切ない…。

まさかの再会

翌日。

凪が通うR大学のフィールドワークに同行することになった朝和を見送る稔。

実は、凪が来ることを知りながら朝和に何気なく伝えることができずにいました。

 

それというのも、朝和の自室に凪が小さな頃に熱心に見ていた図鑑や、凪の論文が大事そうに保管されているのを見てしまったから。

komaru

このタイミングでこの出来事って、なんとも切ないですよね…!神様のいたずらとしか思えない…!(←ほんとは小純先生の計画だけれども)

 

R大学の調査班と合流すると、そこに凪の姿を見つけて固まる朝和。

同じく凪も驚きのあまりフリーズ。

大学の仲間に促されて挨拶するも、ものすごく他人行儀です(苦笑)。

 

そんな短い言葉を交わしただけでも動揺がひどい朝和。

ドキドキしすぎて大学の助手の塩町さんに心配される始末です。

naki

そうはいっても、長ーく抱えていた気持ちって消えないんですよねぇ。

 

凪が大学の仲間と作業しながら、楽しそうに笑うのを見る度に胸が痛む朝和。

自分がいなくても楽しそうに笑う凪の様子に寂しさを覚える、そんな風に考えてしまう朝和が、もう切なすぎる…!!(泣)

 

と、塩町さんが「退屈でしょう」と気遣って、今採集したものの説明をしようと言ってくれますが、なんとその係に凪を任命。

naki

ノーン!イヤ、いい人なのは分かる、塩町さん、でも今はやめてやっておくれよ…!!(泣)

 

気まずすぎる様子で、採集したものを載せたトレイとともに朝和の前に立つ凪ですが、彼の服装があまりに調査に向いていないので、ついつい自分の首に巻いていたタオルを差し出します。

日焼けを気遣われ、ドキンとする朝和はもう泣きそうな顔です。

 

はたと、自分の首に巻いたやつじゃんと気付いた凪は、きれいなタオルを持ってこようとしますが、朝和がその手をつかんで止めます。

そして、これでいいと首に巻くのですが、凪はなんとも居心地悪そう。

nico

そりゃそうだ。

朝和は凪にとっても大事な人だったんですもんねぇ。

稔ちゃんと結婚して、そのことは仕方なくても忘れられるとは読者には思えない…。

イヤ、大学にすげー素敵な人がいるならまだしも、ですけど。

このシーン、説明しながらついついめずらしいものを見つけて喜んじゃう凪もかわいいのですが、喜んじゃった拍子に見せたくなって距離が近くなってしまうことに、2人とも動揺するのがもう、なんちゅうかすごく初々しくてよいシーンでしたー!

説明なんか聞いちゃいないで凪を見つめてしまう朝和とか、どこまでまっすぐ好きなんだよ!

ともう後ろからドンと背中を叩いてあげたくなってしまいます(←やめろ)。

 

でも、凪のまつ毛に大きな水滴がついていることに気付いた朝和が、それをとってあげようとした瞬間、凪は持っていたトレイを落として言うのです。

あなたの前では二度と泣くことはないと。

 

そして、立ち去る凪を何も言えずに複雑な表情で見送る朝和の切ないこと。

 

凪の忘れられない人

その日、もう二度と2人は接点を持つことはなかったのですが、フィールドワークが終わって解散した時、うっかり凪にタオルを返しそびれた朝和が、またもうなんとも切なすぎていいのです。

 

愛おしそうに、切なそうにタオルを握りしめて、口づける朝和。

と、そこに稔が登場です…!

naki

ひぃぃぃぃぃ!!

しかも笑顔が!笑顔がすげーコワイ!!!(ムンク)

 

凪と大学の仲間に差し入れを持ってきたと稔は、待ってようか?と歩み寄りを見せる朝和ににっこりと笑ってそれを断ります。

 

…ああああ 意図が読めなさ過ぎてコワイよぅ!!

 

この後、稔は大学の宿舎となる所で、聞いてはいけないことを聞いてしまいます。

忘れられない人は高良さんだろ?

okoru

塩町さんー!!!そんなん飲みの席以外で言ったらいけません―――――!!!!

 

どうやら酔った時にぽろっとこぼしてしまったらしい凪。

あああああ、お酒の力っておそろしい…!!!

 

凪の思い出話。

それは 誰も 誰より凪と近しかった稔も知らないことで。

稔の手が拳になってゆくのがもう恐ろしすぎる…!!!

 

結局、差し入れはせずにそのまま帰宅した稔。

思い返すのは、自分が今まで見てきた朝和の様子と、今の凪の話。

 

勉強したい凪のために、次期当主として頑張る朝和のために一生懸命努力してきたのに、という昏い気持ちが稔の中に渦巻きます。

naki

このシーンの描写がもう、ものすごく迫力があって怖いんです!

イヤ、稔の気持ちは分かるけど、でもあなたもわりと独りよがりだったじゃんって読者は思わず稔に言い募りたい気持ちになりました…(←そしてさらに地雷を広げるのだ)。

 

姉系プチコミック最新号やプチコミ最新刊をお得に読む方法

okoru

ネタバレだけでなく漫画で今すぐ読みたいけど、試し読みはページが少なくてイヤだ!

nico

漫画を読みたいけど、少しでもお得にできないかな。。

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなか丸々単行本1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『無料お試し登録とそこで貰えるお試しポイントを賢く使って、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

「VOD(ビデオオンデマンド)サービス)」では動画配信だけでなく電子書籍も取り扱っているので、初回限定のお試し期間にもらえる無料ポイントを使い、好きな漫画や週刊誌・月刊誌が読めてしまいます♪

 

なかでも【U-NEXT】に新規登録をすると、

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画を買って読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える

とお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

 

本当に無料なの?…とご心配いりません^^

  • 登録日より31日間は無料
  • お試し期間中の解約しても解約金はない
  • Webで簡単に解約できる

と安心してU-NEXTを試してみることが可能なんです!

 

もしも無料登録期間が過ぎると、月額制のサービスなので月額料金がかかります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(1200円分)
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 最新レンタル作品が続々入荷配信

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

またうちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録でき、さらにお得な割引クーポンを逃さないで☆

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

海神の花嫁 第3話の感想

もう、前半から終盤ちょい手前までの朝和の切なさと相まって、稔の怒りがもう怖すぎました…(泣)。

 

きっとこの後、第1話の冒頭に繋がるような出来事が起きるのだと思いますが、それまでも何かひと波乱ありそうな感じがします。

小さな世界で、それぞれにいろんな想いがあって、色々と気遣ったりしてもうまくいかないことってたくさんありますよね。

 

でも、稔は〝外″を知らない分、その想いの反動が大きいのではないかと読者は思ったりしています。

外を知らないって点では朝和も一緒なのだけど、これからこの人たちどうやって生きていくのだろう…。

3話目だから当然といえば当然だけれど、結末までがさっぱり想像できないですね。

 

だからこそおもしろいのだけれど、でも姉プチだから続きが読めるのは2カ月後なんだぁぁぁぁ!!!それが困るんだぁぁぁぁ!!!(頭を抱える読者)

 

はー、しかし、このお話、ほんとにおもしろいですよね。

日本だから有り得る気がするっていうか、一般的にはがっつり想像できないけど、でもずっと知っていたような気がする設定。

日本というお国柄を本当によく使えてるなぁって感心します。

 

「海神の花嫁」の続き第4話は、姉系プチコミック8月号(8月5日発売予定)。

物語の季節とぴったり合いますね。

うだるような暑さが似合う展開でもあります。

前の2話分を読み返しながら待たねば…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク