荒川秘書の恋の憂鬱1話/1巻ネタバレ!恋愛経験ゼロがゼロじゃなくなる?

荒川秘書の恋の憂鬱1話(Love Silky2020年91号7/15発売に掲載)を読んだネタバレ・あらすじと感想をまとめました♪

大人気「オットに恋しちゃダメですか?」が惜しまれる中フィナーレを迎え、藤原晶先生が早速の新連載開始です!

2人のイケメンと恋愛経験ゼロの荒川秘書に何かが起こりそうな予感…

 

ちょっとSだけど、できるイケメン社長。

明るく優しい、イケメン漫画家。

今回はイケメン漫画家が荒川秘書に急接近!

続きは「荒川秘書の恋の憂鬱」1話のネタバレを含みます。

ご注意ください。

荒川秘書の恋の憂鬱 登場キャラクター紹介

 

このサイトではネタバレを文章でご紹介していますが、藤原晶先生の絵で『荒川秘書の恋の憂鬱』を読みたい!という人には、U-NEXTのお試しで読めちゃいます☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

最新話更新中⇒⇒荒川秘書の恋の憂鬱ネタバレ一覧

八角樹(30)

総合商社 八角グループの社長。

海外で英才教育を受けたイケメン御曹司。

 

仕事に厳しく会社を業界最大手にまで成功させた天才的な商才の持ち主です。

女癖が悪いのが難点。

荒川七海(29)

八角グループの社長第一秘書。

 

恋愛経験ゼロ。

新入社員でいきなり専務秘書に抜擢されて、今では社長第一秘書になるまで成長しました。

 

たまに暇ができる夜に花林と飲みに行くのを楽しみにしています。

彼氏はいらないと言いつつも、そうはいかない状況になりそうです。

新島咲也

イケメン漫画家。

主夫願望あり。

 

花林の従兄弟で七海を紹介されて、自分は七海にとってお勧めだとアプローチをしてきます。

明るい性格で七海はそんな彼にまんざらでもない様子です。

花林

明るくさばさばした感じで七海と大の仲良し。

七海に彼氏がいないのを心配して、自分の従兄弟を紹介してくっつけようとしています。

麻美

樹の彼女。

そこそこ売れてないモデル。

 

樹のスケジュールに柔軟に対応してくれる都合の良い女の人のよう。

バラの花が好き。

荒川秘書の恋の憂鬱1話ネタバレ!ついに七海に彼氏ができる?

新入社員から秘書に抜擢!

荒川七海29歳、今に至るまで恋愛経験なし。

彼を作るなんて興味なし。

自分の時間がないほど仕事で忙しい日々を過ごしています。

 

彼女の仕事はやり手の社長秘書。

そんな彼女が秘書として働くようになったきっかけとは?

 

秘書達にすぐ手をだすという手癖の悪い息子、樹に怒り心頭だった社長の父と理事長の母。

地味な風貌だけど、優秀な経歴の七海をその秘書役に抜擢。

 

新入社員なのにいきなり?と断るどころか、私は恋なんかしません!特に専務(樹)とはあり得ないと言いきり、あっさりと秘書役を承諾したのでした。

七海、どS社長から認められた⁈

樹の仕事への厳しさに七海は散々コキ使われながらも、樹は会社を成長させ業界最大手の社長になり、七海も洗練された社長第一秘書になりました。

 

ある時、七海は樹の口から七海の努力を認めているような発言を聞くのでした。

 

まさか自分がちゃんと評価されていたなんて…

いつも怒られてばかりいた七海はそれが嬉しくて、さらに頑張ろう!と励みになるのでした。

彼氏いない歴29年に終止符か⁈

友達の花林から漫画家の従兄弟を紹介すると言われ、やっぱりいらないと断るも押しに押され会うことにした七海。

 

ある日、秘書の雑用で外出中にイケメンに助けられ、さすがの七海も心が躍ります。

思わずニヤついていた七海は、樹に喝を入れられるも、仕事が終わると嬉しそうに出ていくのでした。

そんな七海を見て、樹はなんか気に障るよう。

 

その夜、花林と飲んでいるとそこに従兄弟が登場。

なんと、その彼は助けてくれたイケメン青年だったのです。

 

七海は動揺を隠せません。

そんな状態なのに、花林はそれでは2人で仲良く呑んでねと帰ってしまいます。

 

七海も慌てて帰ろうとするも、イケメン青年・咲也は、七海に試しに付き合ってみようと提案してきます。

 

えぇ??と戸惑う七海に、さらにぐいぐいと自分を売り込む咲也に引き込まれるように、とりあえず連絡先を交換することに。

 

そこをたまたま樹の車が通りかかり、七海が見知らぬ男性といるのを見てハッと目が一瞬止まるのでした。

その夜、樹は・・・。

Love Silky最新号やコミック最新刊を無料で読む方法

okoru

漫画を読みたいけど、金欠なんだよ!少しでもお得に読みたいなぁ

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなかコミックまるまる1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『U-NEXT無料お試し登録と貰えるポイントで、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

【U-NEXT】をおすすめする理由が

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600pt(600円分)が貰え、好きな漫画を読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 無料期間内に解約しても料金は発生しない

 

とU-NEXTの初回登録では600ptをすぐに貰え、これだけお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

ぜひ無料トライアル期間が開催されている間にお試しください☆

 

 

ただ無料登録期間が過ぎると、月額料金制のサービスになります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(翌月繰り越し可能)
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 映画や漫画をDLしてスマホやタブレットで持ち運びができる
  • 最新作品が続々配信されるのでレンタルショップに行く必要がなし(アダルト作品もあり〼)

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

うちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

登録後すぐに600ptをもらえ、31日間無料で見放題ビデオや80誌以上の雑誌が読み放題で使えます♪

 

また期間中であれば違約金もかからず解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

登録方法&解約方法は↑で解説しております。

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

 

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

 

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録&お得な割引クーポン付与!解約の必要はありません。

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

荒川秘書の恋の憂鬱1話の感想と2話の予想

イケメンで有能な社長、ちょっとどSだけど、そこがまた魅力的だったりしませんか?

そして、全く正反対のイケメン漫画家、咲也の登場。

 

2つの違ったタイプということで、好みが分かれると思います。

これから先、この2人の性格がさらに明らかになっていくでしょう。

 

恋愛経験ゼロの七海に自分を合わせて、おおいにこの2人のイケメンに心を揺らしましょう。

キュンキュン要素もこれからたくさん満載なのは間違いなしです。

 

次回は咲也がさらに七海に接近してきそうですね。

どうする、七海?!

恋愛経験がないだけに、すべてが初めてだらけ。

 

そんな様子を樹はどう感じていくのでしょうか。

これからの展開に目が離せません。

荒川秘書の恋の憂鬱ネタバレ2話/1巻最新話はそばにいるから気づくこと