あなたを好きになってから俺は毎日14巻ネタバレ!中学校時代のトラウマに悩まされ

あなたを好きになってから、俺は毎日…~無愛想で、絶倫。14巻を読んだネタバレと感想をまとめてみました。

会社や周りの人から背が低いせいか子供キャラで通ってる大島成美。

 

中学の頃に占い師から絶倫と言われたことをずっと気にして生きてきた三浦くんとのホッコリもするけどエッチなTL漫画になってます。

 

最新刊では、お互いの素の部分も分かり合えるような1歩進んだ関係に。

続きは「あなたを好きになってから、俺は毎日…~無愛想で、絶倫。 」14巻のネタバレになるのでご注意ください!

あなたを好きになってから、俺は毎日…~無愛想で、絶倫。 前巻のあらすじ

あなたを好きになってから俺は毎日12巻のネタバレ!成美が急に大胆な行動で店員もビックリ

プレゼント選びに悩む三浦くん、一平からのアドバイスを受けて成美にバッグをプレゼントしたら…成美は喜んでくれました。

 

一平は過去に三浦くんの絶倫の噂をひろめたことを悔やんでいたのです。

そして自分が邪魔者だと気づき、成美への手紙を残して帰ってしまいました。

 

手紙を読んだ成美はクリスマスプレゼントはナシにしようと言い出します。

 

成美の部署は12月忙しく、本当はクリスマスらしいことをしたかった成美ですが三浦くんに言い出せずにいましたがそんな成美の気持ちに気づいてくれた部長がなんと…!!

 

二人で会えなくても時間を共有できたことでイブに会いたくなってしまった成美。

帰ろうとした矢先、大量の仕事を持ってこられ三浦くんとのイブを過ごせずに終わってしまうのかと思いきや…帰ろうとしたらなんと三浦くんが待っててくれました!

 

二人で過ごす初めてのクリスマス。

三浦くんは酔ってしまい成美に意地悪を!?

 

最新刊でも半額♪お得に漫画を読むならこちら ↓↓↓↓↓↓

ebookjapanイーブックジャパン 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで実質半額☆

>>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

あなたを好きになってから、俺は毎日…~無愛想で、絶倫14巻のネタバレ

お正月。

三浦くんは実家に帰って一平と一緒にドライブへ。

スーパーで買い物をしていると、同じ中学校だった女子たちから話しかけられてしまいます。

 

話題が絶倫の話になるんじゃないかと焦った一平は「面倒なことになってゴメン」と謝りますが、女子たちの質問は終わらず三浦くんは機嫌が悪くなりその場を立ち去ってしまいました。

 

一平が女子たちを怒ろうとしたら…

「遠巻きに愛でてたのに」と実際に思われてたこととのギャップにショックを受ける一平でした。

 

始業日。

みんなで初詣に来ていた成美は今年初めて見る三浦くんにドキドキして終わったらデートできるかなと期待してましたが、三浦くんは飲みに行くからとラブラブできず。

 

数日後、三浦くんデートする成美でしたが、なんだか三浦くんの様子が変です。

「このあとどうしようか」と聞く成美に幼なじみがくることになってると断る三浦くん。

 

一旦帰ったけど、実家からのお土産を渡し忘れて三浦くんの家に行くとそこにはエッチなDVDを見てる三浦くんが!

見てはいけないものを見てしまったと思って帰ろうとする成美…追いかけてきた三浦くんくんは理由を成美に伝えます。

 

理由を聞いて成美は「良い所ばっか見せられなくなるのってなかよしになった証拠なんだって!」と仲直りすることができました。

 

部屋へ戻った成美、なんと三浦くんのシュミを知りたいなとDVDの続きを見始めちゃいました。

「こんなことされたいの?」を聞く成美に撃沈する三浦くん。

 

「ちょっといいですか」と成美のスカートをめくり、すりすりと触り始める三浦くんに成美は三浦くんのズボンを下げ、ボロンっと三浦くんのモノを出しちゃいます。

 

「誘われたら恥ずかしいけどしてくれないと寂しくなるものな〜んだ」と問題を出す成美でしたが、三浦くんが答えられなかったのでまたDVDの続きを見ちゃいました。

 

「俺も好きにします」と成美の濡れてる部分を音をたてて弄る三浦くん。

後ろから入れながら「可愛い」と言い続け、ずっとし続けてしまいます。

sekimen

可愛いって耳元でささやかれたら(≧∇≦)この場面はぜひ漫画でね!ebookjapanイーブックジャパンなら最新刊も半額♪

寝てしまった成美でしたが、起きてから三浦くんにお正月あった出来事を聞かれ覚ました。

 

成美は「これからは絶倫でいっぱいいい思いしようね」と三浦くんを励ますと、「好きになったのが成美さんでよかった」と。

それからの二人はというと…!?

ティーンズラブ最新刊をこっそり無料やお得に読む裏技☆

okoru

漫画を読みたいけど、金欠なんだよ!少しでもお得に読みたいなぁ

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなかコミックまるまる1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『U-NEXT無料お試し登録と貰えるポイントで、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

【U-NEXT】をおすすめする理由が

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600pt(600円分)が貰え、好きな漫画を読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 無料期間内に解約しても料金は発生しない

 

とU-NEXTの初回登録では600ptをすぐに貰え、これだけお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

ぜひ無料トライアル期間が開催されている間にお試しください☆

 

 

ただ無料登録期間が過ぎると、月額料金制のサービスになります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(翌月繰り越し可能)
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 映画や漫画をDLしてスマホやタブレットで持ち運びができる
  • 最新作品が続々配信されるのでレンタルショップに行く必要がなし(アダルト作品もあり〼)

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

うちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

登録後すぐに600ptをもらえ、31日間無料で見放題ビデオや80誌以上の雑誌が読み放題で使えます♪

 

また期間中であれば違約金もかからず解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

登録方法&解約方法は↑で解説しております。

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

 

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

 

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録&お得な割引クーポン付与!解約の必要はありません。

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

あなたを好きになってから、俺は毎日…~無愛想で、絶倫。 14巻の感想

トラウマの原因となった同級生と会いたくなかったと思うんですが、まさかの理由に確かに若い頃はみんなで集まって噂話とかしてたなと思い出してしまいました。

 

でも、絶倫で噂されるのは彼氏がもしそんなこと言われてるの嫌だなと思ってしまったので、彼女である成美との関係がギクシャクしてしまうのもちょっとわかりました。

 

成美の性格がとても素敵で絶倫でウルトラ幸せになるってセリフには成美が男前に見えてしまいました。

 

ラストシーンは成美の発言で元気を取り戻した三浦くんの姿が見れて良かったなと思ったけど、成美はちょっと可哀想?と感じてしまう終わり方でした。