スキップ・ビート!272話/45巻のネタバレ!最新話トラおじ様

花とゆめ第16号(7/20発売)に掲載されたスキップ・ビート!272話のネタバレと感想です。

なんだかもう、いろんなことが起こりまくり!!

なのに、キョーコちゃんと敦賀さんとの間の修復はいっこも行われないままもう2カ月がたとうとしております…(泣)。

芸能界、いろんなことが同時進行で起こり過ぎる(泣)。

続きはネタバレです、ご注意を!

スポンサーリンク

スキップ・ビート!前回までのあらすじ

スキップ・ビート!第271話/44巻のネタバレ!最新話はスキャンダルの後

前回は、事務所で鉢合わせた敦賀さんからキョーコちゃんがダッシュで逃げたところに、カーニバル社長が現れて敦賀さんに事実を突きつけてくれましたね。

 

ちょっとスカッとしたのは読者だけでしょうか。

ラストで、モー子さんが「アメリカの仕事を獲るために頼みたいことがある」ということで、事務所主任さんとモー子さんに呼び出されたキョーコちゃんでした。

スポンサーリンク

スキップ・ビート!第272話のネタバレ

今回は事務所での打ち合わせシーンからスタートです。

どうやら、英語が話せるキョーコちゃんに「日常会話を英語にして生活」するための相手になってほしい、ということがお願いだったようです。

 

「『大親友』のわたくしがその大役を命じられた という訳ですね!!」

と意気込むキョーコちゃん。

言語って、ほんとに使ってみないと身につかないものですもんねぇ。

 

キョーコちゃんも新しいお仕事が決まったばかりで大変なのは分かってるけど、と主任さん。

しかし、キョーコちゃんにも懸念がひとつ。

「私の英語 いわゆる商業用で固いらしいんですよね 日本語で言うと敬語で あちらの方達が壁を感じて打ちとけにくい事になるかも…」

 

しかし、事務所とモー子さんはその方がいい、と考えているようです。

噂では内定しているらしいあっちの主演男優が日本贔屓で どうやら日本女性=ヤマトナデシコ=奥ゆかしいとドリーム発言をしていたらしく、お堅いくらいがちょうどいいのではないか、というのが事務所とモー子さんの戦略らしいですね。

komaru

…なんでなんですかねー、外国の人って、ほんとに日本女性にドリーム抱きすぎですよねー。

私もザ・日本人って顔をしているからか、外国の人にはすごくウケがいいのです。

そしてえげつないナンパされた時に「地獄へどうぞ」的なことを言ったら「オーマイガー」って言われましたもん。
ヤマトナデシコはみんな優しいと思ってた!とか言われて、キレそうになったのをよく覚えています。

さておき、モー子さんの容姿も相まって、ヤマトナデシコ感を炸裂させるにはそういうお堅い英語を身につけておいた方がいいということになったその場。

 

〝大和撫子…速攻ボロが出そうなんだけど…″

と思いながら、モー子さんが言います。

「…あの人…もしかして今でも日本にはサムライが居るとか思ってませんよね…」

 

その言葉に、キョーコちゃんはあることに気付きます。

「モ…琴南さんも知ってるの?その噂で主役内定の俳優さん」

どうやら、芸能一家にお生まれの俳優さんで、祖父にあたる人がとんでもなく大物芸能プロモーターらしいです。

日本にもそういう芸能一家いますけど、あっちではさらにすごそう…。

勝利者の父

話を聞いてもピンときてないキョーコちゃんに、モー子さんが言います。

「アンタ会ってるわよ ミスターデュリスよ」

 

そう言われても、まだピンとこないキョーコちゃん。

「どちら様もセンキュウパーティー改めグレイトフルパーティーでマリアちゃんに招待されていた『トラおじ様』よ」

 

目を見開くキョーコちゃんの脳裏によみがえるのは、かのパーティーでパンパカパーンとなってるトラおじ様。

むちゃくちゃな人でしたが、キョーコちゃんにとっては好ましいおじ様だったようです。

 

