高嶺と花 最新76話のネタバレ!二人っきりの無人島で何かが起こる!

2018年12月5日発売の花とゆめ2019年1号♪高嶺と花【76話】最新話を読んでネタバレ、感想をまとめました。

 

無人島に流れ着いた高嶺と花、泳ぎ疲れてヘトヘトです。

サバイバル生活が始まる予感です。

今回の話では高嶺の進化したワイルドさが垣間見えます!

続きはネタバレになります!ご注意を。

高嶺と花の前回までのあらすじ

花は、一人の女の子と船のデッキにいました。

そこで船が突然揺れて、海に投げ出されたのです。

 

たまたま、高嶺がやってきて、海に落ちていく花を目撃します。

高嶺は慌てて浮き輪を持って海に飛び込みました。

船はあっという間に見えなくなり・・・

 

二人は長い時間海の上を彷徨っていました。

近くに島があることを確認した二人は、その島まで泳いで行きました。

高嶺と花 第76話のネタバレ「花の宝物」

二人が泳ぎ着いた島は、なんと無人島でした。

バカンスの予定がまさかの遭難です・・・

 

1時間は泳ぎ、花はヘトヘトになっていました。

助けが来るように砂浜に「SOS」の文字を書いた高嶺です。

 

冗談交じりの話をする高嶺は呑気そうに見えますが、頼もしく感じる花。

泳ぎ疲れて喉カラカラの花のために、水を探しに行きます。

 

二人は洞窟を見つけました。

花は洞窟の水を一気飲みし、抵抗あるであろう高嶺にも勧めます。

 

すると高嶺は顔を水の中に入れて、飲み始めました。

いくつもの修羅場を潜り抜け、進化をしたワイルドな高嶺の姿www

 

歩き始めて、洞窟を抜けるまでにかなりの時間が経ってしまいます。

一旦、元の場所に戻り、日が沈む前に火を起こすことに。

 

ですが、火起こしに必要な道具がなく・・・

二人手分けして、道具になるものを探すことに。

 

疲労困憊と空腹で倒れそうな花、何か食べ物を見つけるのです!

なんとココナッツの実☆

 

花は飛びつきましたが、臭くて食べれません…

ガッカリしている花の後ろで、草木がガサガサと不気味な音を立てています。

 

高嶺かと思い、呼んでみますが違うよう。。。

花は怖くなりあわてて元の場所へ戻ります。

そしてココナッツの実を使って、火起こしに成功♪

 

一方高嶺は、一番欲しかったペットボトルが見つからず、悔やみながら戻ってきます。

火はココナッツのおかげで、勢いよく燃えています。

 

花はこれだけの炎が上がれば、きっと誰かが見つけてくれると。

船から落ちて、ずっと海の中にいたせいで体が冷えきって、お腹も減って低血糖で・・・

もし助けが来なかったら!?

こんな疑問を花は高嶺にぶつけました。

 

「別にいいんじゃないか、ここでのんびり暮らすのも」

 

すぐに撤回しましたが・・・

 

花はびっくりしますが、

花もまた、親の目、ルール、常識など気にすることなく暮らしていけると思いました。

 

しかしまた言い争いを始めた二人です。

そんな時、火が消えてしまい真っ暗になりました。

 

花は顔を伏せて、怖さを紛らわすようにしています。

高嶺はそんな花に、自分のそばに来るように言いました。

夜風が冷えるから・・・

 

かなりの距離を取り、高嶺の腕に頭を乗せて・・・

高嶺が花を自分の胸に引き寄せました。

 

花は、更に踏み込んでわかった高嶺のことが宝物みたいだと思いました。

「おやすみ」・・・

高嶺と花 第76話の感想

高嶺はサバイバルに不向きだと思ってましたが、意外に向いているように感じました。

 

花が高嶺を思う気持ち、高嶺が花を思う気持ちがしっかり伝わってきました。

何気に花の遭難への不安を取り除こうと、気にかける高嶺。

 

冗談言ったり、いつもの調子ですが、所々自然な優しさや思いやりが入っていました。

 

花は高嶺の意外な一面を見ることが出来て、嬉しそうなんです^^

お互いこのまま無人島で二人っきりも悪くないと思っていましたね!

 

でも76話の最大の見どころは・・・

最後のシーン!!

高嶺が花を抱き寄せて寝るところです!!

 

なんだかとっても幸せな気持ちになりました。

お互いの気持ちが通じ合っているのがよくわかるのです!

 

次号はどんな展開になるのでしょうか?!

助けが来て、二人っきりの無人島生活が終わってしまうのか・・・

もう一晩二人っきり?!

楽しみですね♪

スポンサーリンク