空色レモンと迷い猫 5巻・28話のネタバレと感想!最新話でやっと2人の恋が!

2019年1月4日発売日の週刊マーガレット(2019年3・4号)最新話!空色レモンと迷い猫【28話】を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

28話は第5巻に収録されると思います。

るるの気持ちに決着が着いた前回の続き、今号も気になりますね。

この先はネタバレになります、ご注意ください。

スポンサーリンク

空色レモンと迷い猫 前回のあらすじ

空色レモンと迷い猫 5巻第27話のネタバレ!最新話でるるの気持ちに決着が!?

渚は大和と同じクラスになったにも関わらず、映画の撮影が終わらず寂しい気持ちを抱えています。

そんな時時大和から一本の電話が。

 

「会いたい」と言った大和は渚に何を伝えるつもりなのでしょうか?

スポンサーリンク

空色レモンと迷い猫 28話のネタバレ


引用元:空色レモンと迷い猫28話より

大和に「会いたい」と言われ約束の場所へ行くと大和が待っていました。

彼は何か考え事をしていて、渚が来た事にも気づかない様子です。

 

そんな大和の隣に座る渚。

 

撮影が終わってお疲れ様、大和お腹空いてない?など2人の間には少しの緊張も無いようです。

 

その時、南から大和にラインが入りました。

「最近よくLINE来るんだよな」

「南 クラス別になっちゃったもんねー」

などと会話する2人。

 

その流れで渚が修学旅行の事を話した瞬間、大和の顔が凍りつきました。

大和は渚の問いかけにも一言呟いたままで返事を返しません。

不思議に思った渚は「大和?」と首をかしげます。

 

すると大和の口からでた言葉は衝撃的な内容でした。

 

「俺さ 戻るように言われてるんだ …東京に」

 

動揺する渚。

なんと1週間後には東京に行くようにと学校まで手配されていた大和。

 

『いやだ 一緒にいられないの?』

と心の叫び。

 

けれどもその思いは大和も同じだったようで、尾道にいたいと言います。

 

うまいものもあるし、

落ち着くし、

そして…

 

「渚もいるしな」

 

渚と反対側を向いて喋っていた大和が、突然振り向き

 

「俺 渚と離れたくなんだよ」

 

大和の言葉に思わず泣きそうになる渚。

 

大和は続けました。

ここにいても東京と尾道を行き来しながら、仕事をセーブしながらなんとかなるのではないかという事を。

 

その言葉を聞いた渚、

大和が芸能界に戻りたくて頑張っていた事を思い出します。

 

 

渚は自分の気持ちを押し殺して大和に伝えます。

 

行き来しながら撮影を続けることがとても大変だった事、そして仕事をセーブするなんてダメだって事を。

 

本当は大和と一緒にいたい渚。

でも我慢する事が大和の為だと自分に言い聞かせるように話しを続けます。

 

「せっかく自分で取り戻した場所でしょ?」

 

尾道に居たいと言ってくれた大和に感謝する渚。

でもすごく頑張って居た大和の姿が、100%の頑張りが皆んなに伝わらなくなるのはやだ!と。

自分は大和を応援する事を決めた事を伝えます。

 

そして満面の笑顔で大和の手を取り言いました。

 

「私 東京に会いに行くからね」

 

しばらく考えた後に大和は笑って「まいった」と呟き、渚を抱きしめました。

そして「俺も、戻ってくる」と伝えます。

 

 

場所は変わってロープウェイの中。

大和は渚に持たれて座って居ます。

 

少し緊張気味の渚。

 

窓の外には綺麗な尾道の風景。

景色が綺麗な事を「覚えとこ」と言う大和の言葉に、本当に居なくなってしまうのだと実感します。

 

2人はずっと手を繋いだままです。

 

そして渚はポツリと言葉を紡ぎ始めます。

 

ずっと言えなかったけれど、大和と世界が違うと思って居た事。

でも、それでも変わらなかった気持ち。

 

「それでも、私

どうしても

…大和が

好き

だから…」

 

それだけ言った後に恥ずかしがりながらも、本当は離れたくない気持ちを伝えながら少し暴れてしまいます。

 

そんな渚の頬を両手でそっと包むと大和は静かに語りました。

 

「渚

俺も言いたい事があるんだ

あのさ

俺の彼女になってくれる?」

 

いきなりの言葉にびっくりする渚。

 

そして優しく笑う大和、表情が切ない。

 

渚は泣きながら「はい〜〜〜〜〜」と答えます。

その姿を見て大笑いする大和。

 

そして軽く渚にキスします。

 

急に素に戻って赤面する大和。

渚はパニック。

 

そして「照れる」と一言。

 

「や、大和も?」

と言う渚に大和は照れたまま答えました。

 

「当然だろ 好きな子とキスするの… 初めてだしさ」

意外な言葉に固まる渚。

 

そして笑いが込み上げます。

なんだかその姿に敗北感を感じますが、ここは流石の大和くんです。

 

「笑ってんなよ」

 

そして、もう一回キス。

今度はとても愛情深く。

気持ちを込めて。

 

2人の背後には、夕焼けに染まる尾道の綺麗な風景が映し出されていました。

空色レモンと迷い猫 第28話の感想

キュンキュンが止まらない展開の28話でした。

これから離れ離れになってしまう大和と渚。

 

大丈夫だよね?なんて思いながらも東京と尾道は遠い。

しかも大和のいる場所は芸能界。

きっと不安でいっぱいの渚ちゃんだと思うのです。

 

でも、大和の気持ちを最優先してしまう彼女の優しさに涙。

大和も優しくて、このまま時が止まればいいのに、と思ってしまった28話でした。

 

次回は大和が東京に行ってしまいます。

遠距離恋愛が始まる訳ですが、通じ合っている2人の気持ちが強くても大和には沢山の誘惑が降りかかってくるのじゃないのかな?

なんて思いますよね?

 

波乱万丈な恋の幕開けとなりそうな次回、1か月先は待ち遠しい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク