なのに、千輝くんが甘すぎる 最新第6話/2巻のネタバレと感想!

デザート3月号の「別冊付録Pink」で不定期連載中の亜南くじら先生の大人気作品【なのに、千輝くんが甘すぎる】待ちに待った最新話・第6話です!

6話は2巻に収録予定です。

待ってました~!

あまあま千輝くんに毎回うっとりしてしまいますよね。

今回の甘さはどんなんでしょう?

スポンサーリンク

なのに、千輝くんが甘すぎる 前回のあらすじ

1巻にネタバレはこちら

なのに、千輝くんが甘すぎる第1巻ネタバレと感想のまとめ!KCデザート

5話では、千輝くんをごっこじゃなく本当に好きになってしまった真綾ちゃんが、自分にブレーキをかけようと「一旦片想いごっこをお休みする」と宣言したものの、気持ちは募るばかり。

 

千輝くんと接点を持たないようにしようとしていたのに、よりによって大みそかに財布をなくしてお父さんに送るはずの「迎えにきて」というラインを間違って千輝くんに送ってしまいます。

 

しかし千輝くんが迎えに来てくれるという素敵なシチュエーションがもたらされて、ずっと片想いでいいと思えた真綾ちゃんが片想いごっこを再開する、というところで終わりました。

スポンサーリンク

なのに、千輝くんが甘すぎる 第6話のネタバレ


引用元: なのに、千輝くんが甘すぎる 第6話より

前回もとんでもなく甘かった千輝くん、今回もバリバリ甘々です!

 

千輝くんにずっと片想いする覚悟を決めた真綾ちゃん。

千輝くんと約束の指きりをかわす場面を反芻しながら過ごした1週間だったよう。

 

明日から新学期だそうで、次はどんなミッションをしようかとメモを眺める表情がとっても「恋する女の子」しています。

 

〝もっと千輝くんに近づきたいな″

 

そんな気持ちで、「好きな人の好きなものを好きになる」ミッションを選択。

千輝くんに早速何が好きかを聞いています。

 

…しかし。

千輝くんは好きなものは「とくにない」。

 

…この、答える前に真綾ちゃんの顔をじっと見るコマがたまらんです。ごちそうさまです(←?)。

 

「ない」と言われるとは想定していなかった真綾ちゃんは、〝誰よりも千輝くんのこと知っていたいのに…遠いなぁ…″と思いながら部活中の千輝くんを眺めています。

 

すると、同じ陸上部の女子が千輝くんと親しげに会話をしている場面に遭遇。

思わず動揺してフェンスにしがみついてしまう真綾ちゃん。

 

千輝くんが女子と話しているだけでも珍しいのに、けっこう沢山話していることにかなり動揺しています。

 

片想いし続けると決めたからでしょうが、態度がものすごく振りきれた感じでイイネ!と思ってしまう読者。

前回までは「好きになってはいけない」と思っていたこともあって、動揺しても「イヤイヤ」と打ち消すような感じで見ているこっちがモヤモヤしましたが、今回はイイよ!分かりやすいって素敵だとしみじみしちゃいました。

 

そんな動揺マックスの真綾ちゃんの後ろから、手塚くんがぬぅっと現れて、その女子の情報をもたらしてくれました。

真綾ちゃんを仙人と呼んでお気に入りの様子の手塚くん、どうも「片想い中の女子を眺めるのが趣味」なのだとか。

 

…悪趣味…(自分のことは棚に上げてしまう読者)。

 

手塚くんには「千輝くんのことはなんとも思ってない」と言って去ってしまう真綾ちゃんですが、頭の中はさっきのふたりの様子でいっぱいです。

 

〝好きなことを共有できるなんてカッコいいよ 楽しいんだろうなぁ″

と思う真綾ちゃん。

 

〝私と一緒の時はどうなんだろう″

と鞄を持つ手に力が入っているのがなんとも恋する女子っぽい。

 

翌日、図書室で『月刊 陸上ワールド』なる雑誌を立ち読みしている真綾ちゃん。

聞くまでもなく、千輝くんの好きなことは走ることだったと思い至ったようで、少しでも情報収集をしようと思った様子。

 

自分でも走ってみようかなと考える真綾ちゃんの膨らむ妄想のコマ!

 

恋する女子の妄想っておもしろいなぁ、と恋は遠くになりにけり、なオバチャン読者は思ってしまいます。

しかも真綾ちゃんは走るのが「死ぬほど苦手」らしいのに(笑)。

 

妄想を膨らませて雑誌を読んでいたところに、真綾ちゃんが読んでいる雑誌を求めて千輝くんと話していた小原さんがやってきます。

 

同じ雑誌を読んでいると勘違いした小原さんが、真綾ちゃんに目をキラキラさせながら「陸上のことならなんでも聞いて!」と言うのですが、そこで真綾ちゃんはあることを思いついて小原さんに相談をしています。

 

その内容というのは、「ランニングを楽しく走る方法」。

 

早速聞いたことを実践しようと愛犬の散歩の時に走ってみている真綾ちゃんですが、陸上部女子と走るの苦手女子では、レベルが違うんですよね。

 

このページの真綾ちゃんと、たのしく走る方法をレクチャーしてくれる小原さんの言ってる内容の対比がなんともおもしろいです。

 

そして、続くページの2日目3日目、5日目の真綾ちゃんの様子が必見!

