深夜のダメ恋図鑑File.43ネタバレと感想!あの時ってさぁ…シュールだよね

プチコミックで大人気連載中の「深夜のダメ恋図鑑」通称ダメ恋のネタバレと感想です!

 

今回の1月号は、古賀円さんの場合です。

ショートストーリーなのに、こんなに情報量多くてすごいなぁ。

と毎回感心させられるダメ恋!

続きはネタバレになります、ご注意ください!

深夜のダメ恋図鑑のあらすじ

深夜のダメ恋図鑑File.42のネタバレと感想!プチコミック12月号

深夜のダメ恋図鑑のネタバレ

今回は3人のうち唯一の処女、円さんからのお話。

 

「処女の戯言だと思って聞いてちょうだい…!」

1ページ目から笑えてしまうwww

力強いヒトコマも笑えてしまいます。

 

まぁ、恋人同士になると、やることもやるわけなのです。

円さんの関心事はその「最中」のこと。

 

円さんの妄想によると、最初は緊張している女性を男性が優しくリードします。

「俺がそんな緊張吹き飛ばしてやるから…」

と言いながら二人の興奮は頂点に達しますが…

 

そんな「最中」に男性は大事なことをしますよね?

そう、避妊するためのゴムを装着するということ。

 

その装着完了した時のコマ!!!(爆笑)

nico

読者、大笑い。

円さんの話は続きます。

 

「お待たせ」と言われて男性が振り向けば、やることは再開されるんですよね。

それについて、円さんが「シュールすぎない…?」と言うのです。

 

そのコマの全員の表情!

これが笑わずにおれようかという表情です(笑)。

 

だからって、円さんもそれは大事なことだと分かっているし、装着しないでやろうとしたら「ふざけんじゃねェ」ってド突いてしまう。

ですが、それにしたって画がシュールすぎるということにこだわってしまっていると言うのです。

 

そこから怒涛の勢いで始まる避妊についての方法やら、こうだったらどうよという案が色々と話されます。

読者、いちいち大笑いです。

 

中でもおもしろいのは佐和子さんのツッコミの鋭さです!

ついに

「男はみんなスキンつけた状態で産まれてくればいいのにっ…!」

と叫ぶ円さん。

 

それに対し佐和子さん

「え 包●でいいの?」

とツッコミ。

 

思わず円さん

「ちげーよ」

と叫びます。

 

どうでもいい話ですが、女性が体に埋め込むタイプの避妊具を握りしめて産まれてきた子が世界のどこかにいるんですよね。

 

そんなスゲーやり方でも避妊できないのに、ゴム1枚で避妊できるというのはこれいかに、とちょっとゴムの避妊率の高さに驚いたりしました。

科学の進歩ですネ!

 

さて、そんな二人のやりとりがエスカレートしていくのを、ほわわんと見ていた千代さん。

「好きな人なら別にそんなの気になんないよ~」

と言います。

 

そこで、すかさず

「ホントだな?」

と円さん。

 

そこから怒涛の円さんのたとえ話が始まり、それにもきちんと応対する千代さん。

このやりとりのうちに、じわじわと千代さんにも円さんの戯言が浸食してゆくのです…!

 

この日のやりとり、

結局、円さんがなぜ急にそんなことを気にしているのかを二人に聞かれます。

 

その時になったら、自分が彼氏にツッコまずにいられる自信がない…

ということを円さんが告白。

 

そして佐和子さん一言。

「彼氏できてから悩めば?」

 

「デスヨネー」www

 

そしてこれで終わりかと思いきや、

先程の円さんにじわじわと侵食されていた千代さん。

彼氏とのデート中の、しかも「最中」ではない時にそれを思い出して叫んでしまったりします。

nico

読者、これにも大笑い。

そしてラストシーンでは、千代さんのこだわりがさく裂です!

深夜のダメ恋図鑑の感想

ラストシーンを見て、私も思わず自分ちの寝室をチェックしようとしちゃいました。

怖くて一人ではできなかったので大掃除の時に夫とともにしようと思いますが(笑)。

 

それにしても、円さんのたとえ話にはほんとに大笑いです。

 

そういう表現すんの?!ウマイね!

とオバチャンは円さんの肩をバンバン叩きたくなりました。

 

中学生男子がしそうな話なのですが、彼らには決してできない文明を生きている年数の長さが繰り出すたとえの素晴らしさは必見。

 

すごく感性が豊かなんですねぇ、円さん。

いつか素敵な恋人に出会えるのだろうか…。

 

でも、何しろ「深夜のダメ恋図鑑」だからな…。

無理かな…。

深夜のダメ恋図鑑第3巻のネタバレと感想!ダメ男”諒くん”ついに振られる

スポンサーリンク