それでも世界は美しい第125話/22巻のネタバレ!最新話はウルスラの裁判

2019年3月5日発売の「花とゆめ7号」に連載の最新話!

それでも世界は美しい【第125話】を読んだので、ネタバレと感想をまとめました。

125話は、「それでも世界は美しい」第22巻に収録される予定です。

突然の会議、その内容はもちろんウルスラの処遇についてだと思いました・・・

ウルスラはどうなるのでしょうか?

待っていた結末は、予想を反するものでした。

これから先はネタバレになりますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

それでも世界は美しい 前回までのあらすじ

それでも世界は美しい 第123話のネタバレ!破局コードを止める最後の希望

スポンサーリンク

それでも世界は美しい 第125話のネタバレ!~フィーガ・イデアール会談

突然の招集でした。

太陽王が大国、元氷の国王要人を集めるよう指示したのです。

その内容はおそらく、ウルスラの処遇だと誰もが思っています。

 

ウルスラを裁判にかけるならまだしも、それ以上の処遇でもおかしくありません。

しかし、この国にとって王家の人間は大きな象徴で、失ってしまえば人心がバラバラになってしまいます。

 

そう考えたらウルスラを旗印に新しい国を作るのが得策かと思いますが、そんなことをすると内乱が起きる可能性が高くなります。

 

そこへリビとウルスラが来ました。

これから会議の始まりです。

 

リビはウルスラと元氷の王国領について、自分の考えをはっきりさせるためにみんなを集めたのです。

その話の前に、ウルスラは口を開きました。

 

今までのことは、ウルスラが私怨からやっていたことですので、この国の民も部下たちも関係ありません。

ウルスラ「処罰するなら私一人にして頂戴」

 

その言葉を聞いて周りがざわつきました。

世界の破局がまだ続いていて、この事態を招いた原因はウルスラ、一国の元王女として責任を取ることを決意しています。

 

みんながリビに注目し、答えを待ちました。

しかし頭を抱えたリビは自分が頼りないのだと思い、ショックを受けています。

 

そんな場合じゃありません!!

実は、リビはみんなに相談があって会議を開いたのです。

 

みんなは拍子抜けしました。

リビの相談とは・・!?

それは、元氷の国王領統治総督の不在により、権力の空白を看過するわけにはいきません。

ですから、リビはすぐにここを発たなければなりません。

 

リビ「そこで、だ。ウルスラ、お前を総督に任命したい」

その言葉に全員が唖然としました。

 

リビは合理主義で、国が広すぎておまけに大国への反感が強く、統治が均一化しにくいのです。

そのため、国内に勝手に国が出来てしまうかもしれません。

 

リビはウルスラだったらこの国を一つにまとめることが出来ると思ったのです。

みんな大慌てですが、ウルスラが一番血相をかいていました。

 

ウルスラ「待って、私情けないけど政治のことなんて何も・・・いきなり統治者なんて」

でもリビの気持ちは揺るぎません。

 

大国から顧問を出し、軍人やウルスラの信頼できる人間を頼ればいいと考えています。

一番重要なことは“ここをどんな所にしたいか”、リビはそのビジョンがウルスラにはあることを確信していました。

 

ウルスラの理想・・・

ウルスラ「ある!あるわ。できるかどうかわからないけど、壁をなくしたいわ」

誰もが自由に生きれる国、そう、身分をなくすということです。

 

大胆な考えですが、面白いと感じたリビでした。

みんなは叶うならと思いながら賛成します。

 

しかし、実現するには大国の全面的な協力が不可欠です。

リビは大国の後ろ盾を約束し、元氷の国王についてもウルスラのことも責任もって守ることを決めました。

 

守ると言っても口約束では心許ないです。

そこでヘラ卿が名乗りをあげました。

 

大国を離れて、この国に常駐しウルスラを支えることになりました。

ヘラ卿「たとえ大国が彼女を裏切っても、私だけは彼女の味方でいる自信がありますから」

これはプロポーズ!?

 

ヘラ卿「私では満ち足りた感情を与えられない。だからその役目は私ではないんですよ」

ヘラ卿はただただウルスラの心の動くさまを見ていたいだけなのでした。

ということで話はまとまりました。

 

リビ「ウルスラ、総督になる話、受けてもらえるな」

ウルスラ「ええ、その任受けるわ」

みんなはウルスラを支え、一緒に頑張ることを決めました。

 

でもウルスラは疑問を抱きました。

世界がひとつきもたないかもしれないこの状況で、リビは当たり前のように未来を見ています。

その自信はどこから湧いてくるのか・・・

 

リビは自分の国が、世界が滅ぶなんて微塵も思っていません。

いろんな人から怨みをかってようやく作り上げた世界です。

 

リビ「簡単に滅んでもらっちゃ困るんだよ!!」

こんな強い気持ちを持っているリビ、ウルスラは安心しました。

 

会議が終了し、リビは出発の準備に取り掛かります。

ガルタとニールを連れて行こうと思っています。

そして案内役に助っ人が現れました。

花とゆめ最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

マンガを安く買いたい!

この漫画だけでいいから無料で読みたい!

そんなあなたにおススメなのがこちら♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ebookjapanイーブックジャパンで読む 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで最新刊も実質半額☆
ポイント還元、まとめ買いやセット購入がお得。
無料マンガも豊富。
U-NEXTで読む 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
ポイントを使って好きな漫画が無料ですぐに読める☆
継続で毎月1200円分のポイント付与。
music.jpで読む 30日間のお試し登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆
FODプレミアムで読む 2週間無料トライアル期間中もポイントがもらえる。
ポイントで実質1~2冊が無料で読める。
電子書籍購入で20%のポイント還元付き。

>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がお得すぎる5つのポイント!

 

動画配信サービスは月額制ですが、その良さを知ってもらおうと初回利用が無料な上にポイントサービスまで!

最新刊を1冊無料で読みたい…という場合には、U-NEXTがおすすめです。

naruhodo

無料お試し後も利用料金並みのポイント付与に最大40%のポイント還元!

また4人までアカウントを共有できるので家族や友人と使えば1人ワンコインで利用可能です♪

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

それでも世界は美しい 第125話の感想

リビの突然の行動にすごくビックリしました。

でもさすが世界の王ですね。

ウルスラのこともちゃんと見て、わかっていました!!

 

頼りなさそうに見えてましたが、実はしっかりしていてそのギャップがいいですね。

ヘラ卿の言葉にもちょっとビックリしました。

ほんとにプロポーズみたいでドキッとしてしまいました。

それでも世界は美しい 第126話の予想

リビもウルスラもそれぞれの任務遂行のために動き出すでしょう。

でも、どちらもそううまくいくはずがないです。

やはり山あり谷あり・・・

でもしっかりと乗り越えて行くんでしょうね。

楽しみですが、何だかドキドキしてしまいます。

 

次号はお休みで「それでも世界は美しい」第126話は、花とゆめ9号(4月5日発売)に掲載です!お楽しみに!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク