空色レモンと迷い猫 5巻第27話のネタバレ!最新話でるるの気持ちに決着が!?

2018年12月19日発売日の週刊マーガレット(2019年2号)空色レモンと迷い猫【27話】を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

27話は第5巻に収録されると思います♪

大和が好きなるるは、撮影を抜け出して渚の元へ。

そこで渚から尾道での大和の様子を聞いて色々な事を思います。

そして撮影に戻ったるるは大和に?!

続きは最新話のネタバレになります。ご注意ください。

空色レモンと迷い猫のあらすじ

大人気!芸能人×JK青春ストーリー。

横向きの渚のイラストが扉絵の27話。

前をしっかりと見据えた表情の渚は何を考えているのかな?

 

冬衣装の渚がとっても可愛いです。

では、本編へと!

空色レモンと迷い猫 27話のネタバレ

舞台は尾道。

 

海岸通で撮影中のスタッフから少し離れた場所に大和とるるはいます。

聞こえるのは波の音だけ。

 

「おい るる、どうした

話って。もうすぐ撮影再開だぞ」

 

大和の問いかけに下を向いたまま何も喋らないるる。

そんなるるに「あとでゆっくり聞くから…」と大和は言いますが「…ダメ」というるる。

 

「今じゃないと ダメなの」

 

真剣な顔をしている、るるですが大和からは表情は見えません。

 

ですが何かを感じ取っている様子の大和です。

 

その瞬間、るるが大和の方へと振り向きました。

 

「さっき 渚って子に会ったよ」

 

「は!?」

 

明らかに大和の表情が変わります。

そんな大和の事は気にせずにるるは話しを続けました「バカ正直な人だったわ 羨ましいくらい」

 

突然渚の話題を出されて大和はタジタジ。

首元を触りながら「何だよ こんな時に」なんて照れた様子です。

 

そんな大和を見てるるは複雑な気持ちになります。

そして大和が渚の事を好きだという事を確信しました。

 

「大和が… 大和が…

尾道で見つけた… 大切なものって

渚のこと?……」

 

ハッとした表情になる大和。

目を見開いて今まで照れていた顔から真剣な表情に変わります。

 

そして渚の笑った顔が浮かんで来ました。

 

「好きなの?」

 

るるは真剣な顔で大和を見ます。

嘘なんて絶対につけない顔。

 

大和は口元に手を当て、そしてまた首元を触りながら一回下を向きます。

そして決心したように顔をあげ、渚の事を考えているのかとても切ない、でも優しい顔で一言。

 

「うん」

 

はっきりと答えた大和にるるは何も言えません。

 

後ろに一歩下がり、「そっか」と何もなかったように撮影現場へと歩き出します。

 

 

少し様子のおかしいるるに監督は「いけるか?」と声をかけます。

それに「はい、よろしくお願いします」というるる。

 

何か違和感を感じつつ撮影はスタートします。

 

「おかしいよね どこ探しても もう 二度と会えないなんてさあ」

 

悲しい気持ちのままるるは演技を続けます。

そのシーンは今のるるの気持ちを代弁しているようなシーンでした。

 

自然と涙が出て来ます。

大和の事を考えれば考えるほど。

 

『胸がきしむ

痛い

痛いなぁ

もう

届かないんだね』

 

「頭の中には 今も いるのにっ どうして!」

 

撮影のセリフが悲しくて、大和のそばにもういられない事が悲しくてるるの瞳からは涙がたくさん溢れます。

 

「どうしてぇ〜〜〜〜〜〜〜」

 

辛くて、大和が好きなのに大和には尾道に大切な人がいて、どうしようもないるるは演技をする事で自分の気持ちを昇華させようとします。

 

その演技は迫真に迫っていてスタッフも監督もびっくりしています。

 

『バイバイ

バイバイ 私の大好きだった

大和』

 

その時、監督の声が聞こえました。OKが出ました。

るるの演技に大和もびっくり。

「一瞬演技忘れるところだったわ」とからかいます。

 

「よかった」

 

そしてるるは言います。

これからもっと色々吸収して力をつける事。

 

だからぼーっとしてたら置いていくからね!って。

そして、物語の中で重要なセリフをるるは言います。

 

それは大和が芸能界に復帰するという事は、東京でないと仕事ができないという事。

このまま尾道にいられないのではないかという事。

 

「これから どうするつもりなの…?」

 

 

新学期。

高校2年生に進級した渚は大和と同じ2−2になります。

 

でも、映画の撮影で忙しい大和は四月中旬になっても学校に出て来ません。

 

クラスメイトからは「このまま東京に戻ったりするんじゃない」なんて声も上がっています。

なんだか自分がひとりぼっちになった気がする渚。

 

その日の夜に渚の携帯がなります。

相手は大和。

 

久しぶりの大和の声に渚は嬉しさを隠せません。

でも、少しだけ大和が元気のない事に気づきます。

 

「大丈夫?切ろうか?」

 

「ううん 話してよ。渚の声、落ち着く

渚は? 俺の声聞くと恋しくなっちゃう〜〜〜〜?」

 

なんてふざける大和に慌てる渚。

そして少しの間やりとりをします。

 

「明日で撮影全部終わるんだ」

「そうなの?!うわ!!お疲れ様」

 

気が早いと言われる渚。

そして大和は言います。

「明日、放課後 空いてる?

会いたい

渚に会いたい」

空色レモンと迷い猫 27話の感想

今回は大和とるるちゃんがメインの回でした。

るるちゃんにとって大和はとても大切な仕事仲間で友達で大切な人です。

 

でも、小さな頃から知っているからこそ、今回の大和変化を一番よくしっているのもるるちゃんです。

 

その変化をもたらしのが渚だと悟る彼女は大和を諦める決心をします。

撮影の中でるるちゃんの気持ちがシンクロしたシーンがとても印象的な回でした。

 

そして、大和は渚に会って一体何を告げるのか?二人は東京と尾道に離れ離れになってしまうのか?なんだか一波乱起きそうな展開の次号です。

空色レモンと迷い猫 5巻・28話のネタバレと感想!最新話でやっと2人の恋が!

スポンサーリンク