窮鼠の契り4話/1巻ネタバレ! 最新話は戒李と出かけるのがバレて?

窮鼠の契り第4話(Sho-Comi9号/2020年4月3日発売に掲載)を読んだのでネタバレ・あらすじと感想をご紹介します☆

最新話では、戒李と出かけるのを阻止された彩葉。

そして、まさかの女中の格好をされてしまい…。

 

ここから先は「窮鼠の契り」第4話のネタバレを含みます。

続きにご注意ください!

スポンサーリンク

窮鼠の契り前回までのあらすじ

↓ ↓最新話まで更新中♪↓ ↓

>>《窮鼠の契り》ネタバレ一覧<<

彩葉のいる世界では、カースト制度が存在する獣の国でした。

彩葉は、1番下の種族に属するネズミ族です。

 

囚われて危ないところを位の高い獣狐族の八雲に救われました。

八雲が務める宿へ連れてこられ、しかも花嫁になってしまいました。

 

大切な薬を取られて困っていた彩葉はコックの戒李に出会いました。

戒李が森に薬の材料があるかもと言われ、約束をしましたが…。

 

最新刊でも半額♪

お得に漫画を読むならこちら ↓↓↓↓↓↓

ebookjapanイーブックジャパン 月額料金 必要無し!
さらに初回50%オフクーポンで実質半額☆
U-NEXT 31日間無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる♪
コミックほぼ1冊無料☆

>>>ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

スポンサーリンク

窮鼠の契り4話のネタバレ~八雲と彩葉

お世話係の鳥の尾行をまいて、遅れながらも戒李との約束場所にたどり着いた彩葉。

戒李はそんな彩葉の姿を見て、夜の森は冷えるからと自分が着ていた上着を彩葉にかけてあげました。

 

彩葉は狐牢館に味方はいないと思っていたけど、戒李は親切で頼ってもいい人なんだなと思い出された手を握ろうとします。

次の瞬間後ろへグイッと引き寄せられました。

 

引き寄せた主は八雲でした。

薬材を取りに行くと言えずに迷っていると、戒李が助けてくれました。

 

戒李は彩葉が部屋にこもっていないで宿の仕事をしたいと言っていたので連れて行こうとしたと言いました。

それを聞いて八雲はいい心がけだけど、変な虫がついても困るしと戒李に言い彩葉を連れて帰りました。

 

連れてこられた場所は彩葉の部屋ではなく八雲の部屋でした。

ジタバタ騒ぐ彩葉に1人にするとすぐ動き回るからと言われました。

 

すると、彩葉は着ていた上着を脱がされヤバイと思い目を閉じます。

ですが予想と違う感覚がしたので目を開けると、八雲にスリスリされていました。

 

何すんだと叫ぶとマーキングと言われ、他の男について行くなと言い部屋を去って行きました。

体からは八雲の匂いがしてるなぁっと思いながらも、いい匂いなのがシャクだなと思います。

そして、絶対八雲のモノにならないと誓うのです。

 

朝、八雲の用意した服は女中が着ていたメイド服でした。

八雲はせっかくのメイド服だし奉仕してもらおうかと言ってきました。

 

その言葉を聞いた彩葉はビクッと。

その反応が見たかったのか手は一瞬で離れ、これから仕事だと言いました。

 

そして監視と言う理由で彩葉も付いていく事になりました。

八雲は戒李の言葉を信じており、宿の手伝いをしたいと思われていました。

 

実際は薬材を手に入れたかっただけなのに。

八雲に連れ回され、彩葉は八雲が肩書きのオーナーではなくちゃんと仕事をしていたんだなと思いました。

 

それを八雲に言うと惚れ直した?と言われる始末。

彩葉は庭にいる兎族の姉妹を見つけました。

 

彩葉はいてもたってもいられず、お掃除道具を持って助けに行きました。

彩葉は汚れ仕事をカースト下位に押し付けるとかなんだよと怒ります。

 

そんな彩葉に兎族の姉妹は予想外の言葉を発しました。

奴隷だった自分達を引き取ってくれた恩人だし、嫌な思いをしないようにと取り計らってくれたんだと。

 

彩葉はその言葉を聞いて心当たりがありました。

お客様優先な事はあるけど、鼠って理由の差別はなく、しかも現に花嫁扱いなわけなので。

 

なにも八雲の事を知らないんだと想っていると、八雲がやってきてやっぱり捕まえられました。

すると、そこへ誰かが…。

窮鼠の契り4話を読んだ感想

彩葉を見ていると面白くて飽きないなと思いました。

戒李が事情を察して薬材探しと言わず宿の手伝いをしたいと言っていた所は優しいなと思いました。

 

けど、八雲が悪い虫が付いたら困ると戒李に向かって言ったので何かあるのかなと思いました。

八雲のお客様への気遣いがすごくて驚きました。

 

カーストで判断しないからこそ兎族の姉妹に恩人と言われるのかなと思いました。

彩葉が八雲の事を知っていき、それでも八雲のモノにならないと言い切っているのか、今後の展開が楽しみです。

 

そして、最後に出てきた人との関係もたのしみです。

窮鼠の契り5話の予想

八雲の余りにも鋭い視線、態度に彩葉は珍しく黙り込んでしまいました。

八雲は適当に言葉を返し彩葉を連れて館へ戻りました。

 

その時こちらをじっと怪しい目で見つめているなんて事も知らずに。

その日は八雲の仕事に付き合って彩葉はヘトヘトになりました。

 

ぐったりしていると、抱き枕になってと言われベットに一緒に寝る事になってしまい!?

次回「窮鼠の契り」第5話は、2020年4月20日発売のSho-Comi10号に掲載されますよ。

窮鼠の契り5話/1巻ネタバレと感想! 最新話は彩葉と八雲の怒り

スポンサーリンク