ランニング初心者あるあるがうまく表現されており、もうランニング三日坊主ってこうやって作られるんだな、と思わされます。

絶妙!

 

運動以外のことで頑張ろうと思う真綾ちゃんですが、知識も付け焼刃なものだからうまく会話が続かないし、知ったかぶりして恥ずかしい気持ちになったりと失敗続き。

 

…見ているこっちが穴を掘って埋まりたい…!(思わず叫びそうになる読者)

 

真綾ちゃんも恥ずかしさのあまり、これまた読者も恥ずかしくなりますが嘘の用事を作って図書室から走り去ったりしています。

 

その様子を、微妙な表情で見送る千輝くんの元に、小原さんが真綾ちゃんに会いにやってきます。

彼女からランニングのアドバイスをしたことを知った千輝くんは、真綾ちゃんを追いかけていき、保健室へ連行。

 

無理やり真綾ちゃんの靴下を脱がせてみると、そこにはテーピングや絆創膏だらけの真綾ちゃんの素足。

 

「無理して走って 自分で手当てした?」

 

さすが、走る人は分かるんですね!(思わず感心)

筋肉痛やらこむら返りや靴ずれで傷だらけの真綾ちゃんの足を持ち上げて、恥ずかしがる真綾ちゃんに千輝くんは言います。「走るの禁止」と。

 

「俺の好みに合わせて 如月さんが傷を増やす必要ない」

と、明らかに怒った表情で言う千輝くん。

 

美男子が怒ると怖い…!(マンガなのに震えあがる読者)

真綾ちゃんも、あまりに怒ってしまった様子の千輝くんに嫌われたに違いないと思う勢いです。

 

翌日、千輝くんに嫌われたと思って魂が抜けそうな真綾ちゃんに、小原さんが声をかけてくれました。

そして聞かれる「千輝となんかあった?」の言葉。

動揺する真綾ちゃんですが、その後小原さんに聞かされた昨日の千輝くんの様子に、彼の優しさを感じて胸が熱くなったようです。

 

部活中、顔を洗っている千輝くんの元へ行った真綾ちゃんは、正直にどんな気持ちでランニングを始めたのかを伝えます。

 

このページの、まっすぐな真綾ちゃんの言葉がとてもいいのです!

 

「千輝くんの好きなものは 大事にしたいの」

と伝える真綾ちゃんの表情は必見です!

 

こんな笑顔を向けられて好きにならない男子いるわけ!?(再び思わず叫ぶ読者)

 

真綾ちゃんの気持ちを受け取って、千輝くんも優しい表情で「うん ありがと」と答えるのですが、この表情がまたなんとも素敵な6話でした。

デザート最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

マンガを安く買いたい!

この漫画だけでいいから無料で読みたい!

そんなあなたにおススメなのがこちら♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ebookjapanイーブックジャパンで読む 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで最新刊も実質半額☆
ポイント還元、まとめ買いやセット購入がお得。
無料マンガも豊富。
U-NEXTで読む 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
ポイントを使って好きな漫画が無料ですぐに読める☆
継続で毎月1200円分のポイント付与。
music.jpで読む 30日間のお試し登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆
FODプレミアムで読む 2週間無料トライアル期間中もポイントがもらえる。
ポイントで実質1~2冊が無料で読める。
電子書籍購入で20%のポイント還元付き。

>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がお得すぎる5つのポイント!

 

動画配信サービスは月額制ですが、その良さを知ってもらおうと初回利用が無料な上にポイントサービスまで!

最新刊を1冊無料で読みたい…という場合には、U-NEXTがおすすめです。

naruhodo

無料お試し後も利用料金並みのポイント付与に最大40%のポイント還元!

また4人までアカウントを共有できるので家族や友人と使えば1人ワンコインで利用可能です♪

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

なのに、千輝くんが甘すぎる 6話の感想

ラストページに向けて、また千輝くんの甘さが炸裂するのですが、これはもう、作品を読んで頂きたいのであえてバラしません…!

言いたい…!!

 

そんな読者を悶えさせる、超絶甘々な千輝くんの言動を受けての真綾ちゃんの心情吐露が素敵だったので、これだけはお伝えしましょう。

 

〝どんな 些細なことでもいいの 千輝くんにとって 私がちょっとでもプラスの存在であるなら それだけで私は 前を向いて進める″

 

真綾ちゃんの魅力がここに凝縮ですよ!!(またもや叫んじゃう読者)
なんていい子なんだ…!!!

 

ラストはまた千輝くんのコマなのですが、これも次回への期待感を盛り上げてくれて、今回は読者ほんとに悶えまくりな回でした…!

 

この作品、「世界一幸せな片想い はじめます」がコピーで始まったのですが、その本領がばばーんと発揮された感じでした。

ここまでがちょっと長かったけれども、また次回がとっても楽しみです!

スポンサーリンク