〝確かに!!少しお話させてもらった時『プロモーター』って言ってたけど…!!そんなスゴイ人だったなんて!!社長のご友人である以上やっぱりっただのおちゃめでノリの良いただのおじ様な訳なかった!!!“

 

キョーコちゃんからそんな評価を受けているトラおじ様は、〝勝利者の父″と呼ばれるほどの腕前をお持ちらしいですね。

…なんか、オモシロイだけの人じゃないんだね、社長もトラおじ様も…ショービズ界わからない…(遠い目)。

 

主演内定の彼は、名前をセドリック・D・ベネットというのだと聞いたキョーコちゃんの脳裏によみがえったのは、いまわしい事件。

自分に薬を盛って、陥れようとした森住さんの今の想い人だということを思い出して、一気にテンションダウンするキョーコちゃん。

 

「――――どうかした?」

打ち合わせが終わって、モー子さんが心配して声をかけてくれます。

「何か考え込んでるみたいだし それにセドリックの名前聞いてから ずっと変な顔してる」

こう指摘された時の、キョーコちゃんのムンクっぷりがなんとも言えない(笑)。

 

セドリックが嫌いだったかと聞かれるも、嫌いも何も正直よくわかんない、と思うキョーコちゃん。

それよりも、セドリックをめぐる事情、森住さんの想い人であるということにフクザツな気持ちを抱いていることを告白するキョーコちゃんですが、モー子さんは意味が分からない、というように指摘します。

 

「…森住ナントカは敦賀さんの想い人ってのは勘違いだったんでしょ?なんでアンタが凹むのよ(怒)」

「…だから…っそこが複雑なんだってばあ…っ」と髪の毛やら産毛やらを逆立てるキョーコちゃん。

…ていうか、モー子さん、森住さんのこと、名前すらも覚えちゃいないというところが大変気持ち良いですな(苦笑)。

 

キョーコちゃんは、もう複雑な気持ちをどう表現していいのかも分からないまま、自分の敦賀さんに関するネガティブな気持ちを言葉にしそうになり、ハッとしてあたりをうかがいます。

「誰も居ないわよ」とモー子さんは言いますが、キョーコちゃんの代わりにその気持ちをバババーッとぶちまけてあげます(苦笑)。

 

「なによ嘘つき!!」から始まる怒涛のキョーコちゃんの気持ちを代弁するセリフの嵐は、もうお見事(苦笑)。

さすがモー子さん(笑)。

勢いがもうハンパない(苦笑)。

そして上品な言葉ながらもものすごくえげつないことを言っている(苦笑)。

 

「ぎやめてぇぇえ!!!いやあああああ 気をそらしてあえてあやふやにぼかしておいた醜い気持ちを的確に形にしないでぇぇええ!!!」

たまらず両耳をふさぎながら吠えるキョーコちゃん(苦笑)。

 

「…別に いいんじゃないの?あんたが非難がましい気持ちになったからって自己嫌悪する必要ないでしょ」とモー子さんに言われますが、キョーコちゃんの気持ちはそれに頷くことを許しません。

 

「ちがうの…ダメなの…わたし…わたしは…っ」

カバンを握りしめ、唇をかみしめてモー子さんを見上げる表情の切なさと言ったらもう、なんとも切ない…!(泣)

nico

キョーコちゃんは、ほんとに自分に厳しいところがあるなぁ、としみじみする読者。

いいのに、若いんだから色々ぶちまけて失敗したら(←失敗する前提で言うな的)。

逃げるキョーコ

キョーコちゃんのその表情を見たモー子さんも、感じるところがあったようですが、彼女は敦賀さんがそばに来ていることに気付きます。

その視線を追って、その存在に気付くキョーコちゃん。

 

「最上さん ちょっといいかな 話があるんだけど」

そう言って、敦賀さんがキリッとした表情で歩み寄ろうとした時です。

 

