俺様ティーチャー 161話/28巻のネタバレ!最新話では三人が襲われる!?

花とゆめ13号(2019年6月5日発売)に連載の「俺様ティーチャー 161話」を読んだのでネタバレ・感想をご紹介します。

161話は、俺様ティーチャー第28巻に収録予定ですよ。

最新話では早坂と夏男が襲われてしまいます。

二人を襲ってのは、真木でした。

 

そして助けに来た由井。

由井もまた襲われてしまいますが、最後は覆面男が助けに来てくれました。

今回は体育館に敵がたくさんいる中、早坂と夏男が対決する話です。

これから先はネタバレになりますので、ご注意ください。

俺様ティーチャー 前回(第160話)のあらすじ~招待不明の敵

夏男は体育館で、数の多い敵に囲まれました。

その敵を目の前に、由井は大量の武器・忍者グッツを出します。

そして殴打しました。

そこへ慌てて駆け付けた早坂。

みんなで力を合わせるしかありませんでした。

俺様ティーチャー 第161話のネタバレ!~真木の狙い

なぜ、体育館にだけ敵がこんなにいるのだろうという疑問が沸き起こります。

敵の人数はなかなか減りません。

さっきから何となく感じる違和感。

敵はなぜか時間を気にしています。

 

しかも体育館の扉が、少しだけ開いていました。

早坂はドアをきちんと閉めてないことに、爪の甘さを感じドアへ近づいて行きます。

しかし、なんか変な感じがしました。

このドアから入ったはずですが、ちょっと狭いような気がします。

 

誰かに覗かれているような気配を感じ、ドアから顔を出しました。

するとそこには真木が立っています。

 

早坂は慌ててケンカしてるわけではないと説明しました。

にっこり笑う真木、この連中の雇い主はなんと真木なんです。

真木は早坂に近づき、みぞおちへ一発拳を入れました。

 

ずり落ちる早坂に向けて、言葉を投げつける真木。

真木「これだから不良は嫌いだよ でもしょうがないね 君は五条鷹臣の生徒だから」

 

夏男は早坂の異変を何となく感じました。

おかしいなと思い、周りを見回すと、ドアの向こうから誰かが歩いてくる姿を捉えます。

 

真木に驚く夏男、真木の狙いが鷹臣であることを悟りました。

そう思った瞬間、夏男は殴られ倒されます。

それでも容赦なくふみ潰そうとしてくる真木。

 

夏男は逃げようと必死でしたが、バランスを崩して倒れます。

そこで夏男が目にしたものは、気を失い横たわる早坂の姿。

その後すぐに棒で頭を殴られ、気を失いました。

 

真木は早坂のポケットから携帯を取り出し、鷹臣の番号があることを確認し、その場を後にします。

しばらくして、目を覚ました夏男。

狙われている鷹臣をここに近づけてはいけないと判断します。

誰かに連絡をしようとしましたが、携帯がポケットに入っていませんでした。。

 

麗人は妹を連れて、校内を歩いています。

旧校舎の前で妹が立ち止まり、中に入ろうとしました。

この旧校舎、麗人が黒崎とケンカをした思い出の場所なのです。

 

ドアが開いていたため、中を覗く麗人。

人が何人か倒れていました。

関わりたくない一心で外へ出ます。

 

演劇が中止になってしまい、お化け屋敷に行こうとしたその時。

麗人の横を誰かが猛ダッシュして行きます。

何事かと振り返る麗人でした。

 

体育館には由井が飛び込んで来ます。

敵を何人も倒す由井の前に、真木が姿を現わしました。

真木の姿に驚く由井、真木の誘導で奥の方を見ます。

 

由井は早坂と夏男が横たわる姿を捉えました。

動揺する由井の背中に乗る真木、友情にむかっ腹を立てています。

そして、由井を動けないように押さえつけました。

 

真木「助けを呼びたい?誰かに掛けてもいいよ」

そう言って早坂の携帯を目の前に差し出します。

 

由井「先生は・・・鷹臣くんを呼び出したいのでは・・・?」

なぜ、真木は自分で呼び出さないのか疑問に思う由井。

 

真木自身、真木の指示で呼び出しても全く意味がありません。

真木と同じ思いをさせたい、真木みたいに巻き込まれる状況を作りたかったのです。

 

友達を助けるために、真木は由井に電話を掛けさせようとしますが・・・

由井は一旦携帯を手に取り、放り投げました。

 

そして鋭利な物を携帯目掛けて、壊します。

真木はその光景に、怒りを露わにして、バカだと思いましたが、きっと早坂も夏男も同じことをしていたと思いました。

 

真木は鋭利な物を手に取り、由井を目掛けて振り下ろそうとします。

その時、真木の手を誰かが蹴り、鋭利な物が吹っ飛びました。

そこに現れたのは、覆面を被った男でした。

花とゆめ最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

okoru

ネタバレだけでなく漫画で今すぐ読みたいけど、試し読みはページが少なくてイヤだ!

nico

漫画を読みたいけど、少しでもお得にできないかな。。

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなか丸々単行本1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『無料お試し登録とそこで貰えるお試しポイントを賢く使って、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

「VOD(ビデオオンデマンド)サービス)」では動画配信だけでなく電子書籍も取り扱っているので、初回限定のお試し期間にもらえる無料ポイントを使い、好きな漫画や週刊誌・月刊誌が読めてしまいます♪

 

なかでも【U-NEXT】に新規登録をすると、

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画を買って読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える

とお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

 

 

本当に無料なの?…とご心配いりません^^

  • 登録日より31日間は無料
  • お試し期間中の解約しても解約金はない
  • Webで簡単に解約できる

と安心してU-NEXTを試してみることが可能なんです!

 

 

もしも無料登録期間が過ぎると、月額制のサービスなので月額料金がかかります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(1200円分)
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 最新レンタル作品が続々入荷配信

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

またうちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録でき、さらにお得な割引クーポンを逃さないで☆

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

俺様ティーチャー 第161話の感想

真木の狙い、鷹臣を自分と同じ思いをさせること。

復讐ですね。

 

そんなことを考える人に友情なんて通用しないのは当たり前です。

真木は友情にかなりイラついていました。

でも三人は自分を危険にさらしてまでも、鷹臣を守ろうとしています。

危機一発で助けが来て良かったですね。

 

このままどうなるのか、ドキドキしてしまいました。

次号もまた楽しみです。

俺様ティーチャー 第162話の予想

覆面の男の正体、鷹臣!?

真木と決着を着けて、無事に文化祭は終了して欲しいです。

この一件で三人と鷹臣の気持ちももっと強くなるんじゃないでしょうか。

次回の俺様ティーチャー第162話は、7月5日発売の花とゆめ15号に続きます!

スポンサーリンク