かぐや姫のかくしごと第4話のネタバレ!最新話は意地でも離れない!

花とゆめ2019年6号(2/20発売)の「かぐや姫のかくしごと」最新第4話を読んだのでネタバレと感想をまとめました。

4話は、かぐや姫のかくしごと第1巻に収録される予定です。

山賊に捕まったかぐやとツバキ。

脱出を図るなか、お互いの存在に心は動き・・!

 

蓬莱の玉の木もついにお目見え!噂の真偽はいかに?

そして最後に美味しいとこだけもっていったのはやっぱりあの人でした!

続きはネタバレになります、ご注意ください。

かぐや姫のかくしごと 前回までのあらすじ

かぐや姫のかくしごと 第3話のネタバレ!最新話はかぐや様のヤキモチ?

京で噂の美姫「かぐや姫」の正体が、実は天上の世界からきた「男」だと知ってしまったツバキは、かぐやのそばで奴隷のような扱いを受けつつも、かぐやの目的のため協力していた。

かぐやの探しモノ「呪いをを解くための5つの宝」のうちの1つ、蓬莱の玉の木の噂を確かめにやってきたかぐや達一行だったが、宝探しの最中かぐやとツバキは山の中で山賊に見つかり捕まってしまった!

かぐや姫のかくしごと 第4話のネタバレ!宝探しはどこまでも

宝探しの最中、山賊に捕まってしまったかぐやとツバキ。

牢屋越しにココから出せと、少女漫画のヒロインにそぐわないホラー感満載の顔でメンチをきるツバキ(笑)

 

まったく聞く耳もたない門番に、今度はかぐや様がおねだり技で迫ります。

気分がほんの少し優れないの・・という古典的お色気技で鮮やかに山賊の仲間を瞬殺!

 

美人って得やなぁ。

 

気絶させた門番を見下ろしながら、男の扮装に戻ったかぐやが騙されるほうが悪いと悪人面よろしく笑って、二人は脱出成功!

 

山賊のアジトの中を、黄金の木を探して進むことにした2人。

おそらく帝も同じ場所めざして向かっているはずだとかぐやは告げる。

なんだかんだ言いつつも帝に寄せる信頼関係の強さに、かぐやが帝と過ごしてきた年月の長さを垣間見たツバキは、心の中でふと思った。

 

—私は、あとどれくらいこの人の側に居られるんだろうー

 

しかし、そんな悠長な考え事もつかの間。

足場の見えない暗闇の道の中、山賊に追われる焦りから2人は崖から転落してしまう!

落ちたら最後死ぬだけだと山賊たちが噂する谷底には、幸か不幸か雨水が溜まっていた。

 

大きな水溜まりのおかけで辛うじて一命をとりとめるも、ツバキはかぐやの姿が見えないことに急に不安を覚える。

動揺するツバキの腕を掴み、恐怖から引き戻してくれたのは、ツバキを追って崖を飛び降り追いかけて来てくれたかぐやだった。

 

女の子が一人どうにか通れそうな穴からツバキを先に逃すと、一人になったかぐやの心に死の恐怖が影をおとす。

弱気なかぐやの気持ちを壊したのは、頭上で岩の割れる大きな音!

 

それは石壁の向こう側から手を血豆だらけにして、ツバキが必死にかぐやの抜ける穴を掘り進める音だった。

 

捕まってからずっと平気だったのは、かぐやもツバキも同じ。

お互いがそばにいたからだったのだ。

 

ツバキが開けた大穴から、ふたりそろって通り抜けた先には黄金に輝く本物の蓬莱の玉の木が!

同じく、その場所に集まってきた山賊たちにぐるりと囲まれ、ピンチのかぐやたちだったが、満を持してそこで待ち構えていたのは・・・

 

「正義の味方だ!!」

 

満面の笑顔で現れたのは、帝様(笑)

臣下のみなさんに山賊の回収を任せて、美味しいとこ取りの彼でした。

 

そしてかぐやが木に手を触れ祈ると、蓬莱の玉の木は消え、天上の月に還っていった。

宝ものが全部集まれば、かぐやとはお別れ。

その光景は、ツバキの小さな痛みを強くします。

 

京に戻ったかぐやは、宝を見つけた嬉しさから浮かれて飲み過ぎたお酒で撃沈。

酔っ払って横になったかぐやに、ツバキはこの調子で残りの宝もみつけて、早く月に帰らないとねと話しかけるが、頭の中には真逆の問いがこだまする。

 

—いつかくる別れの日 私はこの人を笑って送れるだろうかー

 

しかし、かぐやから返ってきた言葉はー

「宝を全てみつけるまでだと、お前もばーさんになってるかもな。お前がいれば毎日楽しそうだし」

 

俺は悪くないと思うけどー、と楽しそうに笑うかぐやの顔を見て、悩んでいるのがバカみたいだと月夜の下、ツバキはひとり決意する。

 

—月に帰るその時まで 意地でも離れてあげない。—

今はただかぐやの隣にいよう、と意思を固めたツバキなのでした。

ひとまず終わりです。

花とゆめ最新号やコミック最新刊をお得に読む方法

okoru

ネタバレだけでなく漫画で今すぐ読みたいけど、試し読みはページが少なくてイヤだ!

nico

漫画を読みたいけど、少しでもお得にできないかな。。

wanko zen

いくらタダで読みたいからといって、違法サイトで見るのはウイルス感染や個人情報の漏洩など危険!!

またネット上ではダウンロードができてしまう、そんなサイトもありますがそもそも著作権侵害の違法行為です!!漫画を読みたいだけで犯罪を犯してしまうなんて…家族も悲しみます!!

 

でも、なかなか丸々単行本1巻分を無料で読めることって出来ないですよね。

 

そこでかなり超絶ドケチな管理人がおススメ&実践している方法は、

『無料お試し登録とそこで貰えるお試しポイントを賢く使って、好きなマンガを実質無料で読む方法♪』なんです!

 

「VOD(ビデオオンデマンド)サービス)」では動画配信だけでなく電子書籍も取り扱っているので、初回限定のお試し期間にもらえる無料ポイントを使い、好きな漫画や週刊誌・月刊誌が読めてしまいます♪

 

なかでも【U-NEXT】に新規登録をすると、

  • 無料で31日間も使用ができ、約20万本の動画が見放題
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画を買って読める
  • 雑誌約80誌以上の最新号が読み放題
  • 4つのアカウント共有で家族や友人と同時に使える

とお得なサービスを無料で利用できてしまうのです!

 

 

本当に無料なの?…とご心配いりません^^

  • 登録日より31日間は無料
  • お試し期間中の解約しても解約金はない
  • Webで簡単に解約できる

と安心してU-NEXTを試してみることが可能なんです!

 

 

もしも無料登録期間が過ぎると、月額制のサービスなので月額料金がかかります。

しかしそれでも

  • 毎月1200ポイントが加算(1200円分)
  • 読み放題の雑誌は常に最新号
  • 最新レンタル作品が続々入荷配信

と、よく最新映画のビデオをレンタルしたり、購読雑誌があり毎月購入することを考えたら、めちゃくちゃお得な価格なんですよね!

 

またうちではアカウント4つを兄弟と家族(友人同志でもOK)で使っているので、1家族あたりワンコインで利用しちゃってます♪

 

漫画だけでなく、映画・アニメ・ドラマそして雑誌まで楽しめる「U-NEXT」

この機会にチェックしてみてくださいね☆

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

 

okoru

でも解約し忘れそうだから、月額制ってなんかヤダなぁ…

naki

動画を見る時間はないからお得に安く漫画を買いたい!

wanko joy

というあなたには「イーブックジャパン」がおススメ!

月額料金ナシで登録も無料なのに、初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンがもらえコミックを半額で購入できるんです!

このクーポンは最大500円分の割引が可能なので、1000円分の単行本が半額で買えてしまうなんて嬉しいですよね。

 

しかも他にもお得な割引クーポンや毎日のようにセール作品があるので、じっくりコミックを集めたい人には超お得な電子書籍サイトなんです♪

 

管理人も長く利用していますが、この前は500円クーポンの配布があり

このようにコミック1冊(459円)と漫画誌1冊(400円)を購入しましたが、支払い金額は1冊分以下☆

wanko joy

金額指定もなかったので、実質1冊はタダで漫画が買えちゃいました♪

 

▼初回Yahoo!IDログインで50%オフクーポンをゲット!▼

※Yahoo!IDで無料登録でき、さらにお得な割引クーポンを逃さないで☆

もしPayPayユーザーやソフトバンクユーザーだったらebookjapanを使わないと損ですよ!

⇒⇒ebookjapan(イーブックジャパン)の還元率がスゴすぎる理由!

かぐや姫のかくしごと 第4話の感想

宝物1つ目をもっての第1部の終了!

やっぱり帝さまが良いとこ持って行きました〜笑。

 

かぐやもツバキもそれぞれ1人だとできないことも、相手のためだと平気で頑張れる関係性がいいですね。

はじめから、いつかは離れ離れになると分かっている人に惹かれていくのがなんとも切ない・・・

 

けど、ツバキはひとまず先のことよりは今に目を向けたみたい。

かぐやのプロポーズまがいのセリフはどこまで本気なんでしょうか〜

かぐや姫のかくしごと 第5話の予想

しばらく間があいての再開ということで、しばらく俺様かぐや様に会えないのは残念です。。

GW後の花とゆめで、残り4つの宝探しの始まりを待つことにしましょう!

 

2つめの宝探しは何から始まるのかしら??

楽しみです。

次回のかぐや姫のかくしごと第5話は、5/20(月)発売の花とゆめ12号です。

スポンサーリンク