キョーコちゃんの中で妄想が大暴走(苦笑)。

この妄想が、なんていうか「え、そうなる?」という感じなのですが、妄想にとりつかれたキョーコちゃんの表情がもう、すごくおかしい(笑)。

 

「ダメです!!!全然ダメですっ 私今!!!とても忙しいので!!!一分一秒争う深刻な用がありますので 失礼します――――!!!モー子さん私先に帰る ごめんね――――!!!」

そう言って、もはや見えないくらいのスピードで立ち去るキョーコちゃんが、もう笑っちゃいけないけどすげーおかしい(苦笑)。

そして、これを見守る社さんの表情が私にはツボでした(笑)。

 

キョーコちゃんが風でも起こしているのではないかと思うような、社さんが勢いに押されている様子がもうすごくおかしい…!

 

「最上さん!!ちょっと待…」

キョーコちゃんが風を起こしながらダッシュで去った後を追いかけようとする敦賀さん。

しかし…。

 

ガァンッという大きな音とともに、その行く手を阻むものがありました。

思わず立ち止まる敦賀さん。

その行く手を阻んだものは一体――――?

というところで、今回はおしまいです。

花とゆめ最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

okoru

ネタバレだけでなく漫画で今すぐ読みたいけど、試し読みはページが少なくてイヤだ!

nico

漫画を読みたいけど、少しでもお得にできないかな。。

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなか丸々単行本1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『無料お試し登録とそこで貰えるお試しポイントを賢く使って、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

「VOD(ビデオオンデマンド)サービス)」では動画配信だけでなく電子書籍も取り扱っているので、初回限定のお試し期間にもらえる無料ポイントを使い、好きな漫画や週刊誌・月刊誌が読めてしまいます♪

 

なかでも【U-NEXT】に新規登録をすると、

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画を買って読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える

とお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

 

 

本当に無料なの?…とご心配いりません^^

  • 登録日より31日間は無料
  • お試し期間中の解約しても解約金はない
  • Webで簡単に解約できる

と安心してU-NEXTを試してみることが可能なんです!

 

 

もしも無料登録期間が過ぎると、月額制のサービスなので月額料金がかかります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(1200円分)
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 最新レンタル作品が続々入荷配信

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

またうちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録でき、さらにお得な割引クーポンを逃さないで☆

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

スキップ・ビート!第272話の感想

今回は、モー子さんのアメリカで獲りたいお仕事にキョーコちゃんが貢献できるかも、という期待もあったり、一方で思い出したくない人のことを思い出させられたり、そして自分が目をそむけていたかった醜い気持ちを図らずも親友の口から聞くことになってしまったりと、キョーコちゃんにとっては大忙しの回でしたねぇ。

 

キョーコちゃん、ハゲないかしら(汗)。

 

自分の醜い気持ちとかって、人に言われるとダメージでかいですよね(苦笑)。

キョーコちゃんの、自分への潔癖ぷりって大変そうだなぁほんと。

 

読者もそういう年頃がありましたけど、人間色々あって綺麗なだけではいられないのよねって思ったあたりでもうすげー楽になりましたけど、キョーコちゃんはこれが持ち味っていうところもあるしなぁ。

ううむ、モー子さんみたいな人がそばにいてくれてほんとによかったなぁ。

 

読者としては、キョーコちゃんの妄想大暴走が見れたのはちょっと嬉しかったです(苦笑)。

キョーコちゃんのああいう時の暴走っぷりってほんとおもしろいですよねー。勢いがスゴイ。

 

さて、次回はいよいよ敦賀さんがキョーコちゃんに直接気持ちを伝えたりするのでしょうか?

その前にひとつ、敦賀さんには関門があるんですもんね(苦笑)。

ちゃんと越えられるかしら…どきどき。

 

そんな気になり過ぎる展開のスキップ・ビート!、なんてこったい次号はお休みです(泣)。

続きのスキップ・ビート!273話は、8/20発売の花とゆめ第18号です。

ううう、耐えよう…(泣)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク