デザート7月号に掲載の「ヒロインはじめました。」第6話(2巻収録予定)のネタバレと感想をまとめてみました!

先日1巻が発売された天倉ふゆ先生の『ヒロインはじめました。』の第6話目。

初回を読み逃してしまった読者ですが、2話目からはずっと注目していて、そしてコミックスがバカ売れしていることを知りまして、ここはやはり語りたい…!と思った6話目です。

ネタバレを含みます。続きにご注意ください!

スポンサーリンク

ヒロインはじめました。前回までのあらすじ

どんなお話かと言いますと、小さい頃から格闘技三昧な生活を送ってきたために霊長類最強女子並みに強い小高峯周子ちゃんと、モテすぎて誤解されまくりなイケメン男子芹沢正樹くんの恋なのか友情なのか分からないけれど、何かが育ってゆきそうな予感しかしないお話です(←ざっくりすぎる)。

 

どうやら読者が読み逃した初回に周子ちゃんが芹沢くんを助けて、そこからボディガードを引き受けることになったみたいです。

2話目から読み始めたところの推測ですけど(苦笑)。

 

チャラいとか女癖が悪いとか、いろんな噂のある芹沢くんですが、ボディガードをする中で知る彼は、そういう噂とは遠い存在のように思えてきた周子ちゃん。

 

ボディガードをする代わりに、周子ちゃんの願っていること(今まで放棄してきた女子としてのあれこれ)を叶えることを約束してくれた芹沢くんとデートもどきをしてみたり、芹沢くんの従兄弟のお兄ちゃんからの評価を向上させるべく、一緒に課題に取り組んだりするうちに、周子ちゃんは芹沢くんを護衛対象としてではなく、男子として意識し始めてしまいました。

 

この、男子として意識するまでの周子ちゃんも相当かわいいのですが、意識してからの周子ちゃんも激カワです!

オバチャン読者の大好物である要素が満載のこの作品、どうぞあなたもはまって下さい!

(←まず1巻を買って読めよと自分にツッコむ読者)

ヒロインはじめました。6話のネタバレ

冒頭は、周子ちゃんが柔道部の先輩に練習試合に出てくれと拝み倒されているシーン。

しかも、今日ある練習試合に助っ人として部員ではない人に頼んでしまう先輩(苦笑)。

もっと早く思い立って!!

 

困っている先輩に対して、今日の今日助っ人に入るというのは…と思う周子ちゃん。

困っていると、そこへにゅっと芹沢くんが登場しました。

「ごめんね先輩 今日 俺が先に小高峯さんのこと予約してたんだ」

 

笑顔でそんなこと言われたら、体育会系女子の先輩は真っ赤になってあっさり引き下がってゆきました…。罪な男…。

 

「こら!周ちゃんをからかうの止めてよね~」

親友の周子ちゃんを守るべく、和音ちゃんが芹沢くんに釘をさします。

 

「え?いや…小高峯さんが断りづらそうだったからさ」

なんのことはない様子で答える芹沢くんですが、周子ちゃんには事件状態。

真っ赤になって、みんなで並んで廊下を歩く時にもなんだか遠い!(苦笑)

 

nico

和音ちゃんと芹沢くんはわりといい感じの距離感ができているんですねぇ。
よいことよいこと。

 

芹沢くんに遠くない?と指摘されると、周子ちゃんは「私、ちょっとトイレに寄って行こうかな」とごまかしてその場を去ります。

前回、生徒会のお手伝いを一緒にした時にぐんと近づいた感じのする芹沢くんに、どんな顔して接したらいいのかが分からないんですって(苦笑)。

 

…なんてかわいいのか!(←思わず叫ぶ読者)

 

小走りにその場を去る周子ちゃんに、芹沢くんは「次の体育一緒だね」と笑顔で声をかけてきます。

 

別のクラスでも体育は一緒って、この頃の少女まんがで多いけど、そんなもんだったっけ?(←遠すぎる過去を思い出せない読者)
でも、いいですよねぇ、好きな人とか合同になったら超見ますよね。

 

周子ちゃんも、なんだか芹沢くんの動向が気になって仕方ないものの、偶然女子に絡まれ中の彼を助けてもどう接していいのか分からないから異常に他人行儀(爆笑)。

 

不器用!かわいい!!(←撫でまわしたい衝動に駆られる読者)

 

と、どうやって接したらいいのか考えすぎてぼんやりしている周子ちゃんに、芹沢くんの蹴ったボールがなんてこったい顔面にヒット。

 

男子全員真っ青。

特に芹沢くんはもう、顔面蒼白です(苦笑)。

 

しかし、周子ちゃんはさすが霊長類最強女子。

ボールが顔に当たったくらいでは全然へこたれないのです(苦笑)。

 

顔を洗ってくる、と和音ちゃんに言い残して、水飲み場へと急ぎます。

〝こんな調子じゃ和音ちゃんにも心配されちゃう もういっそ滝に打たれたい!!″と思いながら顔を洗っていると、芹沢くんが駆けつけました。

 

そして、タオルを忘れてびっしょびしょになっている周子ちゃんの顔を、あろうことかジャージの袖で拭きよりましたよー!!!(悶絶)

 

〝素でこんなことさらっとやっちゃうのって…罪だよ芹沢君!!″

周子ちゃんの心の叫びは、ほんとにそうですよね。

でもだからキミにボディガードを頼むほどに困っているのではないか(周子ちゃんの肩をポンとたたきたい気分になる読者)。

 

そこへ和音ちゃんがやってきて、助けが来たというように周子ちゃんはその場から再び去ります。

…あからさまー!!(笑)

 

「周ちゃん 元気そうでよかった~」

和音ちゃんはそう言いますが、芹沢くんは違和感を口にします。

「俺…もしかして避けられてる?」

love

そう言った芹沢くんに対する和音ちゃんの反応が、ものすごくいいのです…!
ニヨニヨって表現されているのですが、本当にニヨニヨって感じ(苦笑)。

 

「何か知ってるなら教えてほしいんだけど!」と迫る芹沢くんですが、和音ちゃんはニヨニヨし続けるだけ。

「周ちゃんいじめたら許さないからね」

そんな言葉を残して、ニヨニヨ去る和音ちゃん、いいキャラだ…!!

 

残された芹沢くんは、冷や汗をダラダラかきながら呟きます。

「…やっぱり 俺が何かした?」

 

この子のこういうところ、ほんといいですよね。

普通の男子って、こういうことあったら勝手にキレたりしません?アレ?私の周りの男子がクソだったってことでしょうか?(←言い方)

 

芹沢くんは悶々と考えます。

その様子を心配した同じクラスの女子が、「思いにふけってるマサキの顔も良き!!」とか思ってるのもお構いなし。

 

と、女子たちの会話に、気になる言葉が出てきて、我に返る芹沢くん。

 

彼女たちが話していたのは、芹沢くんが〝「師匠」に弟子入りしてから男度上がった″というもの。

この「師匠」、実は周子ちゃんのことでした(爆笑)。

 

どうやら読者が見逃した1話で、怖い先輩から救出して以降よく一緒にいる2人を、周りは「師弟関係」だと思っていたのです!

 

…なぜ「恋人関係」になったとか思わないのか 女子たち!!

イヤ、なってないけど!!

 

どこまでも「師匠」として認識されている様子の周子ちゃん。

これを聞いて、芹沢くんは〝小高峯さんが急によそよそしくなった原因って この師匠呼び!?″と思い至って真っ青に(苦笑)。

 

放課後、気まずいことになっている自分の態度に深く反省しつつ、どうしたらいいのか分からずとぼとぼ歩く周子ちゃん。

 

そこへ、芹沢くんが「師匠」呼ばわりについて誤解を解こうと声をかけてきますが、なんてこったい周子ちゃんは全力ダッシュで逃げてしまいます。

この追跡劇を、周りの男子が眺めているシーンがあるのですが、このシーンが読者は個人的にすごく好きです。

 

評価が変わるきっかけって、こういうギャップにあるんだよなぁ、とほくほく。

周子ちゃんの方が圧倒的に足が速いので、芹沢くんに追いつけるわけはなく。

芹沢くん、なんと足をひねったようなお芝居を…。姑息や…!!!

 

でもねー、この心配して寄っていく周子ちゃんの性格をよく知っている策略がまたツボですよ。

そして、周子ちゃんが近寄ってきた時の彼の表情にはもう、眼福…!と思いました。

 

彼を助け起こそうとした周子ちゃんの手を握って、「捕まえた」と言う芹沢くん。

久々にちゃんと目を合わせることができて、周子ちゃんはドキドキしています。

読者もドキドキしちゃうぜ…!(←キャラを完全に見失う)

 

そして、師匠呼びのことを謝る芹沢くんと、何のことやら、の周子ちゃんの温度差がまたおもしろい(苦笑)。

 

芹沢くんが、自分の態度に何を感じるのか全然考えていなかったことを悟った周子ちゃんは、素直に自分の気持ちを言うのですが、このシーンの一連のセリフがとっても素敵。

〝誤解させちゃダメだし 誤解してほしくない″

そんな強い気持ちで、まっすぐに気持ちを伝えられる周子ちゃんって、とっても素敵だなぁ。

 

「俺だって小高峯さんといると 俺まで無敵になっみたいですげー楽しいよ 俺が無意識に被ってたもの壊してくれて ほんと…っ」

まっすぐな気持ちを伝えてくれた周子ちゃんに、芹沢くんも泣きそうな表情で一生懸命に伝えます。

 

この表情がまた素敵!

そして、芹沢くんはほっとしたように言います。

「よかった 小高峯さんのこと傷付けてなくて」

 

naki

ほんとに、この子はこれまでどんなに誤解されて生きてきたんでしょうねぇもう(←いい子いい子したくて仕方ないオバチャン読者)。

 

周子ちゃんは、そんな彼の気持ちを思いながら、きっぱりと言います。

「私…強いから 傷付かないよ 傷付かないし ちゃんと側にいて芹沢君を 守るよ」

 

その後誤解も解けて、一緒に帰ろうと周子ちゃんに誘われた芹沢くんは嬉しそう(笑)。

そしてラストシーンは、そんな一緒に帰る2人を目撃している一人の男子高校生のシーンで今回はおしまい。

スポンサーリンク

デザートの最新号・コミック最新刊を無料で読む方法

wanko joy

ネタバレ内容はいかがでしたか?

okoru

あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!!

ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。

 

そんな人におススメなのが「U-NEXT」!!

U-NEXTの無料トライアルを使えば、デザート最新号やデザートコミックの最新刊が無料で読めることが出来るのです☆

 

U-NEXTの無料トライアルは、

  1. 31日間無料で試せる
  2. 600円分のポイントプレゼント
  3. 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる
  4. 70誌以上の雑誌が読み放題

と無料で試せるのにこんなにお得なんです!!

 

無料トライアル登録後に600ポイントはすぐにもらえるため、マンガでも動画でも好きに使うことができます^^

 

そしてファッション誌やビジネス誌またグルメ誌などの雑誌も読み放題なので、漫画も雑誌も動画もと欲張りさんにはたまりませんよね。

ぜひ1度《U-NEXT》をチェックして見てください!

 

▼31日間無料体験&600Pを使って最新刊を今すぐ読む!▼

 

※無料トライアル中(登録日を含む31日間以内)に解約をすれば違約金等はかからず解約できます。

ヒロインはじめました。6話の感想

周子ちゃんの表情が、もうすっごく凛としていてきれいです。

なんか、ナウシカみたいって思っちゃったの私だけですかね?(←天下のジブリをブチ込んでみる)

と、そんな素敵な表情を見て、芹沢くんの口をついて出た言葉と、それを受けての彼の反応がまた、読者にとってはほくほくものでした。

いいねいいね、芽生えてきたんじゃないのかね!(←ダレだよ)

 

 

ラストの子、前回か前々回かで周子ちゃんの話に出てきた子じゃないかしら?

このエピソードが出た時に、いつかこの子が登場しておもしろいことにならんかのと思っていたのですが、早くもさらにおもしろい展開が期待できそうです!

 

今回は、周子ちゃんも自分の気持ちをはっきりと自覚できたし、芹沢くんも何か芽生えてくれたみたい。

次回以降で、また自覚した気持ちがどんなふうに育っていくのかがとっても楽しみです!

「ヒロインはじめました。」第7話は、デザート8月号(6/24日発売)に掲載ですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

漫画を読むためには、お金を払うのは当然ですよね。

試し読みでは物足りない!

違法ダウンロードなんて怖いし、ヤダ!でもお得に漫画を読みたいな。

 

そんなあなたにおススメな方法がこちら↓↓↓

動画配信サービスの
『無料お試し期間でもらえるポイントで好きな漫画を読む』方法!

 

さまざまなVODサイトでは、初回お試し無料登録でポイントがもらえ、このポイントを使って電子書籍を購入することができるんです!!

U-NEXT無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる。
ポイントでコミック最新刊が読めます♪
さらに見放題動画や70誌以上の雑誌が読み放題!
music.jp30日間のお試し登録時に600円分のポイントでコミックが購入可能!
さらに動画用ポイント1000円分で新作映画も楽しめます☆
FODプレミアムAmazonアカウント利用で1ヶ月無料お試し!
無料期間内で最大1300ポイント(1404円分)をゲットでコミック購入が可能♪
さらに独占見放題作品や雑誌100誌以上が読み放題です。
e-book japanまんがの取り扱いNO1!
無料漫画も多く、毎日キャンペーンや割引セールでお得に購入できます♪
さらにはじめての登録&購入で50%分のポイント還元☆

実際に無料トライアルを試してみましたが、31日間以内に解約すれば一切お金はかかりませんでしたよ☆

しかも購入した漫画はそのまま読めれるんです!

 

気になるサイトをチェックしてみてくださいね☆

本ページの情報は2019年10月時点のものです。 最新の配信状況は【U-NEXT】【music.jp】【FOD】など各サイトにてご確認ください。