黒豹と16歳!第42話のネタバレと感想!たいがは黒鉄と杏璃どちらを選ぶ?

なかよし(2019年2月号)に掲載の「黒豹と16歳!第42話」を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

杏璃がアメリカへ発つと聞いてウエディングドレス姿で駆け出したたいが。

しかしもう日本を出てしまった後でした。

たいがは、このまま黒鉄と結婚してしまうのか?

続きはネタバレになります、ご注意ください!

黒豹と16歳!前回までのあらすじ

伊勢谷家の問題を解決し、たいがのもとを去った杏璃。

杏璃が去って、その存在の大きさに改めて気づくたいが。

しかし、たいがは今まで後回しになっていた黒鉄との結婚式のドレスの試着をすることになっていました。

 

ウエディングドレスを着れるのか、と聞かれますが無事着ることができました。

そこへ京極から杏璃がこれからアメリカに旅立つという連絡が入ります。

とっさにたいがは、ドレス姿のまま走り出ししてしまいました。

黒豹と16歳!第42話のネタバレ

ドレス姿のまま電車に乗り込むたいが。

そのまま空港へと駆けつけると、杏璃はもう旅立った後でした。

 

プライベートジェットだったので、出発時間を早めて飛び立ったのです。

 

一方、突然たいががいなくなった式場は大騒ぎになっています。

部屋には鞄と靴が残されていました。

 

その日の夜、雪の降る中たいがは黒鉄を呼び出します。

大切な日にひどいことをしてしまった、ごめんなさい!

と何度も何度も謝りますが、黒鉄はただ悲しそうな目をしています。

 

 

たいがはそんな黒鉄の手をつかみ、その手で自分の頬を何度も力いっぱい打ちます。

 

「まだ何もいってねぇだろが、勝手なマネすんな」

 

「もう二度とそんなのしないって決めたのに、わたし、黒鉄を傷つけたのよ!! 大好きなのに!!」

 

一気にまくしたてるたいが。自分で打った頬が真っ赤になっています。

 

「こんな責め方すんじゃねぇよ」

 

黒鉄はたいがにキスします。

 

鞄もくつも着替えも何もかも残して去ったたいがの様子から、頭の中が真っ白になってとっさに体が動いてしまったことがわかっていました。

 

そんなことは誰にだってあることだから、理屈じゃないから、あやまるな、と。

 

黒鉄にそう言われると、大粒の涙を流すたいが。

 

再びキスするたいがと黒鉄。

たいがは自分のことを全身で「好きだ」と言っていることを感じていました。

 

家に帰ると、たいがは杏璃のアドレスを消しました。

 

次の日、たいがは生徒会室へ行くと三年生は誰もいなくてブタのぞれちゃんと2人でひなたぼっこを。

そこへ黒鉄がやってきます。

 

校門の外では、瀬那と樹人がバイクで待っていました。

 

杏璃のもとへ行ってこい、と黒鉄。

たいがが気持ちを押し込めていることがよく分かっています。

 

杏璃のもとへいってしまったら戻ってこないわよ、

と言い放つたいが。

 

黒鉄は行ってこい、と送り出します。

 

瀬那と樹人にバイクに乗せられ、たいがは空港へと向かいました。

黒豹と16歳! 第42話の感想

黒鉄、いい奴すぎます・・・

そしてすごくたいがを愛してますね。

 

だから、たいがもその気持ちに応えてあげたいと思ってる。

でも杏璃が好き。

その気持ちが変わることはないんです。

 

杏璃がいなくなってさらに杏璃の存在の大きさに気が付いたんですね。

たいがと杏璃が再びニューヨークで出会って、どうなるんでしょうか・・・

あっさりハッピーエンドになるのか?

それともまた何かが起こるのか?!

スポンサーリンク