恥ずかしいので、また今夜 第4話のネタバレと感想!姉系プチコミック1月号

深海 魚先生の連載作品、「恥ずかしいので、また今夜」の第4話のネタバレと感想です。

見逃してしまって事情がよく分かっていない私でも十分に楽しめる、深海先生らしい笑いのちりばめられた秀逸作品。

ここからはネタバレです、ご注意を!

恥ずかしいので、また今夜 第4話のネタバレ

主人公宇田川咲子さん。

12年もの間、過去の失恋から恋愛を遠ざけてきて、現在「1位 お金 2位 仕事」を厳守しているのですが、そこへもってきての結婚詐欺だったのでもう大パニック。

 

「会社の人にだけは絶対に知られたくない」

と同僚の紺野くんの前で大泣き。

 

紺野くんが

「しばらくしてからそれらしい理由でっちあげて 婚約解消したことにしたらよくね?」

と言ってくれて、以降傷心の咲子さんをさりげなくフォローしたりしてくれていて、そのタイミングが超絶妙。

 

前回は、結婚詐欺に引っ掛かりそうになったのを周囲にばれずに、なんとか結婚が破談になったという流れに持っていけるよう、色々作戦を練る咲子さんと紺野くんがリハビリデートにお出かけ。

 

その帰り道で紺野くんに気になる発言をされた咲子さんは…?というところで終わっています。

 

そして前回ラストの発言に、もう咲子さんのドキドキは止まりません。目がギンギン(笑)。

眠れないのに疲れないんですって(笑)。過覚醒(笑)。

 

でも会社ではそんなことはひた隠し、きゅんきゅんする自分を通常の「ばっさりモード」に保つのに大苦労。

 

〝今こそ優先順位に立ちかえらなきゃ!! 1位 お金! 2位 仕事!3位などない!!!″

という咲子さんの極端すぎる優先順位がおもしろすぎる…。

 

 

ある日の会社での後輩社員の見積もりにも、ばっさりコストカッターぶりを発揮した咲子さん。

 

後輩が泣き付いたのは紺野くんで、彼はコストカットもできて他の業者さんとの関係も円滑にできるとツテを当たってみるので、見積もりを少し待ってくれるよう咲子さんにお願いしてくれます。

「なんでも頼み方ひとつで味方増やせるから」という紺野くんの発言に、彼の人柄と仕事の仕方が現れています。

 

〝いかにも紺野くんらしいやり方″と思いつつ、その場では「どうぞお好きに!」とそっけない態度をとる咲子さんですが、今回の事案と似た施工をしてもらったことがある業者さんがいることに気が付き、交渉に出かけてみます。

 

すると、「宇田川さんの頼みならご期待に添います」と言ってくれて、良い結果が得られて後輩もクライアントさんも大喜びしてくれました。

 

そんなことがいくつも続いて、上司も大喜び。

「ずいぶん人当たりがやわらかくなったって評判だよ!」とホックホクの笑顔で褒めてくれます。

 

咲子さんの〝なんなのこの情熱のループは!!″というドキドキしているこのコマがおもしろすぎます!!

 

まぁそうなるとみんな咲子さんに手伝ってほしくなるわけで、他の社員さんからもヘルプを頼まれます。

 

が、そこに紺野くんが「これ以上はダメっすよ!宇田川はオレのC社の案件で忙しいんで!」と助け舟を出してくれます。

絶妙!

 

そんなある日、残業飲み会NGだった咲子さんが残業しているのを見た同僚たちが、「結婚式の準備大丈夫なの?」と声をかけてくれます。

 

実はすっかりその件を忘れていた咲子さん。

苦し紛れに「そこは全然…」とだけ答えますが、同僚たちは「仕事にも理解ある旦那さんなんて素敵すぎ!」などとはやし立て、〝辛さがごまかせない!!″と泣いているのを悟られまいとする咲子さんが面白すぎる…!

 

そしてそんな咲子さんの元に、現場からスーツを真っ白にして紺野くんが帰ってきます。

ここでちょっとした出来事があって、それがもうおもしろすぎるのですがここを明かしてしまうとアレなので(←ドレだ)、ここはぜひ作品を読んで頂きたい…!!

 

ここでのやりとりで、紺野くんの心が動くものを知りたいと思い始める咲子さんが超かわいいのです…!!

 

そして、咲子さんの鉄の優先順位も大崩れ、何倍も馬力が出てしまった結果、大きな企画のサブリーダーに抜擢されてしまいます。

 

リーダーは紺野くん。

 

しかし、紺野くんは「マネジメント能力は宇田川が上です」と自分がサブになると提案し、上司も「二人で話し合って決めて」とのこと。

 

困惑する咲子さんが紺野くんのところに行こうとすると、紺野くんはすでに女子社員に囲まれていました。

 

婚約中なんだからもっと配慮してあげろ、とか色々な理由でリーダーは紺野くんがやるべきだという内容。

紺野くんは、「なんにせよ、決めるのは宇田川だから」と言い捨てて退社。

 

その様子を見ていた咲子さんは、紺野くんが描いていたシナリオは〝咲子さんが仕事か結婚かを自分で選んだように見せられるようにする″ことだったのだと悟ります。

恥ずかしいので、また今夜

読者はもうこれ、どーすんの?!と思いながら「行くんだ咲子!今こそ結婚は仕事が忙しすぎて破談になっちゃったと言うんだ!」と拳を握りますが、咲子さんがみんなに話したのは…?

というところで今回は終わり。

 

もー、深海先生のラブコメってどうしてこんなにおもしろいんだろう!!(思わず叫ぶ)

 

2月までが長すぎる…!!(泣)

スポンサーリンク